この世界の片隅に(2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:126分
    監督
    片渕須直
    原作
    こうの史代
    キャスト
    のん(能年玲奈)
    細谷佳正
    稲葉菜月
    尾身美詞
    小野大輔
    潘めぐみ
    岩井七世
    澁谷天外
    あらすじ
    どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

    「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

    このレビューはネタバレを含みます

    この作品の素晴らしさについては、多くの方がすでに書かれてると思うので、個人的に感じたことを書き残したいと思う。



    ”あなたのおばあちゃんが初めておじいちゃんにあった時、お嫁に行く人はどんな人かと思って緊張してたら、「ご飯でも食べようか」って。
    一緒に食べに行こうとしたら「俺はあそこで食べて来るから、あなたもどこかで食べてくれば」って。「こんな人の嫁になるの?!」って思ったって、笑ってたよ”

    この作品を見ながら思い出した、昔母親から聞いた笑い話。
    おじいちゃんは変な人だ。そして私もやっぱり少し変な人だ。


    いまは祖父母はもういないけれど、祖父母もこんな風に笑いながら泣きながら、”普通に”暮らしていたのかな、その積み重ねの先に自分がいるのだな、そう思うと静かに涙が出ました。


    そして、いろんな人の右手のことを思った。
    何年何月何日の何時何分何秒に原爆が落とされ何人が亡くなった。

    時が経ちあの不条理な悲劇が数字で語られるようになっても、

    私たちはその時代に生きた一つ一つの右手がご飯を炊き、絵を描き、幼い子供の手を引いていたことを、忘れてはいけないのだと思う。

    そして私は、これからの人生をかけて、
    ”この世界の片隅で、普通に生きていく奇跡”を守りたいと思う。
    「この世界の片隅に私を見つけてくれてありがとう」ってすずさんが言うシーンが一番好き

    こんな夫婦に憧れる✨
    あれ?おかしいな。。
    こんなにいいはずのものを、いいと言えない。
    始終号泣?どこに?なにに?
    見るタイミングを間違えたのかも知れない。もう少し大人になったらまた見てみようかな。
    でも、みんながいいと言うからといって、いいと言わなければいけないわけじゃないよね……そうであって欲しいな。


    ただ、安全で裕福な世界で起きた小さな不幸にモヤモヤしている自分に気がつくことが出来ました
    どんな状況でも続く日々の生活を楽しむ強さと寄り添う優しさ。

    日々を生きる、ということ。


    限られたものの中で工夫をこらし、やりくりして毎日を生きていくということ、ただ笑顔でさえいられたらきっとそれは幸せなのだということ。大事なのは、たぶん、そうゆうこと。映画の中のすずさんたちの暮らしは、今のあたしたちの生活とかけ離れているはずなのに、とても身近なものに感じられたのはきっと、彼女たちが普通のひとたちで、普通の毎日を普通に暮らしていこうとしているからなのだと思った。戦時中という想像もつかないような辛い環境におかれていたはずなのに、ただ今日を、そして明日もあさっても続いていくであろう毎日を、彼女たちは丁寧に、そしてたくましく、優しく生きていた。毎日を生きるということを、もっと大切にしたくなって、ひとつひとつの生きるうえでのひとにとって必要な営みを、丁寧にこなしていきたくなった。ごはんを作るということも、そして家族と食卓を囲むということも、当たり前のようでいて本当はとても大事なことなのだと思った。なんてことないはずのことの繰り返しが人生で、それがあたしたちの毎日をつくっているのなら。それならば、丁寧に、丁寧に生きていきたい。そして、家族や大切なひとと笑顔で過ごせたなら、他には何もいらないのかもしれないな。
    すずさん美しい

    このレビューはネタバレを含みます

    戦時中の"日常"を描いてるからこそ「戦争はこういうものだ」っていう押し付けがなく「これだ!」っていう強いテーマもなく、受け取り方は自由でそれぞれについて色々と考えさせられる。夫婦愛だったり家族愛だったり友情(?)だったり出会いだったり人生の選択だったり経験だったり。それを戦時中っていう誰もが聞いたことのある苦しい時代で、でもその細かな日常までは知らなくて、っていう。またそれに反した主人公の性格とかキャラデザとか、とにかく「ずるいなぁ…」という感想。なんというか、とにかく言葉で表しにくい。

    心のどこかでは「そりゃこの時代題材にしたら評価高いよな」って思ってしまってる自分もいる。ただ、描いた絵の世界に居たりだとか空襲による恐怖感とか晴美ちゃんと手を繋いでいた辺りのこととか、その辺りの演出をさらっと違和感なく入れてしまうところが抜群に良かったのでこの評価。実際自分が手を失って絵を描けなくなったらどうするか考えたけど、きっと左手で描く練習するんだろうな。今からしとこうかな。
    戦争ものは心に響きます

    この3月に広島を旅行したばかりでした。
    原爆ドームを訪れたり、呉の港から船に乗ったりしたのですが...。約70年前、まさにあの場所でこのようなことがあったなんて...!と背筋が凍るような思いでスクリーンを見つめていました。

    日常が じわじわと非日常に変わって行く恐怖を追体験できたような気がします。

    グロいシーン、戦争ものの割に少なめだったので、戦争映画が苦手な方でも比較的見やすいかと思います。(漫画『はだしのゲン』で描かれているような広島原爆の生々しい描写はほとんどありませんでした。その点から言うと原爆の悲惨さは実感しにくいかもしれません←もうこの映画でも十分凄惨さは伝わってきますが...!原爆を受けたら身体がどのようになるのか、そういった細かい描写があまりこの映画では表現されていませんでした。)
    胸キュンシーン・コミカルなシーンもたくさんありました!笑いあり涙ありの素敵な映画だったと思います。不器用だけど心優しい旦那様...!! 最高でした^o^♡笑

    また機会があったら鑑賞したいです。これはもう一回観たい!
    すごく良かった。
    心に響いた。
    重すぎないのに、きちんと、心に響いた。
    平和。
    >|