エベレスト3Dの作品情報・感想・評価

エベレスト3D2015年製作の映画)

Everest

上映日:2015年11月06日

製作国:

上映時間:121分

3.5

あらすじ

世界最高峰エベレスト登頂ツアーの参加者たちは、日本人登山家を含め数々の山を踏破してきたベテラン達だった。ついにやって来た頂上アタックの日、固定ロープの不備や参加者の体調不良などでスケジュールが狂い、下山が大幅に遅れてしまう。さらに未曾有の嵐の接近で急激に天候が悪化。人間が生存できないとされる死の領域<デス・ゾーン>で散り散りになる登山家たち。ブリザードと酸欠との過酷を極めた状況の中で試されるもの…

世界最高峰エベレスト登頂ツアーの参加者たちは、日本人登山家を含め数々の山を踏破してきたベテラン達だった。ついにやって来た頂上アタックの日、固定ロープの不備や参加者の体調不良などでスケジュールが狂い、下山が大幅に遅れてしまう。さらに未曾有の嵐の接近で急激に天候が悪化。人間が生存できないとされる死の領域<デス・ゾーン>で散り散りになる登山家たち。ブリザードと酸欠との過酷を極めた状況の中で試されるものとはー?3D映像で、かつてないスケールと角度から山を捉えた世界最高峰サバイバル・アドベンチャー映画の新時代が、いま幕を開ける!

「エベレスト3D」に投稿された感想・評価

別世界のような高さ、凍えるかのような脅威。あの環境でサバイバルなんてどだい無理なのだ。その意味では実話であるという要素を抜いてもこうした着地になるのかもしれない。観る者が単なる傍観者となるのがここまで際立つと、凄いとか面白いとか以前にやるせなさだけが残る。

世界最高峰を極めた感動も牙を剥く大自然の容赦なさも理解はできる。映像的にも凄まじい。でも正直どう受け止めてよいのか困る。人物の背景がよく見えないのでそこまで命懸けで登る理由がいまいち響いてこないんだな。むしろ淡々としてる印象。もう少し見せ方があったのでは…

それでも困難に立ち向かおうとする冒険家たちがいることは忘れないでいたいものです。
中だるみを感じさせないストーリーが良かった
george

georgeの感想・評価

4.6
かなり面白かった
魔球

魔球の感想・評価

3.0
これ観たら、そこに山があるから。って名言が名言扱いされてるのに違和感を覚えますね。

必然的に起きた人災なのに天災扱いしてる場面が多くて、いかにもハリウッドな感じがしました!
まり

まりの感想・評価

3.2
過去鑑賞
かなこ

かなこの感想・評価

4.1
実際にあったことを映画にしてて、本当にエベレストの偉大さ、憧れ、そこから引き起こる悲劇。そして感動。
この映画が見たすぎて当時、真夜中に映画見て、迫力が本当に凄かったことを覚えてます。
この前2回目見てやっぱり映画館で見るのと変わるな〜ってつくづく思いました。
Qumari

Qumariの感想・評価

3.8
「1996年のエベレスト大量遭難」を題材にしたもので、2PM以降がもういろいろと考えさせられる映画でした。映画観た後にwiki見るといいのかも。
Naoto

Naotoの感想・評価

3.9
シビアな映画、大自然に対しては人間なんてちっぽけだね…
nicole

nicoleの感想・評価

3.7
実話の遭難事故を元にしたストーリー。観光ビジネスとして、無事に登頂し下山することが第一のガイドと、世界最高峰に挑戦する数少ないチャンスを前に、危険を冒してまで登頂したいと思う客側の登山者。登頂させたい気持ちと押し迫るタイムリミットと悪天候の狭間での葛藤。なぜエベレストに登るのかという問いが途中で出るけど、死を覚悟して行くほどの理由なのか、引き返すべきなのか、押し進むべきなのか。最初のほっこりした感じからどんどん目が離せない展開に変わっていくのが面白かった。阿部寛が出てるエベレスト登頂映画も見たい。
into thin airからの。
>|