この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.2

あらすじ

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が…

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

4.6
数年ぶりに家族と観にいきました
戦争は悪だよ駄目なんだよ、という押し付けがましさが全くなくてよかった。日常に当たり前のように戦争があった事実がとても残酷だと思った。


(2回目 2017/9/29)
イオンシネマ シアタス調布
グランドオープン初日初回グランシアター

1回目観た時よりも深く心に突き刺さりました。すずさんが愛しくてたまらない。上映後の拍手に満たされた。
まゆ

まゆの感想・評価

4.0
どう言葉にしていいか分からない…
でも、この世界の片隅にこんな素晴らしい映画を見つけることが出来てとても良かったです🐊
coro

coroの感想・評価

-
徹底して戦争という名の暴力を撮り続けた黒木和雄監督の戦争レクイエム3部作を、改めてアニメーションで見ているかのよう。
主人公は想像力豊かで絵を描くことが好きな女の子。ありふれた景色も彼女の手にかかればたちまち魅力を帯びてくる。その想像力で描かれる、言葉では言い表すことの出来ない世界がこの映画の魅力。
一見拙さを感じる声優さんの声も、世間知らずで未熟な少女のイノセントな魅力を上手く表現しているように思う。







(これが必要のないくらいに時代遅れな)
以下ネタバレ

やがて平穏な日常も、のどかな街の風景も破壊されていく。それまで愛おしく思えていたものや癒されていたものたちは姿を消し、そこに隠された複雑な感情だけが絵の中の絵を通して透けて見えてくる。心が痛い。

このままずっと続いて欲しいなと思う生まれ変わった笑顔も、目には見えないキノコに支配され身体の中をぐるぐる雲が巡る。


おしえてください
この世に生きとし生けるものの
すべての生命に限りがあるのならば

海は死にますか 山は死にますか
春は死にますか 秋は死にますか
愛は死にますか 心は死にますか

私の大切な故郷もみんな
逝ってしまいますか

(防人の詩)
YokoYamada

YokoYamadaの感想・評価

4.0
鑑賞年月日不明。人間ってどうしても痛みを忘れてしまうから、こういった作品を通じて戦争の悲しさを再確認しなくてはいけないと思う。この映画を作ってくれたことに感謝。
なおみ

なおみの感想・評価

4.7
飛行機内で鑑賞。
とても優しいタッチで描かれた世界に引き込まれ、痛々しく見ていられないような怒りや悲しみが伝わってきました。

のんさんの声もあっていてよかったです。
コトリンゴの歌声も沁みました。
mikioart

mikioartの感想・評価

3.5
のんさんの演技が素晴らしかった。
先月有料チャンネルで放送されてたのを録画してたけど、ドラマが終わってからと思いやっと観れました。ドラマとは内容、セリフもほぼほぼ変わらなかったけど、どっちも面白かったです。
koto

kotoの感想・評価

5.0
当たり前だからこそ後半部分はえもいえぬ辛さがずっとあった、
原作が漫画だって事を知らずに観たので観終わってから、原作も買って読んでたら作者さんのインタビューがある事を知って見たらすずさんが右手を失った場面から作者自身も右手を使わずに最終回まで左手で背景を書き続けたと知ってふるえた。
良い作品です、是非漫画もどうぞ
シンプルに心があったまる。
TaRo

TaRoの感想・評価

4.3
戦争 について
日常とはかけ離れた別世界
非日常で起きたことだ
と どこかで思ってしまっていた自分に気付いた

本当はごくごくありふれた 日常 の中で
戦争は起きていた

おじいちゃん・おばあちゃん達がまだ若かった
たった70数年前の日常で

戦時中の暮らしを知ることで
戦争というものの重さをずしりと感じた

戦争を知らない世代に
しっかりと受け継いでいってもらいたい名作
>|