オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:112分
    監督
    山下敦弘
    脚本
    高田亮
    原作
    佐藤泰志
    キャスト
    オダギリジョー
    蒼井優
    松田翔太
    北村有起哉
    満島真之介
    松澤匠
    鈴木常吉
    優香
    あらすじ
    家庭をかえりみなかった男・白岩は、妻に見限られ、東京から故郷の函館に戻りつつも実家には顔を出さず、職業訓練校に通いながら失業保険で暮らしていた。訓練校とアパートの往復、2本の缶ビールとコンビニ弁当の惰性の日々。白岩は、なんの楽しみもなく、ただ働いて死ぬだけ、そう思っていた。ある日、同じ職業訓練校に通う仲間の代島にキャバクラへ連れて行かれ、そこで鳥の動きを真似る風変りな若いホステスと出会う―。名前は聡(さとし)。「名前で苦労したけど親のこと悪く言わないで、頭悪いだけだから」そんな風に話す、どこか危うさを持つ美しい聡に、白岩は急速に強く惹かれていくが…。

    「オーバー・フェンス」に投稿された感想・レビュー

    タナカノゾミ™
    タナカノゾミ™の感想・レビュー
    2017/04/09
    -
    いろんな人がいるし、函館は良い坂がある
    小田切
    小田切の感想・レビュー
    3時間
    3.9
    なんかジワジワくんなー。
    pinoco
    pinocoの感想・レビュー
    4時間
    4.0
    サトシ(蒼井優)の絶叫が凄い!
    静かに身を潜めようとする、白岩(オダギリジョー)の殻の中にズケズケと入ってくる様がよくわかる。
    白岩はそんな自分をさらけ出すことが、きっと心地よいのだろう。
    サトシの叫びは、きっと誰でもいつも心の中で叫んでること。子どもの頃は多かれ少なかれ、大人に向かって表現していたこと。いつの間にか、それが調和を見出し他人や自分を傷つけることだと理解していく。
    そのことをどう受け止めるかは、観た人がそれぞれに感じていくこと。
    私も、サトシの叫びを心地良く思ったひとりである。
    サコ
    サコの感想・レビュー
    7時間
    3.0
    その目でみられると自分がゴミみたいに思える
    私もそんな目で見られてるな
    そんな目で人のこと見てるな、
    良かゴミか、そんな世界で生きてるからくるってないのかもね、
    さーーーー
    さーーーーの感想・レビュー
    12時間
    2.8
    はちゃめちゃ
    桑田翼
    桑田翼の感想・レビュー
    19時間
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    佐藤泰志原作
    そこのみにて光り輝くと海炭市叙景の三部作の一部ということで鑑賞。

    「壊す男」白岩と「壊れた女」聡の不器用な愛のお話。
    無関心故に、知らぬ内に他人を傷付ける「壊す男」演じるオダギリジョー。
    一見真面目にも見えるが、言葉を濁してばかりで孤独と闇を感じさせる、その違和感を漂わせる演技力は圧巻。
    対して「壊れた女」演じる蒼井優は、急にヒステリックに陥る天真爛漫なヤリマンホステス。
    蒼井優も変わった役にしっかりハマってて凄かった。
    堕落した日常に垣間見える光といった感じで、作中で明らかにならないことも多々有りながらも、個人的には好きな作品。
    それぞれ出演者のキャラクターも良く出てたし、お互いを察するような絶妙な距離感の関係性は上手く演出出来てた。

    印象的なシーンは、ファックした後の聡がヒステリックになるシーン。
    雰囲気を全て台無しにするあのシーンは見てるこっちがハラハラする。

    後はギャバで一緒に手を絡めて踊るシーン。
    「大丈夫。失うものはないから。」
    そういって今までとは全く違う表情で他の客がいる前で聡と踊る白岩は、今まで何もしてこなかった白岩を見されてた分、観ていて気持ち良かった。
    ワシの求愛の話が作中に出てくるけど、それとも結び付いて非常に良かったな。

    惜しい点は殆ど白岩のストーリーだったので、
    もう少し聡の過去を掘り下げてくれたらより感情移入できたかなと思う。

    全体的に惰性を受け容れた、日常的な描写が多く共感できる点も多い作品だった。
    きっと白岩の様な生き方は"一般的"
    まぁまぁ面白かったかな。
    どちらかといえばそこのみにて光り輝くの方が好きだけどw
    あと、オダギリジョーと松田翔太カッコいい...
    tomomix
    tomomixの感想・レビュー
    1日
    3.4
    何もかもがゆったりまったり進んでいく。
    オダギリジョーはオダギリジョーらしく。
    蒼井優は蒼井優なんだなぁ。
    激しさと穏やかさがぶつかり合う。
    生きるって辛くて哀しくて。
    でも希望を持ってもいいんじゃないって思える映画。
    にしあや
    にしあやの感想・レビュー
    2日
    3.6
    最初は、蒼井優の函館弁に違和感を感じつつ、でもキレてる時の蒼井優の函館弁は完璧!

    すごい盛り上がりはないものの、最後までみてしまうのは、全員の演技力。

    生きてくって大変。
    K
    Kの感想・レビュー
    2日
    4.2
    オダギリジョー、蒼井優のアンニュイさが魅力。職業訓練校という幅広い年齢層が集まる社会の縮図のような場所でのやり取りは現実的です。様々な生き様が描かれている作品です。
    ayumi
    ayumiの感想・レビュー
    2日
    3.9
    鳥の動きを真似る風変わりなホステス=蒼井優というのでスルーしてた作品

    メンヘラ蒼井優は食傷気味、メンヘラではないけど障害抱えたドラマ「Dr.倫太郎」の彼女が素晴らしすぎてもう見たくない

    だったんだけど…山下敦弘監督、山田孝之のモキュメンタリーでしか見てないな、と久しぶりに見たくなって

    よかった

    人と人との揺れ動く距離感の描写が絶妙で手に取るように伝わってくる

    オダギリジョーが背中向けて立ち止まった時、これは…と思ったらやっぱりそうだった

    ここのところ公私ともにいろいろありすぎて…

    オダギリジョーの結婚指輪みたく、本当の気持ちなんてなかなか伝わるもんじゃないし

    低いフェンスでもいいから超えなきゃな…
    >|