グッバイ、サマーの作品情報・感想・評価・動画配信

グッバイ、サマー2015年製作の映画)

Microbe et Gasoil

上映日:2016年09月10日

製作国:

上映時間:104分

3.7

あらすじ

「グッバイ、サマー」に投稿された感想・評価

まぁまぁ
よかった。フランスの人も「個性」とかで悩むんだなあ。
MAMI

MAMIの感想・評価

3.5
アメリのオドレイトトゥがお母さん役だと、、、?!
弟は絵描きで兄はパンクロッカーで、あーいいなぁとおもった。
あんな素敵な友達、大人になったら作れない。
周りと同じになりたくない、俺たちは過小評価されてる、ヒドイ世の中だ…ミシェル・ゴンドリーが過去の自分に宛てた手紙のようなある意味自慰的とも捉えられる作品。現実世界を舞台としているもののストーリー展開はかなり突飛で、彼の得意とするリアルと空想の狭間を彷徨うような不思議な心地を味わわせる演出が随所に散りばめられている。おそらくこの物語の主人公はゴンドリー本人の分身であり、過去の自分を覆っていた世界に対する憧憬や苦悩、後悔や痛みをまさに映画でしか成し得ない方法でそこに投影させたのだろう。そう考えると途端にこの物語が愛おしく思えてくるし、ラストの苦い切なさもこれ以上なく奥深い余韻へと昇華されていく。
ア

アの感想・評価

-
終業式の後に教科書を捨てて帰る姿が印象的
14歳って複雑な年頃だけど何かいいよね
うに

うにの感想・評価

3.5
小学生ぐらいの時のふわふわした気持ち思い出したなんとなく
和

和の感想・評価

4.7
オドレイ・トトゥだ〜ってなった、
もうそこから止まらない。
こうゆうの大好き。
本当に一生に一度しかない夏の冒険。
わたしこれ多分何回も見るし、子供に見せたい。

このレビューはネタバレを含みます



もっと夏の終わりに見ておけばよかったな

クラスで浮いた存在の2人が、車を作って旅に出る話。やってやろう!を本当に現実にしていく姿が清々しくて、若さがたまに痛々しくて、キラキラしてる

突然の日本語風俗にはびっくりした(笑)

テオとダニエルならいつかまた会えると思えるラスト
トム

トムの感想・評価

4.0
めっちゃ好き
話も雰囲気も全部含めて
ワクワクして哀愁があって
上手く言い表せないけど多分何回も観る
>|