この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.2

あらすじ

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が…

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

描写の豊かさとどんな状況でも楽しそうに暮らすすずさんが素晴らしい。みんな何処か足りなくて、それでも誰かに見つけてもらって生きてるんだな…
出来るなら点数はつけたくないです。
細かい描写が素晴らしい。
ぼーっと生きれるしあわせ。両手があるしあわせ。ピカピカのご飯のしあわせ。しあわせ。しあわせ
2度見ないといけない映画
、、見れてないけど
おゆい

おゆいの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

❺聞づらいセリフが多かったのが残念。。
nasa

nasaの感想・評価

4.5
評価の高い戦争の映画、おおまかなことしか知らず、早く観たくてやっと鑑賞。


生活を垣間見ているような淡々とした話のテンポ、独特の雰囲気、主人公の声。
不思議な感覚につつまれた。

優しいタッチのアニメーション、説明のないストーリー、シンプル。
でもそのシンプルさが、とてつもないインパクトを残しているのだな、と。
こんな壮絶な時代があったことの説得力がすごい。

すずさんが実在して生きていたら、こんなお婆ちゃんだろうな、と考えてしまった。
のんの声が上手いとか下手とかではなく、残るものがある。
そして綾瀬はるかの声に似てる。

恥ずかしながら、火垂るの墓をちゃんとみたことがないので、戦争アニメというものをいくつかみた上でまた観直してみたい。
あいこ

あいこの感想・評価

4.0
泣いた〜

確かに戦争の映画は「いい話だなあ」で終われない難しい
よく見る殺人映画とかはどれだけ人が死んでも「いい映画だ〜」「ムナクソ〜」で終わるのにね、不思議だね

戦争自体も直接体験したことないのに

戦争は日本人にとって生々しすぎるものなのかな

ほんわかした雰囲気に見えるけど、戦争を題材にしてる時点で綺麗事では終わらない映画だろうなあとは思ってたけど…
思った以上に残酷で、最後の小さい子のくだりにしても、ね、

平和ボケ平和ボケ言われても「は?なにが?」って思ってたけど、白ごはん食べられることがどんなに幸せなことか、ましてやご飯残しちゃうとか、そんなのダメだよねえ

前付き合ってた人と長崎旅行に行って、原爆資料館にいったとき私はひとりで眺めながら涙が出てしまって、そのときそれが恥ずかしいと思ってしまって、見られたくなくてそそくさと資料館を出てしまいました

たまにそのときのことを思い出して愚かだったなあと反省するし、なまぬるい生活をしている若者がそんなことを言っても何も説得力ないし偽善に聞こえると思うけど今こうやって日常を過ごせるのってほんとはすごい幸せなことなんだって、ちゃんと自覚しなくちゃいけないよね
MARQUEE

MARQUEEの感想・評価

4.9
この映画は言葉を尽くして誉めようとしても全く足りずレビューを書くたびに消す、を繰り返している。
初めて観た直後は素晴らしい映画ながら二度と観れない気がしたが、結局劇場で五度観ることになった。
恐らく今後そんなことはもうないだろう。

満点を超えてる映画だが長尺版で5.0としたい。
ざか

ざかの感想・評価

3.7
事前に原作予習してから鑑賞
のんちゃんの声がすごく合ってた
優しく描かれてる
けど、話の節々でしっかり伝わってくるものがあった映画

最後の親子の描写はすごく胸が痛む
>|