エベレスト3D(2015年製作の映画)

Everest

上映日:2015年11月06日

製作国:
  • アメリカ
  • イギリス
  • / 上映時間:121分
    監督
    バルタザール・コルマウクル
    脚本
    サイモン・ビューフォイ
    マーク・メドフ
    キャスト
    ジョシュ・ブローリン
    ジェイク・ギレンホール
    エミリー・ワトソン
    キーラ・ナイトレイ
    ロビン・ライト
    ジェイソン・クラーク
    サム・ワーシントン
    クライヴ・スタンデン
    エリザベス・デビッキ
    マイケル・ケリー
    ジョン・ホークス
    ヴァネッサ・カービー
    マーティン・ヘンダーソン
    トム・グッドマン=ヒル
    あらすじ
    世界最高峰エベレスト登頂ツアーの参加者たちは、日本人登山家を含め数々の山を踏破してきたベテラン達だった。ついにやって来た頂上アタックの日、固定ロープの不備や参加者の体調不良などでスケジュールが狂い、下山が大幅に遅れてしまう。さらに未曾有の嵐の接近で急激に天候が悪化。人間が生存できないとされる死の領域<デス・ゾーン>で散り散りになる登山家たち。ブリザードと酸欠との過酷を極めた状況の中で試されるものとはー?3D映像で、かつてないスケールと角度から山を捉えた世界最高峰サバイバル・アドベンチャー映画の新時代が、いま幕を開ける!

    「エベレスト3D」に投稿された感想・評価

    別世界のような高さ、凍えるかのような脅威。あの環境でサバイバルなんてどだい無理なのだ。その意味では実話であるという要素を抜いてもこうした着地になるのかもしれない。観る者が単なる傍観者となるのがここまで際立つと、凄いとか面白いとか以前にやるせなさだけが残る。

    世界最高峰を極めた感動も牙を剥く大自然の容赦なさも理解はできる。映像的にも凄まじい。でも正直どう受け止めてよいのか困る。人物の背景がよく見えないのでそこまで命懸けで登る理由がいまいち響いてこないんだな。むしろ淡々としてる印象。もう少し見せ方があったのでは…

    それでも困難に立ち向かおうとする冒険家たちがいることは忘れないでいたいものです。
    ハシゴを渡るシーンでさえ息を呑みます。
    山の天候の変化は本当に恐ろしい。
    臨場感あふれる撮影は相当過酷だったことでしょう。
    ガイドやシェルパの方々は毎回命懸けで、本当に大変な仕事だと改めて思いました。
    人生に挑戦はつきものなのかな

    しかし
    「なぜ登るのだろう」という疑問は常に登山者達に問いかけていたし、自分でも考えながら観ていた

    でも登ってみないと分からない答えな気がする
    いや、答えなんてないのかも
    (そこに山があるから的な)


    それにしても
    興奮を掻き立てるOSTと映像美には引き込まれました



    黙祷
    実話系はすきです。エベレスト、強すぎ
    エベレスト登頂描いた映画。過酷ーーー

    このレビューはネタバレを含みます

    大勢が遭難して死者が出た。という実際の事故を題材にしてるだけあり、盛り上がりのあるドラマは特に無い。
    実際に起きた事故を淡々と描いてるだけだから登場人物1人1人に感情移入するような背景とか全然語られず、ただただエベレストという自然の脅威を3Dで見せられるという作品。その分ひたすらに「山って怖い・・・」という感情が押し寄せてくる。
    エベレストで遭難って聞いて想像するようなクレバスへの落下とか雪崩に巻き込まれるとかは一切無くて、酸素が切れて動けなくなってブリザードに埋もれていく、もしくは滑落して行方知れず。そのどっちかでみんな死んでいく。山に登るときは少しの油断も許されないんだなって教訓と、絶対山になんか一生登らねえ、という決意を心に刻んだ。
    >|