シネマドリンク

エベレスト3Dのシネマドリンクのレビュー・感想・評価

エベレスト3D(2015年製作の映画)
4.3
1996年に起きた大量遭難事件。ガイドのツアーで個人投資した一般の客を頂上まで連れて戻ってくるのがツアーの目的でアタックまでの数ヶ月5000mあたりなどでトレーニングをし、身体をならしていく。

そしてアタック日!
各々の思いを胸に山頂に向かう一行。

どの様な結末になるのか?

86C点 淡々と実話を基に余計な見せ場や過剰な演出がなく○

この当時650万から1000万をガイドに払って集まった仲間たち。

ガイドツアーの登頂成功者の数の競い合い。

高額な参加費と時間で引き返せない登山者など鑑賞した後調べると面白さも○

良かった点。
3Dならではの山のスケールが良かった。過剰な3D演出はないので期待はしない方が良いとおもう。

気になった点。
ヘリコプターの運転手はどんな思いであの顔だったのか?

助けたい!又はお前ら迷惑かけやがって!なのか微妙な表情が気になった。(笑)

映画館で見るならオススメ。
レンタルで、かりるなら「アイガー北壁」の方をオススメします。