ksk

シーズンズ 2万年の地球旅行のkskのレビュー・感想・評価

3.6
有楽町よみうりホール、試写会にて視聴。
ナショジオやEテレのような番組は大好きだったが、ネイチャードキュメンタリーなるものを腰据えてちゃんと観たのは初めてかもしれない。

ちょっと舐めてたけど、映画で観るってのはやっぱり違いますね。自然を音と大画面で体験するっていうのは他の映画とはまた別の価値があります。別の作品もちゃんとした環境で観ようかな。こういうのこそMX4Dとかで観たら超面白そう笑

作品自体の感想は、地球旅行の名の通り、2万年前から始まり現代まで落とし込んでいく。流れる様に次はどの動物を見ようかなーとどんどん進むのが、まるで神の視点に立ったみたいな感覚で面白かった。ちょっとしたトリップ感。火の鳥未来編におけるマサトのナメクジを見ている時を思い出す。

動物それぞれにクローズアップし、バトンタッチしていく、
猪に注目してたのに、狼に追いかけられ、喰われる、猪を食べる食事のシーンに移り、狼の上下関係解説→人間との交流、と、弱肉強食を強調する訳でもなく淡々と描く。それがまた良い。

ダメな点は綺麗な流れを意識し、それぞれに物語を与えてる分胡散臭さが出ているのがちょっと残念。馬を追い込む狼とか何回リテイクしたんだってそっちが気になってしまう位整ってる。これはドキュメンタリーでは無い。

あと試写会ってやっぱり治安が悪いな笑
オバチャン2人ぺちゃくちゃ喋るな!オッサンコンビニ駄菓子食うな!その孫はもうちょっと静かに観てくれ!前の人ボーダーのニット帽はやめてくれ!超気になる!終!