この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

4.2

あらすじ

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が…

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

この作品の素晴らしさについては、多くの方がすでに書かれてると思うので、個人的に感じたことを書き残したいと思う。



”あなたのおばあちゃんが初めておじいちゃんにあった時、お嫁に行く人はどんな人かと思って緊張してたら、「ご飯でも食べようか」って。
一緒に食べに行こうとしたら「俺はあそこで食べて来るから、あなたもどこかで食べてくれば」って。「こんな人の嫁になるの?!」って思ったって、笑ってたよ”

この作品を見ながら思い出した、昔母親から聞いた笑い話。
おじいちゃんは変な人だ。そして私もやっぱり少し変な人だ。


いまは祖父母はもういないけれど、祖父母もこんな風に笑いながら泣きながら、”普通に”暮らしていたのかな、その積み重ねの先に自分がいるのだな、そう思うと静かに涙が出ました。


そして、いろんな人の右手のことを思った。
何年何月何日の何時何分何秒に原爆が落とされ何人が亡くなった。

時が経ちあの不条理な悲劇が数字で語られるようになっても、

私たちはその時代に生きた一つ一つの右手がご飯を炊き、絵を描き、幼い子供の手を引いていたことを、忘れてはいけないのだと思う。

そして私は、これからの人生をかけて、
”この世界の片隅で、普通に生きていく奇跡”を守りたいと思う。
aya

ayaの感想・評価

4.3
記録
「戦争」という状況下でも、日々を明るく笑って過ごしていくすずさん。戦争系の映画って、火や弾薬やが飛び交ってる絵しかないイメージだったけど、この映画は戦争系にしては新しいなぁと感じた。
ひろみ

ひろみの感想・評価

4.5
何度観てもいい
nam

namの感想・評価

3.8
記録用
yuka

yukaの感想・評価

4.0
クリスマスイブにひとりで観て思い出しては泣いた記憶、、すずさんの事大好きになるしのんちゃんの声も良かった。
見た後の衝撃が忘れられない
きん

きんの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

全く知らずにみました。こんな
力強いとは知りませんでした。
すみませんでした。
>|