けい

オーバー・フェンスのけいのレビュー・感想・評価

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)
3.7
久々に日本映画の妙を観た、さすが山下監督。狂いとは誰にでも存在していて、その狂いに焦点を当てると、こんな映画になる。

堕ちた人間関係を少し描いた映画、とでも言うかね。これを観て、ああ分かる、と言えるのは少し中身が大人になったからかもしれない。