大介

この世界の片隅にの大介のレビュー・感想・評価

この世界の片隅に(2016年製作の映画)
4.5
とてもよかったです。

主人公のあのなんともいえない…ふわふわした柔らかなキャラクターが、のんさんの声とも相まってすごく魅力的でした。


序盤は本当に楽しくて優しくて…ほんわかした気持ちで鑑賞してました。

後半、画面のこちら側はみんなが知っている「あのこと」に向かって、徐々に凄惨な描写も増えていく。

終盤のあの子の展開などは、ちょっと強引かもって思いましたが…あの当時は普通によくあることだったのかもしれませんね。


あの時代…当然のことなんですが、戦争中でも市井の人々は普通に暮らしてるんですよね。

生活の大変さや諸事の厳しさは違うかもしれないけれど、笑ったり怒ったり泣いたり…根本的なところはいまの時代と変わらないんだなって…。

そんな当たり前のことを、人々の息吹をフッと感じさせてくれました。


心をえぐられるような辛い展開や、妹のあの○○など…暗い気持ちになりそうなはずなのに、それなのに鑑賞後になんともいえない優しい気持ちに似た感情に満たされる…珍しい、そしてとても素敵な戦争映画でした。














…戦争しよってもセミは鳴く