この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

4.2

あらすじ

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が…

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

4.6
数年ぶりに家族と観にいきました
戦争は悪だよ駄目なんだよ、という押し付けがましさが全くなくてよかった。日常に当たり前のように戦争があった事実がとても残酷だと思った。


(2回目 2017/9/29)
イオンシネマ シアタス調布
グランドオープン初日初回グランシアター

1回目観た時よりも深く心に突き刺さりました。すずさんが愛しくてたまらない。
たけ

たけの感想・評価

4.0
映像表現が素晴らしい。一人の少女の目に映った、当時の様子がいきいきと描かれている
ぽこ

ぽこの感想・評価

-
主人公の人柄にきゅんとなった。
もりり

もりりの感想・評価

4.0
のん、声優もいいじゃん!

戦時中も日常を生き抜く
民間人にスポットを当てた作品。
暗すぎず、戦争映画の
考えさせられるものもあり
よかった。
ながゆ

ながゆの感想・評価

5.0
映画館で見て、ものすごく泣いてしまって、帰りの電車でも景色を見ながらすずさんのこと考えて涙ぐんで、こんなに泣いた映画はないかな。

でも、「泣ける映画」で片付けたくない。

すずさんにとっては、縁談の話も戦争も、「嫌かどうかもわからん」もので。
自分の遠くにあるような、どこか他人事のような。でもその世界にいる自分、みたいな。
あー、違うかな。
すずさんだけじゃなくその時代に暮らすほとんどの人がそうだったのかな。

波のうさぎの絵、好きだったよ。
DaichiInto

DaichiIntoの感想・評価

4.0
広島は呉に嫁に行った、のん演じる少女や周りの人達の生活を戦争のすぐ側での日常を描いた映画。日に日に増す空襲の恐怖や時代の葛藤とか感じた。「のん」の声と「コトリンゴ」の歌の相性というか胸にスウっと入ってくる。いい映画でした。
おもしろいけどつらい
まりあ

まりあの感想・評価

2.8
最初みたときはじーんとしたけど2日後には内容思い出せなかった
Kentaro

Kentaroの感想・評価

2.3
ドロドロのシーンやばかった。
>|