kaoripeace

エベレスト3Dのkaoripeaceのレビュー・感想・評価

エベレスト3D(2015年製作の映画)
3.5
エンドロールが流れている間、ずっと心臓の音が聞こえてた。
そのくらい息がし辛い映画だった。

エベレスト登頂に集まる人々。
なぜ山に登るのか。
その問いは劇中でも投げかけられているけれど、答えは登ったものにしか絶対にわからない。
この映画は物語を観るというよりも体感するに近い。
だからエベレスト頂上の映像には鳥肌が全身に走ったし山の圧倒的な存在に言葉を失った。
それでも答えはわからない。
死ににいくようなものじゃないかと批判的な気持ちが生まれては最後の悲痛に背中を歪めた人々の姿に涙が止まらんかったです。

ベックは山に登ると癒しがあると言ってた。
もはや苦行の先にある悟りの境地なんだろう。
山との闘いでもあり、自分との闘いだものね。
この映画見終わっての感想は、同じく「苦行を終えた気分だぜ」、でした。
そして「二度と登るものか(⬅富士山すらのぼったことない)」という気持ちになりました。
山っつうのはここまで人間に、生きるものに無情かね、と思っちゃうよね。

でも美しい頂上からの眺めには感動したし、一度その感動を味わったらそれが最後、山から足を遠ざけることは出来ないのだろうなとは思った。

これはあくまで事実を伝える映画であり、物語を楽しむものではないけれど、山の頂きを味わいたい方、酸素薄くなるぐらいドキドキしたい方、ジェイク・ギレンホールの胸毛を味わいたい方、おすすめです。