こちんだ

エベレスト3Dのこちんだのレビュー・感想・評価

エベレスト3D(2015年製作の映画)
3.3
1996年に世界最高峰の山であるエベレストに登頂したadventure consultingのメンバーの体験を基に作成された映画。

映画の前半では登頂の達成感を味わうことができ、後半ではなだれ、凍傷、嵐などが組み合わされていてエベレストの恐ろしさを体験できた気持ちになれた。

全てのシーンに自分がその場にいて、危険を感じているかのような気にさせられた…

実際に主要キャストが現場に赴いて撮影したというのはスゴイ!その分、スクリーンから伝わってくる緊迫感がとてつもない。酸素不足や絶望したときの表情はより現実に近いんだろうなー。