kazuかず

エベレスト3Dのkazuかずのレビュー・感想・評価

エベレスト3D(2015年製作の映画)
3.7
エベレスト登頂を商業化しようとしていた1990年代、1996年に登山ツアー運営者たちとその顧客が遭難事故に遭う実話。

エベレスト頂上に着くまでは想定外にあっけなく、チームが下山するところから荒天に見舞われ遭難の危機にふんしてしまう。

エベレスト級の登山は、天候に左右されるので、アタックのタイミングが非常に限られる。パンフによると、頂上付近は時速340キロの風が吹くことも?(°_°)

イモトがイッテQの登山部でエベレストにアタックしようと頑張ってたが、簡単に登ることは出来ない死の山であることを、迫力ある映像と凍傷の恐ろしさでより思い知る事ができた。

この映画、とにかくキャストが豪華です。ジェイソン・クラーク、ジョシュ・ブローリン、ジェイク・ギレンホール、サム・ワーシントン、キーラ・ナイトレイと主演級5人が出演。

3Dを駆使した映像も見事で、エベレストに向かう吊り橋や雪山の景色はさすがに凄い。ただ明るい時、昼間のシーンだとその効果は絶大だが、夜間のシーンはやはり3D効果はイマイチ。

ラストは、実話映画によくあることだか、実際のチームと顧客の写真が映される。その最後に映った人に、映画の緊張感からフッと救われた。