MIO

この世界の片隅にのMIOのレビュー・感想・評価

この世界の片隅に(2016年製作の映画)
4.0
評判通りめちゃくちゃ良かった。戦争を題材にした作品の多くはその悲惨さや死にクローズアップしていて、画面からはっきり伝わる残酷さに目を背けたくなることもあるけれど、この映画はあくまでそういう背景がある中で人々が送る毎日の生活に軸を置いている。悲しく辛い内容である事は間違いないのに、絵や言葉が温かく、人間の温かみや優しささえ感じる事の出来る作品。そして何よりすずの声が能年ちゃんで良かったと思う。今までにない視点から描かれた戦争ものの映画だけれど、温かい雰囲気から一変してその事実を伝えるシーンは確かに存在して、そのギャップがより一層、私の心に刺さった。戦争の事実が消えない限り、この映画を忘れる事はないだろうと思う。