オーバー・フェンスの作品情報・感想・評価

オーバー・フェンス2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:112分

3.6

あらすじ

「オーバー・フェンス」に投稿された感想・評価

wowow

wowowの感想・評価

3.8
演出
カット割
役者
やっこ

やっこの感想・評価

4.0
空気感がリアル〜〜おも〜〜い…
けど好きだ…
オダギリジョーってカッコイイのに、映画とかに出ると途端にダサいよな。その感じが良い。くたびれてる感がすごい。

監督も脚本も原作も、誰も違うけど、
なんとなくスクラップ・ヘブンを思い出す。同じオダギリジョーだからかな。
テーマが似てるからかな…


蒼井優演じる聡は、ぶっ壊れてるんだろうと思うし、
それでも彼女は死にたいわけじゃないし、
なんなら誰よりも生きることに敏感なんだろうと思って、愛しい。
狂ったようなセリフや動きが多いけど、でも何も、間違ってるような気はしない。

ぶっ壊す側の人間だから、俺の方が酷いよな、っていうセリフは、しばらく残るセリフだなあと思った。


オーバー・フェンス、いろいろな意味があるし、全部のシーンがそのタイトルに通ずるなあと思った。
良くも悪くも、壁の外は無限だ。
chiyumi

chiyumiの感想・評価

3.7
感情が持っていかれやすいので、もう頭がおかしくなりそうだった… ハッピーエンディングでほっとして終わる。
chiharu

chiharuの感想・評価

5.0
人の痛みがわかる人、わからない人、わかるけどわからないふりをする人、わかろうとしない人、境界線は曖昧。だけど人の心を壊す人にはならないように。観てよかった。
kiiiii

kiiiiiの感想・評価

4.0
蒼井優さん、オダギリジョーさんがとてもハマり役。

幼い頃の何がしかで、普通の感覚では無く精神的に異常になってしまう事がある聡。

普通、に生きているつもりでいて、普通だった奥さんを異常な精神状態にまでしてしまって、生きている意味を見失っていた白岩。

2人が出会って、ぶつかって繋がって、またぶつかって…そうしていくうちに、白岩は自分のしてしまった事、そうしてしまった自分自身の事も認める。認めて、前を向いて生きていこうとする。

聡と一緒に。

聡は壊れているが、普通に生きたい。
普通に生きてると思ってたら、一番身近な人を壊してしまっていた白岩もまた、普通に生きたい。

閉じていた心を開いて、相手も自分の事も許し、認めてあげる事で、前に進んでいく。


感情を剥き出しにするシーンが点在するけど、大事な事はあえて台詞で言わず、
白頭鷲や、鳥の羽で表現したりするところが好きだった。

そのメタファーが、
とても良い。
白

白の感想・評価

4.2
よかった ただただひとりひとりの生きているということが肯定されていた 俺はぶっ壊す方だからってオダギリさんが電話してたところからずっと涙でた いちばんよかったのは登場するみんなが同じ街でそれぞれの生活をしている が強調されるような各々のシーン
やっつ

やっつの感想・評価

5.0
こういう生きてるだけでいい、と肯定してくれる映画が死ぬほど好きだ。

「俺、失すものなんて何もないから」と白岩が聡を抱きしめるシーンが愛おしくて愛おしくてたまらない。ずっと見ていられる。

あの先がどうなるかなんてわかんないんだからさ、今寄り添えるのなら、今はそうしておいた方が断然いい。

あの試合後二人が別れても、幸せだったならなんだっていい。

アサヒの缶ビール片手に最高でした。
>|