オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:112分
    監督
    山下敦弘
    脚本
    高田亮
    原作
    佐藤泰志
    キャスト
    オダギリジョー
    蒼井優
    松田翔太
    北村有起哉
    満島真之介
    松澤匠
    鈴木常吉
    優香
    あらすじ
    家庭をかえりみなかった男・白岩は、妻に見限られ、東京から故郷の函館に戻りつつも実家には顔を出さず、職業訓練校に通いながら失業保険で暮らしていた。訓練校とアパートの往復、2本の缶ビールとコンビニ弁当の惰性の日々。白岩は、なんの楽しみもなく、ただ働いて死ぬだけ、そう思っていた。ある日、同じ職業訓練校に通う仲間の代島にキャバクラへ連れて行かれ、そこで鳥の動きを真似る風変りな若いホステスと出会う―。名前は聡(さとし)。「名前で苦労したけど親のこと悪く言わないで、頭悪いだけだから」そんな風に話す、どこか危うさを持つ美しい聡に、白岩は急速に強く惹かれていくが…。

    「オーバー・フェンス」に投稿された感想・レビュー

    ユタ
    ユタの感想・レビュー
    2016/11/20
    4.2

    このレビューはネタバレを含みます

    大好きな作品。

    蒼井優演じる聡って、不思議ちゃんとか、エキセントリックな女とか、メンヘラのヤリマンとか(映画見る限りではボーダーっぽい)人によっていろんな見え方があると思うけど、

    自分には「こういう風にしか生きれない人」に見えて、胸が締め付けられた。
    自分をフェンスの中に閉じ込めて、ぎりぎり世の中と折り合いをつけてなんとか生きている。

    檻の中の動物を見るみたいに、「そんな目で私を見ないで」と聡は白岩に言うけれど、実は白岩もフェンスの中にいる側の人間。

    白岩も、訓練校のメンバーたちも、”そのようにしか”生きられない不器用な人たちで、そんな彼らを見つめる山下監督の眼差しはいつものように暖かく、
    人間というものが愛おしく思えた。

    特にキャバクラでの二人の求愛シーンは白眉で、不覚にも涙しそうになってしまった。

    (※ラストの内容に少し触れます)






    ラストも蒼井優のあの水筒とお弁当を持った格好を見るだけで泣きそうになった。

    何度も絶望して、諦めたフリしながら、それでも次のボールを待ってる。

    いつか、フェンスを越える日を夢見て。
    VARELSER
    VARELSERの感想・レビュー
    18分
    3.1
    んだよ!むかつくな
    ほ
    の感想・レビュー
    40分
    3.0
    クラブで踊るシーンはザ幸せしかなくて、最後は思わぬハッピーエンドだった。
    やっほ
    やっほの感想・レビュー
    58分
    3.5
    “普通”かどうかなんて…“壊した”“壊された”なんて…そんな“規準”は誰もが持ち都合良く変化させているだけなのかもしれない…。独り殻に“閉じこもり”複数で“囲い込み”傷付き傷付け…自分だけが正しいなんてそれは誤りだろう。“求愛”も“無視”や“切れ”も“普通”とは思えない。彼の号泣の“意味”も…輪っかに縛られない終わって終わらなかった安堵もあるのだろうか。“切れた”彼女の“求愛”はどう見ても普通じゃない。でもそんな狂おしい程の“問い掛け”に歩み寄ると決めた…見えない“規準”を越えて。…そんなふうに感じた。
    movie
    movieの感想・レビュー
    1時間
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    恋愛や相性ってパズルなんだなあと感じました。その相手にもう出会っているのか、これから出会うのか、はまる瞬間が来るのか来ないのか。恋愛って難しい。そして、覚悟を決めた男の人程かっこいい人はいない。
    ひめ
    ひめの感想・レビュー
    1時間
    4.0
    記録
    miyu
    miyuの感想・レビュー
    2時間
    3.7
    『そこのみて光輝く』の原作者 佐藤翔太さんの作品を山下淳弘監督がメガホンをとったもので、函館の坂道から海が見える光景が印象的。。。

    冬になったら、雪で、自転車だと無理!…みたいなフレーズがでて来て…
    この坂道が雪だと、歩くのも大変だなぁ…
    って想像したり…

    そう、これは、短い夏の光景で、厳しい冬じゃない函館の町。。。

    主人公の彼は、一見ヤサオトコに見え、いいヒトぽく見えるけど…
    自分が壊したものの重さをはかりかねていた…

    その彼が、偶然出会った彼女ゎ突拍子もない行動や、イキナリ キレたり…奇声を発したり…
    それでいて、光を纏ったような笑顔や喜びに満ちたダンス🎶
    魅力的なオンナ。。。

    この短い夏の柔らかい日差しの中で、2人は出会う。

    ヒトは時として、自分のココロの壁を潰して、乗り越えなければならない時がある。。。

    そんな気持ちになる映画でした🎬
    まきんこ
    まきんこの感想・レビュー
    4時間
    3.5
    オダギリジョーいいねー
    えーこ
    えーこの感想・レビュー
    5時間
    3.7

    このレビューはネタバレを含みます

    知らぬ間に人との間に垣根を作って生きてきて、
    ただ穏便に、日々をやり過ごす白岩。
    その垣根を乗り越えて、感情剥き出しで、
    全力でぶつかってくる聡(♀)。

    いきなり路上でダチョウの求愛ダンス(笑)
    さっきまであんなに楽しそうだったのに、
    すぐに不安げな目をする。
    自由奔放のようでいて、いろんな感情に押し潰されて、
    壊れる寸前の彼女。
    狭い籠の中で羽ばたこうと羽を広げて、
    自ら傷つけてるみたい。
    そんな彼女の危うさを蒼井優が圧倒的な存在感で見せる。

    自転車二人乗りのシーンがスゴく好き。

    彼女はガンガン彼の垣根にぶつかって、壊して、
    彼は少しずつ人と関わるようになっていく。

    「心配ないよ、俺、なくすもんなんてなんにもないから」
    オダキリジョーの愛おしそうに彼女を見つめる顔がたまらんわー
    彼女を全力で受け止めようと決意したかのように歩み寄る彼にもー涙ボロボロ。。

    たぶん白球はオーバーフェンス、
    人生の逆転ホームランだってまだありえるよって、
    そんな希望の見えるラストがいい。
    Manamy
    Manamyの感想・レビュー
    7時間
    3.9
    灰色の空、灰色の海、白い鳥、白い肌。全編を通して聞こえる不協和音は、鳥が求愛するときの声だったのか。

    登場人物が多くないせいか、息苦しさが結構しんどいです。主演の2人のヒリヒリする感じとか、大人の青春のややこしさとか。みんな違って、みんないい、でも誰かには分かって欲しい。とか。

    観終わって少し後にご飯を炊きながら、何か泣けました。良作。
    >|