この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

上映館(2館)

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

あらすじ

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

菩薩

菩薩の感想・評価

5.0
能年ちゃんには個人的な思い入れもあるが、第一声から涙が出た映画は生まれて初めてだった。かつ、この様な素晴らしい作品が、どこぞの大手芸能事務所の圧力下にある状況に非常に憤りを感じている。それこそ悲しくて悲しくてとてもやり切れないので、さっさとEXILEともどもバーニングして欲しいとすら思うが、そんな醜い感情ですら、すずさんの朧げな笑顔の前では藻屑と化す。優秀な戦争・反戦映画は数多くあるが、これほどまでに暖かく、かつ人の心に染み渡る作品はそう無いと思う。この作品を観た後に、誰が再び戦争に加担したいなどと思うか?第二第三のすずさんを生み出したいと思うか?この作品には、不毛な争いを止める力がある、そう確信すら持てる。これは教育現場でも非常に使用価値があると思う。しがらみばかりが蠢く今の世の中ではあるが、素晴らしい物は素晴らしい、美しい物は美しい、好きな物は好きと、誰に気兼ねする事無く訴えられる世界の片隅で生きて生きたいと思うし、出来れば一人でも多くの人に、すずさんに出会い、彼女が不幸にも失ったその右腕になって欲しい。製作陣に多大なる感謝を申し上げると共に、エンドロールで流れる数多くの資金協力者の皆様にも、併せて感謝申し上げたい。本当に素晴らしい作品だと思う。自分がそんな事を言っていいのかは分からないが、許されるのであらば、オールタイムベストに掲げたい作品である。かつこんな自分にも、まだカケラばかりの感受性と、人間性が残っている事を再確認させてくれたすずさんに感謝を述べたい、すずさん本当にありがとう。どうか一人でも多くの人に、そしてこの作品を観た人が自分の大切な人に、そんな風にして世界中にこの作品が広がって行ってくれる事を切に願う。
SowkiOKA

SowkiOKAの感想・評価

3.5
小さい子が不幸なのは本当に悲しくて悲しくて、とてもやりきれない。
最後、人攫いとすれ違ったときにめちゃくちゃ泣いてしまった。なんでかは本当にわからない。
がんこ

がんこの感想・評価

4.4
ほんわかした絵なのにずっしりと戦争の悲惨さとか恐怖を感じる映画
噂の作品を運良く地上波録画出来たので観ました。
よくある残酷でひたすら悲しい戦争映画とは一線を画す、ハートウォーミング?な内容。
すずちゃんのほんわかしたキャラクターが物語を悲しくさせないチカラを与えていて、結果的には残酷なところもあるけど、終始穏やかで明るい彼女にみんなが救われたような気がしました。
ただ最初は彼女の呑気な性格にイライラしたけど(笑)
その後彼女がどう生き抜いたのかが気になります。
Sabakan

Sabakanの感想・評価

4.0
とても良かった。
okaka

okakaの感想・評価

4.5
以前観た作品
漫画は既読だったから、ストーリーが分かった上で映画を見たが、やはり同じような所で笑うし泣いた。戦時中の空気感を肌で感じるというか、本当に日常のひとコマを切り取ったようで、これまでみた悲惨でお涙頂戴な”戦争モノ”とは違う。この時代を生きたすずの反戦でもある。とても素晴らしい映画。
いち

いちの感想・評価

4.1
のんちゃんと細谷さんの声が素敵すぎて
絵のタッチも優しくて

見ていると蛍の墓や祖母の家を思い出す
戦争って本当に怖い
でも悲しいこともたくさんあるけど主人公の優しい気持ちが胸に染みる
em

emの感想・評価

3.8
あってほしくないすずさんの生活にあった戦争。

今こうして寝転びながら空を見上げたりiPhoneいじったりしてる事がどれだけ幸せな事か。

大切な人や 心、体 いろいろなものを奪われる戦争。

ドラマも見たいなと思った。
てれびで
>|