この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

4.2

あらすじ

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が…

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

描写の豊かさとどんな状況でも楽しそうに暮らすすずさんが素晴らしい。みんな何処か足りなくて、それでも誰かに見つけてもらって生きてるんだな…
出来るなら点数はつけたくないです。
原爆ももちろんそうだけど焼夷弾や時限爆弾ばら撒くのって戦争なの? ガッツリ市民殺しに来てるよね? と改めて思いました。

魔物の人さらいのくだりはどんな意味があるの??
見終わったらちょっとホッコリとでもしんみりと切ない様な感覚を味わいました。
Asami

Asamiの感想・評価

-
もう一度見たい
戦争ものがそもそも苦手だったけどこの作品は、「戦時中だろうがなんだろうが日々生活していかなきゃならない」という部分に焦点が当てられていて、それがものすごく新鮮だった。

戦争の規模や死者の数じゃなく、戦時中の人々の生き方が見えて、一過性のものじゃないんだなと気づかされた。避難警報が毎日のように出ることに次第に慣れていく様とか、配給が減ってご飯を工夫していかなくちゃならないだとか。

感じることが多すぎて、軽々しくよかったとか言えないような作品。すずさんがめちゃくちゃかわいかったです。
rinas

rinasの感想・評価

4.4
戦争は悲しいけど、思ったよりも前向きな内容で雰囲気がとてもよかった。
細かい所作や表情、日常の何気ない会話、すずさんがかわいくて愛しい。
戦争が良いでも悪いでもなく、義務としてつきあわされた国民の感覚ってきっとこんな感じだったんだろうなと実感できる、戦時下の日常表現が面白かった。かけがえの無いものの喪失に共感しきり。戦争やだな。
mg

mgの感想・評価

5.0
すばらしかった。
のんさんのまったりした声がよく合ってる。
観終わったあともなかなか世界観から抜け出せなかった。
漫画も買って何度も読み返して本当に大好きな作品。
Hikary

Hikaryの感想・評価

5.0
もう泣いた、2人いつまでも幸せに
>|