グッバイ、サマーの作品情報・感想・評価

「グッバイ、サマー」に投稿された感想・評価

城戸

城戸の感想・評価

4.4
ラスト
Msk

Mskの感想・評価

3.5
軽めなロードムービー。
14歳の自立ってまだまだかわいいもん笑
ふわっとした感じがミシェルゴンドリーらしくて、ありがとうございますって感じ。
ほぴ

ほぴの感想・評価

3.6
フランス映画って感じ。
子供達の絆がいい
ミシェルゴンドリーらしい
最後は現実的でそれも良かった。
車からつくって時間をかけた長い旅も、飛行機で片道帰ってしまったらほんの一瞬にの出来事、距離、それくらい10代はじめの思春期は一瞬なんですかね、
実際そんな都合よく進めないけど、、
秋ぐらいに観て夏は一瞬だったな、、て浸るんだな
初めてのミシェル・ゴンドリーの作品。
大人から見たら「反抗期」「思春期」でしかないけれど、14歳の頃の自立したい自分とどうにもできない幼さという、理想と現実が入り乱れた微妙な心境の描写が、とても繊細でよかった。
自作の車で旅に出るという内容だけど、そんなにオーバーな大冒険みたいに描かれていなくて、あまり起伏はないけれど、その物静かな感じが心地よかった。
なかなか好きな感じのロードムービー。
ダニエルが開いた個展でのテオの演技が最高に好き◎
良い構成で最後も大人🧑
ローカル深夜枠録画。吹替。

以前映画館で予告篇見て楽しそうー、
観に行こうと思ってたら終わっちゃって観に行けなかったやつテレビでやってくれた。

うーん、吹替だったせいか? 予告篇の方が楽しかったなー。

ダニエル君はかわいい。テオ君の青ジャージとマイケル風ジャケットがダサい。そしてフランスの男の子は白ブリーフなのかー。
masa

masaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

フランス版スタンド・バイ・ミー

持たざる者同士が、唯一持つ、デザインの才能と機械への知識をかけ合わせて作った車で、ここではないどこかへ旅に出る青春ロードムービー

一夏の間に、髪、友だち、そして、最後には愛する人も失ったが、
人を殴る勇気は手に入れて、ちょっぴり男の子から男へ成長。

性の悩み、自分の容姿、家族のこと、ダニエルはことごとくコンプレックスを抱えているが、
ちょっとした工夫と想像力さえあれば、どこへでもいけるよと、
そっと背中を押してくれるくれるような作品
あの小屋の車にわたしも乗りたい
>|