この世界の片隅に(2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:126分
    監督
    片渕須直
    原作
    こうの史代
    キャスト
    のん(能年玲奈)
    細谷佳正
    稲葉菜月
    尾身美詞
    小野大輔
    潘めぐみ
    岩井七世
    澁谷天外
    あらすじ
    どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

    「この世界の片隅に」に投稿された感想・レビュー

    抹茶マラカス
    抹茶マラカスの感想・レビュー
    2016/12/03
    4.9
    描写の豊かさとどんな状況でも楽しそうに暮らすすずさんが素晴らしい。みんな何処か足りなくて、それでも誰かに見つけてもらって生きてるんだな…
    出来るなら点数はつけたくないです。
    アメ
    アメの感想・レビュー
    32分
    4.6
    記録
    koko
    kokoの感想・レビュー
    10時間
    -
    点数つけられない作品
    picaro
    picaroの感想・レビュー
    23時間
    3.5
    往路飛行機4本目

    あまちゃんでもそうだったけど、日付が出て、日付だからまぁ一種のカウントアップなんだけれども、それは同時に“ある日”に向かうカウントダウンでもあるってのがしんどい。

    日本の反戦作品もアニメもほとんど観ないせいか、この映画の何が特別なのかちょっとわからず。
    なので普通に「戦争つらかったね」みたいな感想になってしまう…。
    こにし
    こにしの感想・レビュー
    1日
    4.2
    なんとも悲しい話。。
    MasayaJoe
    MasayaJoeの感想・レビュー
    1日
    3.8

    戦争は直接描かずに生活描写を積み重ねる映画なのだと思っていたがそうでもない。主人公すずの身の回りの日常に描写は終始していて、「戦争はいつになったらくるのかしら」というセリフ。この距離感。

    舞台の呉は原爆の落ちた広島市から「距離」があるし、すずの嫁ぐ家は山にあって呉の街と軍港が一望できる。この景色、この距離感こそが映画の主題だと思う。観客の僕らが戦争に対して持っている「距離」と、すずの視点からみた戦争の距離はとてもよく似ている。
    思い返せば細部に至るまで「いろんな距離」が演出されていて、泣ける泣けないとかでなく(ちょっと泣いた)結構楽しめた。
    室町デモクラシー
    室町デモクラシーの感想・レビュー
    1日
    4.0
    丁寧に当時の生活、街並みを描いていたと思う。クレーンのある街並みは今も昔も変わってない。
    のむらなお
    のむらなおの感想・レビュー
    1日
    5.0
    上映後、客席から一歩踏んだあの感覚。みんなが感じたであろうあの感覚。
    すずさんはいた、そしてその地続きで私はここで生きている。
    えんどう
    えんどうの感想・レビュー
    1日
    5.0
    台詞回し、話のテンポ、心理描写の独特さがほぼ原作通り。カットされた所ももちろんありますが、それをさて置いてもすごく良い出来でした。
    むしろ、漫画の雰囲気をそのままに、映像・音という特徴を使った数々の演出に胸を打たれました。
    原作がある作品の映画化としては、とても上手くいったのではないでしょうか。
    ヒデロー
    ヒデローの感想・レビュー
    1日
    3.3

    このレビューはネタバレを含みます

    良い意味で、想像とは違う作品でした。
    ほのぼの路線かな?と思いきや、ピカドン投下後の重い展開にビックリした。
    >|