ゆーたろー

エベレスト3Dのゆーたろーのレビュー・感想・評価

エベレスト3D(2015年製作の映画)
3.9
タイトルの「エベレスト3D」から、スリリングなエンターテイメント性の高い映画かと思いきや、実話を基に作られており、極限の心理状態を描いたドキュメンタリーに近いくらいリアルな映画だった。
ジョシュ・ブローリンにジェイソン・クラーク、ギレンホールにサム・ワーシントンなどの超豪華キャストとグランドホテル式映画並に入れ替わる場面から、相当大掛かりなプロジェクトなのがわかる。キャストの使い方も贅沢。
劇中何度も酸素切れになるシーンがり、観てる方も息苦しかった。
相当な緊張感から映画終了後、気づいたらジュースのストローを噛みすぎてボロボロになっていた(笑)。