ゆたろと

エベレスト3Dのゆたろとのレビュー・感想・評価

エベレスト3D(2015年製作の映画)
3.5
登山家の栗城史多さんが亡くなった。

ニュースを見たとき動揺して内容が頭に入ってこなかった。

登山家や世の中の人々からは賛否両論あったらしいが、自分個人としては夢を追い続けて常に前向き。指を失ってもチャレンジし続けるその姿勢は、まるで映画の主人公のようで本当に大好きだった。

エベレスト登頂チャレンジの資金やスポンサー集めも本当に大変だったと聞く。

この作品も、エベレストに魅せらせた人々の生き様を見せられる大好きな作品。
山の素晴らしさ、そして厳しさを教えてくれる。
(栗城さんの訃報の文章を見たときも、この作品のことが頭に浮かんだ。)

栗城さん、ご冥福をお祈りします。
たくさんの勇気をありがとう。