tomomi

この世界の片隅にのtomomiのレビュー・感想・評価

この世界の片隅に(2016年製作の映画)
4.1
和やかな日常の一部分に、当たり前のように戦争をおもわせるものがたくさんある戦争映画ってすごく新鮮。
観ていてつらくなるようなこともたくさんあるけど、露骨なお涙頂戴展開ではないから余計にずしんとなってしまった。ふつうの日常をおくるふつうの人にとって、戦争は、人の大切なものを奪うものであって、国の大義名分なんて関係ないよね。。

原作者さんの、夕凪の街桜の国っていう漫画を読んだことあるんだけど、それは原爆が落ちたあと、戦争が終わったあとの人たちの話で、どれだけ時間が経っても多くの人がまだ苦しんでて、
きっとすずさんたちもこれからも苦しいことがあるだろうけど、それでもみんなで幸せに過ごしてほしいなぁと思った