オーバー・フェンスの作品情報・感想・評価

オーバー・フェンス2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:112分

3.7

あらすじ

家庭をかえりみなかった男・白岩は、妻に見限られ、東京から故郷の函館に戻りつつも実家には顔を出さず、職業訓練校に通いながら失業保険で暮らしていた。訓練校とアパートの往復、2本の缶ビールとコンビニ弁当の惰性の日々。白岩は、なんの楽しみもなく、ただ働いて死ぬだけ、そう思っていた。ある日、同じ職業訓練校に通う仲間の代島にキャバクラへ連れて行かれ、そこで鳥の動きを真似る風変りな若いホステスと出会う―。名前…

家庭をかえりみなかった男・白岩は、妻に見限られ、東京から故郷の函館に戻りつつも実家には顔を出さず、職業訓練校に通いながら失業保険で暮らしていた。訓練校とアパートの往復、2本の缶ビールとコンビニ弁当の惰性の日々。白岩は、なんの楽しみもなく、ただ働いて死ぬだけ、そう思っていた。ある日、同じ職業訓練校に通う仲間の代島にキャバクラへ連れて行かれ、そこで鳥の動きを真似る風変りな若いホステスと出会う―。名前は聡(さとし)。「名前で苦労したけど親のこと悪く言わないで、頭悪いだけだから」そんな風に話す、どこか危うさを持つ美しい聡に、白岩は急速に強く惹かれていくが…。

「オーバー・フェンス」に投稿された感想・評価

いろんな人がいるし、函館は良い坂がある
外見からはわからないけど、人はそれぞれ大なり小なり色々抱えながら生きている。職業訓練学校に通う年齢の違う人々の人間模様が妙にリアルだった。
ジャケットを見る限り明るい映画かと思っていたけど、結構重い。それでも最後まで集中して観れたのは、やはりオダギリジョーと蒼井優の演技力があったからだと思う。
タイトルの『オーバーフェンス』。様々なシーンに掛かっていて、希望あるラストシーンには少し救われた。
普通に生きるって?生きることって難しいんだなぁ。
mon

monの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

何故か泣いていた

オーバーフェンスなるほどな〜となる終わり方

好きな人とビールが飲みたくなった
オダギリジョーと蒼井優が良すぎる。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.7
感情なんて出してみても引っ込めてみても、バランス取るには一人じゃ辛い。

それぞれが違った苦悩を抱える孤独な男女が共に生きていこうとする姿を描き出す一作。

滑稽なふりをして自分を誤魔化すのも、すべて相手にぶつけて後悔するのも違う気がするけれどその時咄嗟に出た自分の言動って抑えきれないことがある。逆に抑え込みすぎて伝わらないこともある。ゆったりと時間の流れる人間臭い作品でした。キャストの味も堪能しやすい。
感情みたくフィルターをかけたような映像が印象的。

よく洋画を見てなんでこの邦題なんだよ…と落胆することがありますが、この作品は海を越えて国を超えたらどんなふうに受け取られるんだろうか。ふとそんなことが頭によぎった水曜日の深夜。
ちひる

ちひるの感想・評価

3.4
オダギリジョーの哀愁に惹かれすぎ
蒼井優怖すぎ
YUI

YUIの感想・評価

3.0
蒼井優すごいなー。ただみんな変わってて何を伝えたかったのかは分からんかった。
しほ

しほの感想・評価

3.1
んー(°_°)(°_°)
演技はすごかったと思うけど、
どの人にも共感ができなかった!

蒼井優の求愛ダンス?も
こんな人が現実にいたら、
全力で引いてしまうだろうなー。
って思ってる中で、そんな蒼井優に
惹かれていくオダギリジョー。
なぞすぎる、、、

特にコンビニ前の求愛ダンスと
離れでの急なスイッチのとことか!

でも「壊してしまう人」は
なんとなくわかるかも(°_°)

映画のポスター?画像?の2人乗りの
爽やかイメージはどこへ!
オーバーフェンス

このタイトルに全てが集約されていた。
>|