この世界の片隅に(2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:126分
    監督
    片渕須直
    原作
    こうの史代
    キャスト
    のん(能年玲奈)
    細谷佳正
    稲葉菜月
    尾身美詞
    小野大輔
    潘めぐみ
    岩井七世
    澁谷天外
    あらすじ
    どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

    「この世界の片隅に」に投稿された感想・レビュー

    ユタ
    ユタの感想・レビュー
    2016/12/30
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    この作品の素晴らしさについては、多くの方がすでに書かれてると思うので、個人的に感じたことを書き残したいと思う。



    ”あなたのおばあちゃんが初めておじいちゃんにあった時、お嫁に行く人はどんな人かと思って緊張してたら、「ご飯でも食べようか」って。
    一緒に食べに行こうとしたら「俺はあそこで食べて来るから、あなたもどこかで食べてくれば」って。「こんな人の嫁になるの?!」って思ったって、笑ってたよ”

    この作品を見ながら思い出した、昔母親から聞いた笑い話。
    おじいちゃんは変な人だ。そして私もやっぱり少し変な人だ。


    いまは祖父母はもういないけれど、祖父母もこんな風に笑いながら泣きながら、”普通に”暮らしていたのかな、その積み重ねの先に自分がいるのだな、そう思うと静かに涙が出ました。


    そして、いろんな人の右手のことを思った。
    何年何月何日の何時何分何秒に原爆が落とされ何人が亡くなった。

    時が経ちあの不条理な悲劇が数字で語られるようになっても、

    私たちはその時代に生きた一つ一つの右手がご飯を炊き、絵を描き、幼い子供の手を引いていたことを、忘れてはいけないのだと思う。

    そして私は、これからの人生をかけて、
    ”この世界の片隅で、普通に生きていく奇跡”を守りたいと思う。
    お
    の感想・レビュー
    7分
    5.0
    鑑賞者に十人十色の感想を与えながらも、鑑賞者全員を唸らせることのできる映画でした。
    映画のもつ魅力をこの監督の持ち味である時間の描き方を最大限に活かし、発揮できているように思えました。原作と監督、キャストの相性がとても良い
    きくち
    きくちの感想・レビュー
    45分
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    鑑賞二日後にも関わらず、映像のフラッシュバックが収まらないので記録しておく。
    正直言って戦争映画は、右か左かどちらを向いているのか、そんなことを煩く言う方々が多くて敬遠していた。でもこの作品はそんなところとは無関係の、いささかの無遠慮さも伴った呑気さをもって、戦争を描いていたのが好印象だった。
    何も知らない方が幸せだったのだが、知ってしまったからには後戻りはできない。自分とは関わりのなかった世界の話が、ある瞬間に当事者となってしまう恐怖。しかもそれが、ある意味で、加害者になってしまった恐怖。あの瞬間のあの右手から後戻りはできなくなってしまった。
    ある意味でホラー映画に近い。物語は何度も何度も絶望の片鱗を垣間見せ、鑑賞者を飽きさせないよう描かれている。これまで幾多の戦争映画を見てきた人にとっては、いつその怪物に物語が飲み込まれてしまうのかがやきもきさせられるのでは?と感じた。
    主人公はずっと受け身だったはずだった。だのにいつの間にか怒り、悲しみ、そして喜び。なぜか戦争前より戦争時の方が感情の発露が多く人間味を持って描かれている。だからこそこちらもどんどん主人公に引き込まれていくのやも。頑張れ、って応援する視点がスライドしていく。かわいそう、とか、辛かったね、とか。きちんと主人公に寄り添えて、なおかつあざとさを感じさせないタッチと演技はすごい。
    こうして言語化するとまだまだ書ききれないことが多々出てくる。またDVDで観れたら整理しましょう。
    uemi
    uemiの感想・レビュー
    59分
    3.5
    この心揺さぶられる感が、なんとも言葉にしづらい。
    主人公ののんびりとした性格と戦争とのギャップがとても辛い。
    このスコアはつけにくい。
    Tomomexico
    Tomomexicoの感想・レビュー
    1時間
    4.0
    記録




    上映後 近くの席の女の子が、一緒に来ていたおばあちゃんに
    『おばあちゃん映画どうだった?』って聞いていた。
    おばあちゃんは『あれだねぇ。やっぱり見てよかったねぇ。』って答えてるのを聞いて、わたしも観てよかったなぁと思った。おばあちゃんは戦時中のいろいろな事を思い出したのだろうし、思い出したくないから見るのを躊躇していたのかもしれない。でも、やっぱり見てよかったって感想を聞いて私はなんか心が温かくなった。
    当たり前の日常がある幸せがしあわせ。
    さえ
    さえの感想・レビュー
    1時間
    4.0
    記録用

    2016年12月19日
    Tohoシネマなんば
    本館スクリーン3、H-4

    泣いた。とにかく泣けた。
    すずさんがたくましすぎる。こんな強くて丁寧な女性になりたい。
    戦争って言葉に縁がなさすぎて忘れがちだけど、あのつらい時代があって今の時代があることに感謝しなくては。
    kamiki
    kamikiの感想・レビュー
    1時間
    3.9
    記憶しておきたい映画。その時代のことを語れる人は少なくなったからこそ、こうした映像で残して伝えていくべき。
    tempra
    tempraの感想・レビュー
    1時間
    -
    日常を大切にした描写や、手書きの絵柄、ほのぼのとしたエピソード、照れた表情、といった、こうの史代(原作)の持ち味がよく出ていて、過度に重くなることなく、素直に心に響いた。
    たまごの煮付け
    たまごの煮付けの感想・レビュー
    2時間
    4.0
    キレる主人公に自暴自棄で無責任な子どもっぽさを感じた。そこが良い気がする
    しょっぴ
    しょっぴの感想・レビュー
    2時間
    3.5
    能年玲奈を復帰させ、なおかつ活躍させるという偉業
    >|