この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

4.3

あらすじ

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が…

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

この作品の素晴らしさについては、多くの方がすでに書かれてると思うので、個人的に感じたことを書き残したいと思う。



”あなたのおばあちゃんが初めておじいちゃんにあった時、お嫁に行く人はどんな人かと思って緊張してたら、「ご飯でも食べようか」って。
一緒に食べに行こうとしたら「俺はあそこで食べて来るから、あなたもどこかで食べてくれば」って。「こんな人の嫁になるの?!」って思ったって、笑ってたよ”

この作品を見ながら思い出した、昔母親から聞いた笑い話。
おじいちゃんは変な人だ。そして私もやっぱり少し変な人だ。


いまは祖父母はもういないけれど、祖父母もこんな風に笑いながら泣きながら、”普通に”暮らしていたのかな、その積み重ねの先に自分がいるのだな、そう思うと静かに涙が出ました。


そして、いろんな人の右手のことを思った。
何年何月何日の何時何分何秒に原爆が落とされ何人が亡くなった。

時が経ちあの不条理な悲劇が数字で語られるようになっても、

私たちはその時代に生きた一つ一つの右手がご飯を炊き、絵を描き、幼い子供の手を引いていたことを、忘れてはいけないのだと思う。

そして私は、これからの人生をかけて、
”この世界の片隅で、普通に生きていく奇跡”を守りたいと思う。
佐藤

佐藤の感想・評価

5.0
吹っ飛び後のメンヘラ化ワロタwwwww
なかなか大きな映画館では上映しておらず、たまたま誘われて映画を見に行くことになりました。
まず絵が苦手だったので少し遠慮ぎみでしたが、見てみると不思議とすぐに入り込めました。
戦争を知っている人なら、見て損はしません。
戦争、空襲の話は代々受け継いでいかなきゃダメですね。忘れてはいけない過去です。
ヒトの一生には幸せがそこらかしこに隠れている。でも儚いもので気がつくと一瞬にして消えてしまっている。
居なくなってしまったものを想いながら、ヒトはあしたを日々つくっていく。

のんの声とコトリンゴの歌が素敵にマッチしている。観てすぐに、面白かった‼︎、と思ったわけじゃないのに、また観たいとジワジワ思わせてくれる作品。

小さい子が観ると、原爆のシーンで一気に「怖い」という印象になってしまうかもしれないけど、大人にとっては戦争が終わってまた一から生活を立て直していく彼らの強さに心打たれる作品だと思う。
平成28年(2016年)11月28日(月)
於:八丁座 壱・弐

平成29年(2017年)8月21日(月)
於:八丁座 壱・弐

*やっぱりこの映画はいいです✨
Mushy

Mushyの感想・評価

4.5
とても良い映画でした
Hiro

Hiroの感想・評価

4.2
母に勧められて鑑賞。観てよかった。

"普通"でいられることが難しかったんだろう時代にすずはどこまでも平凡で、可愛らしくて、素敵な女性だった。すずの笑顔とのんの声でほのぼのする。
あと、周作さんが終始包容力に満ちてて、たまに可愛くて、とっても魅力的!細谷さんの声と演技はやっぱりすきだなあ。
フォークルの名曲をカバーし主題歌に選曲。日常の中の戦争。
平凡な生活の中で起こる出来事だから、辛さがより身近に感じられた気がした。
のんの声が良いと話に聞いたけど、ほんとに良かった!
漫画もいいけど映像もいいです。
>|