shingo

この世界の片隅にのshingoのレビュー・感想・評価

この世界の片隅に(2016年製作の映画)
4.1
戦後70年以上が経ち、いよいよ戦争を体験した人からの直の話を聞けなくなる時代が間近に迫った現代。だからこそ、後世に残したいという制作側の想いが実際に多くの観客に伝わったという事実は本当に幸福なことだと思う。優れた映画がちゃんとヒットするという当たり前のはずのことがどれだけ稀で、どれだけ感動的なことか改めて思い知らされた。

すずさんというチャーミングなキャラクターの視点から戦中を特別なものとせず、あくまで日常の延長として丁寧に描く。だからこそ戦争を知らない観客も現代から続く物語としてリアルにイメージ出来る。「火垂るの墓」と対照的なその描き方は(比べるものではないかもしれないが)新しい戦争映画の金字塔として更新されたと思った。

それにしてもすずさんは本当にチャーミングで、「この世界の片隅に」って台詞で言っちゃうとことか正直引いたけどそれも含めてほっこり出来る。それものんという、すずさん以上にチャーミングな女優さんのおかげだろう。このキャスティングこそが本作の一番の魅力。