オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:112分
    監督
    山下敦弘
    脚本
    高田亮
    原作
    佐藤泰志
    キャスト
    オダギリジョー
    蒼井優
    松田翔太
    北村有起哉
    満島真之介
    松澤匠
    鈴木常吉
    優香
    あらすじ
    家庭をかえりみなかった男・白岩は、妻に見限られ、東京から故郷の函館に戻りつつも実家には顔を出さず、職業訓練校に通いながら失業保険で暮らしていた。訓練校とアパートの往復、2本の缶ビールとコンビニ弁当の惰性の日々。白岩は、なんの楽しみもなく、ただ働いて死ぬだけ、そう思っていた。ある日、同じ職業訓練校に通う仲間の代島にキャバクラへ連れて行かれ、そこで鳥の動きを真似る風変りな若いホステスと出会う―。名前は聡(さとし)。「名前で苦労したけど親のこと悪く言わないで、頭悪いだけだから」そんな風に話す、どこか危うさを持つ美しい聡に、白岩は急速に強く惹かれていくが…。

    「オーバー・フェンス」に投稿された感想・レビュー

    タナカノゾミ™
    タナカノゾミ™の感想・レビュー
    2017/04/09
    -
    いろんな人がいるし、函館は良い坂がある
    てぃーやま
    てぃーやまの感想・レビュー
    34分
    5.0
    2017年 19本目
    MitsunobuMaeya
    MitsunobuMaeyaの感想・レビュー
    3時間
    4.0
    こーゆう邦画たまらん。
    オダギリジョー、松田翔太、蒼井優。最高です。
    ただ、現実に蒼井優みたいな女いたらちょっと無理だな。壊れすぎ。

    夏の函館いいなー。邦画映えする。
    海炭市叙景も観て函館3部作制覇しよう。
    ishooooo
    ishoooooの感想・レビュー
    16時間
    3.2
    妻と別れ、地元に戻り職業訓練校で大工を目指しつつダラダラ過ごす主人公白岩。
    そんな彼がひょんなことからスナックで働くサトシと出会う。
    彼女はかなり感情的な場面があるが、言論はとても論理的で、惰性で生きてきた白岩の心には刺さるのかと思う。
    彼女に惹かれ、ソフトボール大会にてホームランを予告する白岩。職業訓練校の壁の先には何が見えるか。
    AFRO
    AFROの感想・レビュー
    22時間
    -
    2017/04/24
    JESSEmason
    JESSEmasonの感想・レビュー
    23時間
    3.7



    これは、、、




    深いな。



    あとからジワジワ来る感じ



    生きるってめんどくせーよ



    これは社会出て色んな経験した人間にしか伝わらないかもしれない


    オダジョーが居酒屋呼ばれてギャル2人と島田に言った言葉が突き刺さる
    個人的に




    とりあえず島田が現実で身近にいたらお仕置きです



    オダジョー、本当にかっこよすぎ。


    松田翔太氏も次にかっこよすぎ。


    蒼井の優さん、細い綺麗圧巻の演技力。





    以上!
    ゆっこ
    ゆっこの感想・レビュー
    1日
    4.0
    良い意味で裏切られた。そんな作品。
    自分で勝手に、他人の価値をはかってはいけないなと教えられた気がした。
    様々な人たちがいて、様々な人生があって、こんなにも静かで、壊れていて、迫力あったなーと。

    蒼井優ちゃんのあの惹かれる魅力はなんなんだろうか。舞ってるシーンはすごく好き。
    オダギリジョーはいくつになってもかっこいいなぁとただただ脱帽した。
    中庭
    中庭の感想・レビュー
    1日
    4.2
    テアトル新宿で鑑賞、場内は終始笑いが起こっていた。とても良い映画体験が出来た。
    松田翔太がついに良い役を与えられていた笑
    aya.
    aya.の感想・レビュー
    1日
    3.5
    キャストが好みだったのでレンタル。映像と音楽がゆったりしており良かった。
    ただ内容としては大きく流れが変わらないので、若干退屈なようには感じた。
    slow
    slowの感想・レビュー
    2日
    4.1
    世界は殺風景だった。少なくとも、男はそう感じていた。鳥の求愛を完コピする女を目撃するまでは。

    無職で職業訓練校に通っている男、白岩。こういうの浅野忠信が抜群に巧そうだけど、オダギリジョーも嵌る年になったんだね。ちょっと顔良過ぎるけど、枯れ具合は良い。
    愛を渇望するキャバクラ嬢、聡。演じた蒼井優の浮く程の振り切り方。そして、空気を変えられる運動神経は流石。

    やる気のない下世話な男達から抽出したエグ味と旨味。間延びを演出する絶妙な間。そして、ベテランの域に入った役者をみずみずしく撮ってしまえる監督の手腕は素晴らしい。笑い合い見つめ合うことを、今更ここまで温かく小っ恥ずかしく表現できるとは。

    自分にとっての愛情表現は相手にとってみれば全く別ものである可能性もある。そのズレに思い当たり、思い知り、人は誰かとの相乗りを繰り返しながら、ゆっくりゆっくり歪みを克服して行く。背負うことを恐れていた背中に温もりと羽を感じ、やがて、思い出したように飛び立つ日がやって来た時、人はあんな顔で空を見上げるんだろう。
    >|