この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

4.3

あらすじ

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が…

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

描写の豊かさとどんな状況でも楽しそうに暮らすすずさんが素晴らしい。みんな何処か足りなくて、それでも誰かに見つけてもらって生きてるんだな…
出来るなら点数はつけたくないです。
kaku

kakuの感想・評価

4.0
一度はみんなに見てほしい。
戦争を扱った映画だけど、悲惨なシーンは少なくふんわりしていて能年ちゃんの声も合っていて見やすい。
戦時中のその当時の日常を見た感じ。
広島から呉に嫁いだすずから見た戦争。
家族が死ぬこと、誰かが死んでいることがよくあることな日常。
誰のせいにも出来なくてしょうがないことと受け入れていることが見ていて辛かった。
何度も胸に刺さって何度も泣きました。
火垂るの墓の3倍、ずーんとなる。
でも見るべき。
幸せにのほほんと生きていた人をも狂わせる日常の中の戦争。
明るく優しく生きている主人公を通すから尚更辛い。
婉曲的な表現が多くて解説サイトを貪るように見たくなった奥の深い作品。
mikenekos

mikenekosの感想・評価

3.8
優しくて柔らかい絵とタッチで描かれる第二次世界大戦の最中の日常と厳しさを描いた作品。能年玲奈の声優が違和感なくて、寧ろ嵌っていた。
べにお

べにおの感想・評価

4.3
言葉の一つ一つに引き込まれました
Rui

Ruiの感想・評価

4.1
記録
shingo

shingoの感想・評価

5.0
素晴らしかった。
多くの方に観て欲しい作品。
こんなご時世だから。。
そこまで興味なかったけど口コミが良くて気になりだした作品。観てみたけど、良かった、、良かったというか、観るべきだと思う。こんな毎日だったんだなぁ。戦争、もう絶対やだな、やったらダメだ。
家族のありかた。幸せの感じ方。戦争という時代の中で前向きに生きている主人公に勇気づけられました。
まーし

まーしの感想・評価

4.2
公開当時は絵のタッチと配役から敬遠していたが、もっと早く見るべきだった。
画風も配役も作品にピッタリで独特の良さ、この作品のアイデンティティが強く出ていた。これはまさに、唯一無二の作品だと思う。
のんが想像以上にハマり役で素晴らしかった。彼女の声優としての実力からかなりすずに惹かれた。
これといって大きなストーリーがあるわけではないが、下手なお涙頂戴、戦争美化ではなく、人の強さや生きることの輝きを感じさせられた。
残酷なものを美しく、悲しいものを素晴らしく描くような、一見して相反する様々な事柄をきれいにまとめており、違和感なくそれらが胸中に深く染み込んできた。
そういったいろんな一つ一つの愛おしい描写が積み重なって胸を揺さぶられ、感動して涙が溢れた。胸が痛んだり、温かくなったり、本当にいろんな感情にさせられた。
「永遠の0」にあった、あの時代を生きた人々には皆それぞれ一人一人にドラマがあった的なセリフを思い出した。
>|