この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

4.3

あらすじ

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が…

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

この作品の素晴らしさについては、多くの方がすでに書かれてると思うので、個人的に感じたことを書き残したいと思う。



”あなたのおばあちゃんが初めておじいちゃんにあった時、お嫁に行く人はどんな人かと思って緊張してたら、「ご飯でも食べようか」って。
一緒に食べに行こうとしたら「俺はあそこで食べて来るから、あなたもどこかで食べてくれば」って。「こんな人の嫁になるの?!」って思ったって、笑ってたよ”

この作品を見ながら思い出した、昔母親から聞いた笑い話。
おじいちゃんは変な人だ。そして私もやっぱり少し変な人だ。


いまは祖父母はもういないけれど、祖父母もこんな風に笑いながら泣きながら、”普通に”暮らしていたのかな、その積み重ねの先に自分がいるのだな、そう思うと静かに涙が出ました。


そして、いろんな人の右手のことを思った。
何年何月何日の何時何分何秒に原爆が落とされ何人が亡くなった。

時が経ちあの不条理な悲劇が数字で語られるようになっても、

私たちはその時代に生きた一つ一つの右手がご飯を炊き、絵を描き、幼い子供の手を引いていたことを、忘れてはいけないのだと思う。

そして私は、これからの人生をかけて、
”この世界の片隅で、普通に生きていく奇跡”を守りたいと思う。
HIDEOTOSHI

HIDEOTOSHIの感想・評価

3.8
戦争の切り口が変わってて見応え有り❗
おぉ…呆然。
言葉にならない。

キャラの存在感や現実味がすごい。
映画を見たというより現実というか
アニメーション表現がとんでもない次元。
背景描写すごい。
のんの演技が良い。

泣きたくて見たい
とかの人はオススメしない、極端な感情にならずに観てほしい
ストーリー
MoMiJi

MoMiJiの感想・評価

4.5
戦争を日常としていた頃の人々の暮らし
すずちゃんが愛しい
keru

keruの感想・評価

3.5
天沢聖司とは別の次元で1位になる
周作のイケメン具合

それと戦争映画として見るのもあるけど
恋愛要素強めすぎてビックリした
Shogo

Shogoの感想・評価

4.5
やーっと、観れました。

泣いた。
人に薦めたい映画。
後半だいぶ泣いた!
GamKing

GamKingの感想・評価

4.7
ーーーーーーーーー
この世界の片隅に
ーーーーーーーーー
私たちが今ここに生きてるのは、彼女らのおかげなのだと感じた。

「戦争」を昔の人は擁護し、そして天皇を崇拝し、国全体で戦争に勝とうとしていたと習ったが、実際は違う。擁護せざるを得なかった、崇拝せざるを得なかった。「戦争」を否定しまうことは犠牲になった身内の死を意味のないものだったと認めてしまうことになるからだ。その葛藤の中で、生きていくことの大切さを見出そうとする描写には感動した。

テンポが良く、キャッチーな映像であるが、ストーリーが進むにつれて質素になっていく暮らしや人々の心も変わっていく。本来なら異常なはずの日常も当たり前なのだと受け入れていく。すず自身にも様々な変化があり、ただ辛く感じた。

今回評価すべきなのは、戦争に行く側ではなく戦争に送り出し見守る側の「家族」の視点を描いたことだ。辛い日々でも幸せを分かち合おうとする日常や人と人とのコミュニケーションを大事にすることなど、当たり前のことがその当時は一種の希望となっていたと知った。

この映画は世界の人々に見て欲しい。戦争という罪を犯した日本の中で、人々がどう生きていたのか、なにに希望を持っていたのか、それがわかる名作だと思う。
>|