この世界の片隅に(2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:126分
    監督
    片渕須直
    原作
    こうの史代
    キャスト
    のん(能年玲奈)
    細谷佳正
    稲葉菜月
    尾身美詞
    小野大輔
    潘めぐみ
    岩井七世
    澁谷天外
    あらすじ
    どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

    「この世界の片隅に」に投稿された感想・レビュー

    ユタ
    ユタの感想・レビュー
    2016/12/30
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    この作品の素晴らしさについては、多くの方がすでに書かれてると思うので、個人的に感じたことを書き残したいと思う。



    ”あなたのおばあちゃんが初めておじいちゃんにあった時、お嫁に行く人はどんな人かと思って緊張してたら、「ご飯でも食べようか」って。
    一緒に食べに行こうとしたら「俺はあそこで食べて来るから、あなたもどこかで食べてくれば」って。「こんな人の嫁になるの?!」って思ったって、笑ってたよ”

    この作品を見ながら思い出した、昔母親から聞いた笑い話。
    おじいちゃんは変な人だ。そして私もやっぱり少し変な人だ。


    いまは祖父母はもういないけれど、祖父母もこんな風に笑いながら泣きながら、”普通に”暮らしていたのかな、その積み重ねの先に自分がいるのだな、そう思うと静かに涙が出ました。


    そして、いろんな人の右手のことを思った。
    何年何月何日の何時何分何秒に原爆が落とされ何人が亡くなった。

    時が経ちあの不条理な悲劇が数字で語られるようになっても、

    私たちはその時代に生きた一つ一つの右手がご飯を炊き、絵を描き、幼い子供の手を引いていたことを、忘れてはいけないのだと思う。

    そして私は、これからの人生をかけて、
    ”この世界の片隅で、普通に生きていく奇跡”を守りたいと思う。
    ももまま
    ももままの感想・レビュー
    2時間
    -
    まさに傑作です。
    細部にわたって描かれたリアリズム。
    宝石のような作品です。
    おいなり
    おいなりの感想・レビュー
    3時間
    4.5
    この世界の「当たり前」や「普通のこと」をもう一度見つめ直し、感謝ができる映画
    能年玲奈の底力を見た
    きんぴら
    きんぴらの感想・レビュー
    15時間
    4.8

    このレビューはネタバレを含みます

    最近のアニメは細かい部分まで緻密に描かれてるためかこの映画を観ようとは思いませんでしたが、映画好きの知人が絶賛しており、その知人に引きずられる形で観に行きましたが予想以上に面白くて泣いてしまいました。

    戦争の恐ろしさや意味の無さ等を学校で教えるのならば教師が言葉で語るよりこの映画を観せるのが一番だと思いました。

    先ほど泣いたと述べましたが一番泣けたシーンは原爆により親を亡くした子どもが親と同じように爆弾によって右手を失ったすずを見つけ母親だと思い寄り添ってる姿を見てボロボロ泣いてしまいました(娘を失ったお姉さんがその子を世話しているのにも泣けた)

    この映画は戦時中の食事や当時の人々の暮らし等がリアルに描かれており、家族愛の良さに気付かされるいい作品でした。
    おかしな文章になってしまいましたが最後まで読んでいただきありがとうございました。
    NaO
    NaOの感想・レビュー
    17時間
    5.0
    一応スコアを・・・
    簡単には感想が書けない。
    3世として、本当に色々考えさせられる作品でした。
    KazukiHYKW
    KazukiHYKWの感想・レビュー
    1日
    2.5
    飛行機の中で見ました。

    のんがとてもハマっていたのと、戦争の切なさと、悲しさと、日常が描かれていた。

    別の環境で見ていればもっと高評価だったかも、、。
    瑠衣
    瑠衣の感想・レビュー
    1日
    4.2
    戦争が、どこで起きているかわからない非日常なものから、自分の身のまわりで起きている日常に変わる瞬間の描写がとても印象的だった。
    koko
    kokoの感想・レビュー
    1日
    -
    点数つけられない作品
    picaro
    picaroの感想・レビュー
    2日
    3.5
    往路飛行機4本目

    あまちゃんでもそうだったけど、日付が出て、日付だからまぁ一種のカウントアップなんだけれども、それは同時に“ある日”に向かうカウントダウンでもあるってのがしんどい。

    日本の反戦作品もアニメもほとんど観ないせいか、この映画の何が特別なのかちょっとわからず。
    なので普通に「戦争つらかったね」みたいな感想になってしまう…。
    >|