のどか

この世界の片隅にののどかのレビュー・感想・評価

この世界の片隅に(2016年製作の映画)
4.0
純粋な少女すずが、広島の戦時下で懸命に生きていく話。
次第に配給も減り、戦艦は増え、疎開が始まり。。。こんな状態なのに前向きに生きていて、心が痛くなった。
けど、こんな日々を日常として生きていかなきゃいけないって、苦しくて仕方ないように感じるけど、思ってるよりも単純なことなのかもしれない。実際映画の中でも、たくさん笑ってた。そういう意味では、ほかのどんな戦争ものよりも、当時をよりリアルに描いているような気がする。だから、話は重くて苦しいのに、どこかあったかい。

時間経過ごとに日付が入ってるのが印象的だった。きっと本当にあった出来事に忠実に従ってるんだろうなと。

のんの声かわいい。声の出し方に少女感出てる。方言もいい。そしてとりあえず周作さん大好きになりました。笑

昔ってほんとにこんな感じだったんだろうか。。。登場人物みんな純粋すぎて、強すぎて、自分が情けなく思えて仕方がない。。。当たり前の日常や愛する人を失っても、苦しくても前を向いて生き続けている。本当に強い。