オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:112分
    監督
    山下敦弘
    脚本
    高田亮
    原作
    佐藤泰志
    キャスト
    オダギリジョー
    蒼井優
    松田翔太
    北村有起哉
    満島真之介
    松澤匠
    鈴木常吉
    優香
    あらすじ
    家庭をかえりみなかった男・白岩は、妻に見限られ、東京から故郷の函館に戻りつつも実家には顔を出さず、職業訓練校に通いながら失業保険で暮らしていた。訓練校とアパートの往復、2本の缶ビールとコンビニ弁当の惰性の日々。白岩は、なんの楽しみもなく、ただ働いて死ぬだけ、そう思っていた。ある日、同じ職業訓練校に通う仲間の代島にキャバクラへ連れて行かれ、そこで鳥の動きを真似る風変りな若いホステスと出会う―。名前は聡(さとし)。「名前で苦労したけど親のこと悪く言わないで、頭悪いだけだから」そんな風に話す、どこか危うさを持つ美しい聡に、白岩は急速に強く惹かれていくが…。

    「オーバー・フェンス」に投稿された感想・評価

    このレビューはネタバレを含みます

    大好きな作品。

    蒼井優演じる聡って、不思議ちゃんとか、エキセントリックな女とか、メンヘラのヤリマンとか(映画見る限りではボーダーっぽい)人によっていろんな見え方があると思うけど、

    自分には「こういう風にしか生きれない人」に見えて、胸が締め付けられた。
    自分をフェンスの中に閉じ込めて、ぎりぎり世の中と折り合いをつけてなんとか生きている。

    檻の中の動物を見るみたいに、「そんな目で私を見ないで」と聡は白岩に言うけれど、実は白岩もフェンスの中にいる側の人間。

    白岩も、訓練校のメンバーたちも、”そのようにしか”生きられない不器用な人たちで、そんな彼らを見つめる山下監督の眼差しはいつものように暖かく、
    人間というものが愛おしく思えた。

    特にキャバクラでの二人の求愛シーンは白眉で、不覚にも涙しそうになってしまった。

    (※ラストの内容に少し触れます)






    ラストも蒼井優のあの水筒とお弁当を持った格好を見るだけで泣きそうになった。

    何度も絶望して、諦めたフリしながら、それでも次のボールを待ってる。

    いつか、フェンスを越える日を夢見て。
    話はようわからんかったけど役者も音楽も良かった。
    なんにも進んでいないようにみえて、気づいたら遠くまできていた
    観たときは、そんなに「いい映画」とは思わなかったけど、あとになって劇中の蒼井優を思い出す。。そんな映画です。
    オダギリジョーのくたびれ感も悪いようで良いんだろうな。
    正直こういうぶっ壊れた女とはどう付き合ったらいいか困惑する。出来ればあまり関わりたくない。
    でもオダギリジョー演じるあの男は、もう既にぶっ壊れた女ならぶっ壊す事もないのだろう。

    あと、この職業訓練校は刑務所みたいだなと思った。あのスパルタ先生はないでしょ。人生に失敗した人が集まるみたいな演出はどうかと…

    フェンスは堀の塀ではなく自分の中の精神的壁だったんですね。
    オダギリジョー
    色んな年齢層のいる職業訓練学校での男達同士の付き合い方や距離感の描き方が上手かった。エンドロールで一番最初に原作者の名前が出た時にすぐに腑に落ちた。登場人物ではカツマタさんとハラさんが好きだった。
    これは好きだ。それぞれ闇を抱える男女の物語。一風変わった恋愛映画でもある。主演以外のキャラも素晴らしい。ある程度人生経験がないと共感できないかもしれないけど、すごく上手に描写していると思う。エンディングも素晴らしい。スコンッ!つって。
    >|