G行為

エベレスト3DのG行為のレビュー・感想・評価

エベレスト3D(2015年製作の映画)
3.0
エベレストでの遭難事故の話ということで、かなりの絶望感を味わえるに違いないと期待。
実話なのでそんな楽しみ方するのは不謹慎ではありますが…。

序盤から登場人物とバックグラウンドの紹介。
それが全員死亡フラグ立ちまくりにも思えて、誰がどうなっていくのか予想しつつ、あっさりと登頂成功。
後半の下山から文字通り雲行きが怪しくなっていき一人、二人…と徐々に脱落。
まぁ結果的には意外な人物が生き残ったもんだなとw

やっぱり思うのは大半の人が感じている、なんでこんな呼吸も儘ならないような山に登りたがるのかという点でしょうかねぇ。
達成感とか名誉とかなんでしょうけど、これを観たら尚のこと理解できなくなるなぁ。
少なくとも登山の魅力を伝えるための作品ではないですよね。

とりあえず映像的には臨場感たつぷりの凄い迫力なので、これは映画館で観るべきタイプの作品だとは思う。
3D上映だけってのはどうかと思うけど。(3D効果ってミニチュアみたいに見えるときがある)

来年公開の神々の山嶺(いただき)の実写版が製作されてるみたいだけど、このエベレストのスタッフが製作してくんないかねぇ。
邦画の登山作品なんて嫌な予感しかしない…。