オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:112分
    監督
    山下敦弘
    脚本
    高田亮
    原作
    佐藤泰志
    キャスト
    オダギリジョー
    蒼井優
    松田翔太
    北村有起哉
    満島真之介
    松澤匠
    鈴木常吉
    優香
    あらすじ
    家庭をかえりみなかった男・白岩は、妻に見限られ、東京から故郷の函館に戻りつつも実家には顔を出さず、職業訓練校に通いながら失業保険で暮らしていた。訓練校とアパートの往復、2本の缶ビールとコンビニ弁当の惰性の日々。白岩は、なんの楽しみもなく、ただ働いて死ぬだけ、そう思っていた。ある日、同じ職業訓練校に通う仲間の代島にキャバクラへ連れて行かれ、そこで鳥の動きを真似る風変りな若いホステスと出会う―。名前は聡(さとし)。「名前で苦労したけど親のこと悪く言わないで、頭悪いだけだから」そんな風に話す、どこか危うさを持つ美しい聡に、白岩は急速に強く惹かれていくが…。

    「オーバー・フェンス」に投稿された感想・評価

    いろんな人がいるし、函館は良い坂がある
    あまり理解できないことが多かった
    情緒不安定や暗い過去を持った人たちの話^ ^

    どんよりとした曇り空の映像が何度も出てくるのが印象的でした(^^;

    知り合って間のないのに急に発狂し出すサトシにイマイチ感情移入出来ない(^^;

    サトシの過去が不明なので観ていて余計に戸惑う(^^;

    職業訓練校で建築関係の仕事の技術を習得しようとしてる生徒たちのやる気の無さ(^^;

    割と庶民的な主人公の生活にはリアリティーがあって良かったが、展開そのものに中々入り込めない映画でした(^^;
    2017年2月 早稲田松竹にて 併映『永い言い訳』
    劇場で観たかったけどタイミング合わずで観れなかったやつ。そしてようやく佐藤泰志、函館3部作を締めれた。

    『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』に比べるとヒリヒリ感は薄く幾らかソフトな印象。山下敦弘監督のちょいニヤな視点がチラチラ覗いてるのかな?柔らかい。
    まあそれでも今回も何かと過去に問題を抱え、壊れかけの心をギリギリ保って生きる市井の人々、男と女のヒリヒリした遣り取りに吸い込まれた。

    特に蒼井優演じる聡については過去の出来事に触れられてないし不安定な心に至ったキッカケは想像するしかないんやけど波も風もなかったオダギリジョーにとってハリケーンのような存在であり刺激されちゃったのかなwややこしくて面倒やけど荒波立てられ目が離せない。
    〝何も無いよりは幸せ〟かはわからんけどそんな気もした。

    あと自分は職業訓練学校ってのに行ったことないけどあの空気、昔一時やった派遣バイト思い出したwああいうロクに仕事できないクセにイキッたオッさんいるよね〜w山下監督の『苦役列車』の時も思ったけどリアルで何か嫌な生い空気、女かギャンブルの話しかしないゲスい下らなさw満島真之介の冷めた視線もわからなくはない。絶妙な役者配置はさすがでした!
    好きじゃない。
    蒼井優が壊れ過ぎててイライラした。
    これは、、、、、

    蒼井優に終始イラつく映画でした(笑)
    あれはなんらかの精神病の設定でしょうか?
    あーゆうヒステリックなやつが嫌いでもうイライライライラ、、、

    そんな女にオダジョーが惹かれていくのにもイライライライラ(ジェラシー)

    オダジョーに何も失うものがないからこそ惹かれたのでしょう。。。

    ある意味蒼井優は演技うまかったのか。。
    それにしても肌荒れすごかったな
    >|