エベレスト3Dの作品情報・感想・評価

エベレスト3D2015年製作の映画)

Everest

上映日:2015年11月06日

製作国:

上映時間:121分

3.5

あらすじ

世界最高峰エベレスト登頂ツアーの参加者たちは、日本人登山家を含め数々の山を踏破してきたベテラン達だった。ついにやって来た頂上アタックの日、固定ロープの不備や参加者の体調不良などでスケジュールが狂い、下山が大幅に遅れてしまう。さらに未曾有の嵐の接近で急激に天候が悪化。人間が生存できないとされる死の領域<デス・ゾーン>で散り散りになる登山家たち。ブリザードと酸欠との過酷を極めた状況の中で試されるもの…

世界最高峰エベレスト登頂ツアーの参加者たちは、日本人登山家を含め数々の山を踏破してきたベテラン達だった。ついにやって来た頂上アタックの日、固定ロープの不備や参加者の体調不良などでスケジュールが狂い、下山が大幅に遅れてしまう。さらに未曾有の嵐の接近で急激に天候が悪化。人間が生存できないとされる死の領域<デス・ゾーン>で散り散りになる登山家たち。ブリザードと酸欠との過酷を極めた状況の中で試されるものとはー?3D映像で、かつてないスケールと角度から山を捉えた世界最高峰サバイバル・アドベンチャー映画の新時代が、いま幕を開ける!

「エベレスト3D」に投稿された感想・評価

別世界のような高さ、凍えるかのような脅威。あの環境でサバイバルなんてどだい無理なのだ。その意味では実話であるという要素を抜いてもこうした着地になるのかもしれない。観る者が単なる傍観者となるのがここまで際立つと、凄いとか面白いとか以前にやるせなさだけが残る。

世界最高峰を極めた感動も牙を剥く大自然の容赦なさも理解はできる。映像的にも凄まじい。でも正直どう受け止めてよいのか困る。人物の背景がよく見えないのでそこまで命懸けで登る理由がいまいち響いてこないんだな。むしろ淡々としてる印象。もう少し見せ方があったのでは…

それでも困難に立ち向かおうとする冒険家たちがいることは忘れないでいたいものです。
WAKASAMA

WAKASAMAの感想・評価

3.5
山の美しさが際立ってます。

実際はもっと混乱した状況だったんだろうな…と考えると恐ろしい。
エベレストのヤバさを教えてくれる映画
umeshio

umeshioの感想・評価

-
2017/10/17

怖い。怖かった。やっぱりどうにもならないこと、自然には勝てないんだとわかっているはずなのに再認識させられた。
作業しながら観てたので、観ているときは実話だなんてこと忘れて、ただただ寒そうだな〜とか思って呑気に観ていたんだけど、頂上に到着したぐらいからずっとハラハラしてた。どこで、どうやってこの喜びから転じてしまうんだろうって。

それはやっぱり段々と足を忍ばせてきていて、ボタンのかけ違いのように、最後になって間違いに気づく。ダグを説得して無理にでもおろしていれば。色んな もしも がよぎるけれど、どれが間違いで、どれが正解だったのかもわからない。
でも確実にジャンは一人になってしまったし、サラだってお父さんと会うこともないままになってしまった。
無線はつながり言葉も交わせるのに、どうにもできない、ならない状況がどれほど苦しいか。あのときに責めたりする言葉が出てもおかしくないけれど、それをせずに 愛してる を繰り返すジャンの大きさと愛の深さに余計かなしくなった。
頭の中だったり机上ではうまく計算されつくしていたのかもしれないけれど、やはり自然相手で現実では何が起こるかまったくわからないし、予期できないし太刀打ちできないんだと、人間の無力さを観せられた気がする。

ベッグに関しては、相当奥さんのピーチが尽力したんだろうなあと思った。初めての試みをする、それだけの人を動かすってすごいことだよな。
あの遭難し、今でもエベレストに眠る人たちの中に日本人がいるのがまたリアルだと思う。いや現実なんだけどね…

なんで山に登るんだろうって、わたしは登山しないので思うのだけど、やっぱりなにかやみつきになる要素があるんだろうなあ。苦しみや辛さを味わうことで生を感じたりもするんだろうし。そういうのはわかる気がする。でもやっぱりエベレストとかはもうなんか別次元だよなあ。あんな吹雪で足場も険しくて、クラクラするようなところ、細い糸の上を渡っているような、命の使い方。かならず戻ってこれるとは言い切れない危うさがあるところ。わたしはきっとできないし、何かに憑かれたように命を懸けて登る人たちにある意味呆れる反面、とても羨ましくも感じるんだから山って不思議だ。

WOWOWオンデマンド
tanaka

tanakaの感想・評価

3.8
2017-125
malco

malcoの感想・評価

3.5
映画なのに、しかも家で鑑賞してるのに足がすくむ。

どうしてそこまでして山に登るのか。

生死を分けるターニングポイントはいくつもあって、目的は達成できなくとも命は守られたはず。
断腸の思いで、そこを踏み切れるのが勇気だと思った。
古

古の感想・評価

3.0
実話の映画化。死亡フラグ立てる→フラグ回収する流れなのは事実からも明らかなので覚悟はしてたけど、どうしても「どうにか助かって欲しい」という気持ちが生まれてしまう。戦争映画を観ている時の気持ちに似てるかも。臨場感が凄くてハラハラして、とても怖かった。わたしは登山をする人の気持ちは全くわからないので、感情移入はできなかったかな。あくまで観客として、助かって欲しいと願うことしかできなかった。とりあえず、自分が死んで悲しむ人が居る人間はエベレストに登るべきじゃないね。絶対。
1996年に実際に起きた商業登山での惨事を描く。
素人は山頂まで登ることばかり考えるけど、如何に生きて下山するするかを考えるのがプロ。その辺りの意識の違いが生んだ悲劇。

ストーリー的には実話ベースなので起伏は少ない。大画面3Dで雪山を体験するのが正しいこの映画の楽しみ方かと。

2016/10/18 Blu-ray
moyu

moyuの感想・評価

4.1
すごかった…映画館で3Dで見たらもっと怖そう。ジェイクギレンホールがいつも通り最高でした。ずっとほんとに寒そうで、見た後はゆっくりお風呂入りたい
あーおもしろかった!
すごく引き込まれて、ドキドキハラハラして、全員の無事を願いながら手に汗かきながら見た!
これが実話だというから、恐ろしい。鑑賞後Wikipediaで調べたら、この映画はかなり忠実に再現しているようだった。
頂上へ到達したときの達成感や快感は計り知れないものがあるのかもしれないが、自分の大切な人には絶対に行かないで欲しいと思った。
母なる自然はいつでも優しく、容赦なく厳しい。その前では人間なんてちっぽけで、一瞬で命を落としてしまうのだ。
>|