エベレスト3Dの作品情報・感想・評価

エベレスト3D2015年製作の映画)

Everest

上映日:2015年11月06日

製作国:

上映時間:121分

3.5

あらすじ

世界最高峰エベレスト登頂ツアーの参加者たちは、日本人登山家を含め数々の山を踏破してきたベテラン達だった。ついにやって来た頂上アタックの日、固定ロープの不備や参加者の体調不良などでスケジュールが狂い、下山が大幅に遅れてしまう。さらに未曾有の嵐の接近で急激に天候が悪化。人間が生存できないとされる死の領域<デス・ゾーン>で散り散りになる登山家たち。ブリザードと酸欠との過酷を極めた状況の中で試されるもの…

世界最高峰エベレスト登頂ツアーの参加者たちは、日本人登山家を含め数々の山を踏破してきたベテラン達だった。ついにやって来た頂上アタックの日、固定ロープの不備や参加者の体調不良などでスケジュールが狂い、下山が大幅に遅れてしまう。さらに未曾有の嵐の接近で急激に天候が悪化。人間が生存できないとされる死の領域<デス・ゾーン>で散り散りになる登山家たち。ブリザードと酸欠との過酷を極めた状況の中で試されるものとはー?3D映像で、かつてないスケールと角度から山を捉えた世界最高峰サバイバル・アドベンチャー映画の新時代が、いま幕を開ける!

「エベレスト3D」に投稿された感想・評価

別世界のような高さ、凍えるかのような脅威。あの環境でサバイバルなんてどだい無理なのだ。その意味では実話であるという要素を抜いてもこうした着地になるのかもしれない。観る者が単なる傍観者となるのがここまで際立つと、凄いとか面白いとか以前にやるせなさだけが残る。

世界最高峰を極めた感動も牙を剥く大自然の容赦なさも理解はできる。映像的にも凄まじい。でも正直どう受け止めてよいのか困る。人物の背景がよく見えないのでそこまで命懸けで登る理由がいまいち響いてこないんだな。むしろ淡々としてる印象。もう少し見せ方があったのでは…

それでも困難に立ち向かおうとする冒険家たちがいることは忘れないでいたいものです。
yuzu

yuzuの感想・評価

3.5
実話。エベレスト登山の怖さ。ラストがいまいちで、えっ終わり?って感じであっけなかったのがちょっと残念。ヘリなら助けられるんじゃあといつも思っていたけれど、吹雪の中は本当に無理だなと。今後登山は絶対しない。と思ったら…あっ父親本日登山中←登山好き(汗)
ポワロ

ポワロの感想・評価

3.0
正直エベレストの過酷さが想像以上でもうSF観てる気がしてきた。

8000m越えたらそこからは居るだけで肉体が死んでいくとか言われてもちょと理解できない。そしてそこに登ろうと思う人の気持ちもやっぱり理解できなかった。

漫画「岳」を読んだことがあるけど漫画の最後がこの映画にそっくりで、今さら元ネタを知った。三歩さんがどれだけ規格外かよく分かる。

このレビューはネタバレを含みます

・1996年におきたエベレストでの日本人女性含む登山隊の遭難死亡事故がモデル
・ノンフィクションっぽく起きた事実を淡々と描くので自然に対しての無常感はあれど、フィクションのシナリオとしたらあんまり面白くはできていない
・気になったのは山に慣れてる人でも自分を過信して取り返しのつかない悲劇的な結果になる人の多いこと
・酸素の薄い高度で狭いキャンプにヘリ救出に向かうシーンがハラハラした
ルクリ

ルクリの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

何が言いたかったんだろう?予備知識なしで見て、ほかの方のようにきっときれいな映像なんだろうなと思っていたら、実際起きた事故をもとに作られていると分かり驚いた。私は東洋的な考え方なのか山や自然は恐れ多いもの、神みたいなものと思うので、顧客たちの俺たち金払ってるから登らせろというセリフに我慢ならなかった。ロブも奥さんと赤ちゃんが待っているなら本気で引き返す判断、登らない判断をしなきゃいけなかったと思う。なるようにしてあの結末になったんだと思う。山をなめんなよという教訓がこの映画で得られたのならいいのかな?
まるみ

まるみの感想・評価

4.0
IMAXで鑑賞。
登山の知識0で「映像が綺麗そう」という軽い気持ちで観に行って、
衝撃を受けた作品。

この映画見た後、しばらくエベレストの魅力に取り憑かれ、
かと言って登れないのでいろんな本を読み漁ってしまいました。

1996年実際にあった事故がモデルの映画ですが、とても中立な立場で描かれていて、事故原因については深くは触れられていません。
映画にハマった方には是非、
映画にも出てきたジョン・クラカワー氏の「空へ」も読んで頂きたい。
実話ということで。。
エベレストの景色といわゆる天然のその映像美には圧巻。あれ?CG使ってないよね?
エベレスト登頂はこんなにも過酷なんだなあ。高尾山登ったのを思い出した。山頂にいくと苦労が報われ途方もない美しさに直面する。エベレストの山頂はその世界一。映像ではその途方もない美しさがうまく描かれていなかったのが残念。そしてそこに辿り着いたものにしか体感できないのだろうということは言うまでもない。
一生巡り会わない景色をわずかでも体感できてよかった。スマホサイズだけど。。
ジェイクギレンホールの存在感!
youchan

youchanの感想・評価

3.5
壮大なロケーションを前にし、絶望的な状況下におかれた、人それぞれの内面が写し出されている。何より、実話であるという説得力が、大自然の雄大さと残酷さの理解を容易にしている。
また、随所に見られる登山家たちと現地とのギャップが、登山の娯楽性と貧富差を風刺している。
Yukenz

Yukenzの感想・評価

3.5
山とはそこにいるだけで死に連れ去られかねない場所なのに、なぜ登山する人が絶えないのか。この映画を見た自分は絶っ対に高山登山は無理。イッテQのイモトの偉業へ改めて賛辞を送りたいのと、もう身を引いた方がいいのでは、と心配になった。
たまたま鑑賞が山の日だったとは。
たんたんと進むから最初は流しながら観てたけど、嵐が来てからは観てても寒かったし苦しくなった…美しいのに恐ろしい。
>|