グッバイ、サマーの作品情報・感想・評価

グッバイ、サマー2015年製作の映画)

Microbe et Gasoil

上映日:2016年09月10日

製作国:

上映時間:104分

3.7

あらすじ

14歳。子供でもない、大人でもない狭間の時期。画家を目指すダニエルは沢山の悩みを抱えていた。 中学生になっても女の子のような容姿で、クラスメイトからミクロ(チビ)と呼ばれて馬鹿にされており、恋するローラにはまったく相手にされていない。おまけに母親は過干渉で、兄貴は暴力的なパンク野郎だ。誰も本当の自分を理解してくれる人はいない……。 そんなある日、ダニエルのクラスに変わり者の転校生がやってくる…

14歳。子供でもない、大人でもない狭間の時期。画家を目指すダニエルは沢山の悩みを抱えていた。 中学生になっても女の子のような容姿で、クラスメイトからミクロ(チビ)と呼ばれて馬鹿にされており、恋するローラにはまったく相手にされていない。おまけに母親は過干渉で、兄貴は暴力的なパンク野郎だ。誰も本当の自分を理解してくれる人はいない……。 そんなある日、ダニエルのクラスに変わり者の転校生がやってくる。名前はテオ。目立ちたがり屋で、自分で改造した奇妙な自転車を乗り回し、家の稼業のせいで身体からガソリンの匂いを漂わせている。周囲から浮いた存在のダニエルとテオは意気投合し、やがて親友同士になっていく。学校や家族、そして仲間達、みんなが二人を枠にはめて管理しようとしてくる。息苦しくて、うんざりするような毎日から脱出するため、彼らは“ある計画”を考え付く。それは、スクラップを集めて〝夢の車”を作り、夏休みに旅に出ることだった―。

「グッバイ、サマー」に投稿された感想・評価

14歳って微妙な年頃で、性についての嫌悪感や異性との関係性など、これが現実なのかって嫌ってほど感じてこんな世界から早く抜け出したいと思う気持ちが凄く分かった。

ダニエルとテオの家庭環境が真逆で、過干渉すぎるダニエルの母とは打って変わって、テオの両親は息子に冷たい。ある意味、その家庭環境でテオがダニエルよりもブレずにいてたくましいのかもしれない。

テオと出会い少し男になったダニエルは少しばかりたくましく見えた。
REINA

REINAの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

一週間の旅から戻って、テオのお母さんは亡くなっていた。お父さんは怒っていて、違うところに連れていかれちゃった。もう二度と会えなさそうな雰囲気。主人公とテオ。でも、街の名前知ってるし、スマホ時代だからどうにか再会できるのかな。

飛行機のシーンが不思議でした。
teddy

teddyの感想・評価

-
個性は髪型や服装じゃなく、行動や選択できまるものだよ。
人と違って何がいけないの?
何の迷いもなく言い放つ彼が素敵!
こうやって夏を過ごして
みんな大人になっていくんだな~!青春
城戸

城戸の感想・評価

4.4
ラスト
ayaetu

ayaetuの感想・評価

4.5
波長が合う友達って、出会ったら最高!ケンカしても仲直り!かわいかったなー
いい男になるぞ!
ちはな

ちはなの感想・評価

3.3
10代の男の子の悩みや不安そして希望

彼らはどんな大人になるんだろう

ひと夏の経験は忘れられない宝物のような思い出だ


何かと対称的な二人だけど
プラス思考とマイナス思考は
うまく馴染んだりぶつかったりで
かけがえのない存在
あんな友達なかなかいないよ


何年後かに再会してもらいたい二人だな

やっぱり男の子はかわいい
N

Nの感想・評価

4.6
青春〜!かけがえのない友情、絆、愛〜!
2人の絆がこの先もずっと続けばいいな、
ちょっと大人になったダニエルは進み続ける。
2人とも美しかった
サムライヘアは映るたび笑ってしまった😂
私、自分の世界を壊しにきたキラキラした神様みたいなキャラに弱い
Rurimi

Rurimiの感想・評価

4.0
ダニエルが可愛くて14歳の二人の冒険が楽しい。
自作の車ハウスが笑える。
>|