この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

4.3

あらすじ

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が…

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

4.3
数年ぶりに家族と観にいきました
戦争は悪だよ駄目なんだよ、という押し付けがましさが全くなくてよかった。日常に当たり前のように戦争があった事実がとても残酷だと思った。


(2回目 2017/9/29)
イオンシネマ シアタス調布
グランドオープン初日初回グランシアター

1回目観た時よりも深く心に突き刺さりました。すずさんが愛しくてたまらない。
親子丼

親子丼の感想・評価

4.2
話自体は悲しいけどすずさんの可愛らしさで全体的にほっこりした。
蛍の墓などとはまた違った視点で戦争が描かれている。
空襲が日常的に行われている描写から、自分に与えられている「当たり前」を大切にしなきゃなと思った
この映画の良さをうまく言葉にできない…
「当たり前のように空襲がある生活」がリアルに伝わってきた。
とても良い映画だし、日本人みんなに観て欲しいと思う映画だった。
でも、2回目は観られない。
gane

ganeの感想・評価

3.9
戦中の広島を描いた作品なので、どうしても悲しいお話になってしまう。
主人公のキャラクターがホッコリ系なので多少和らいではいる。
が、やはり戦争の題材は、やや苦手だ。。

戦争の無い世の中に生まれてこられた事、こうして不自由の無い毎日が過ごせている事だけでも、相当な幸せなんだよなあと再認識させられる。
公開までの経緯もまた泣かせてくれるものがある。凄くいい。
mikuko

mikukoの感想・評価

4.3
漫画は既読だったのに、映画はなかなか観れなかった。
伝える、ということに対して、労を厭わない、とっても真摯な態度を感じた。
せいけ

せいけの感想・評価

4.7
何年経っても語り継がれるような名作だと思い
普通に当たり前に過ごせるありがたさや素晴らしさ
終盤重たく感じるシーンは多かったけどそれでも前向きさやたくましさも感じられた
映像もきれいでのんの声もすごくすずの雰囲気にマッチしていた
なぎさ

なぎさの感想・評価

4.3
やっと鑑賞!!
とても良き映画でした
能年ちゃんの声はいい意味で独特なのでアニメーションから浮かないかなと思っていましたが観始めてすぐ能年ちゃんを忘れるくらいマッチングしてました!

日数を重ねて8月6日に近づくにつれてハラハラ、、
すずさんの周りと戦争下の差が大きくて時々くるシーンに殴られるような気持ち。。
すずさんと周作さんの関係がとても素敵でした!!
みづき

みづきの感想・評価

4.1
くぅ〜〜ってなった!
能年玲奈の声が丁度よすぎた!
すずさんがほんわか〜っとした
雰囲気だからパッと見ほんわかした
映画かと思いきや起こってることは
残酷だからなんとも言えん気持ち💭
ぼーっとしたうちのまま死にたかった
だっけな?そのセリフが印象に残った〜
「この世界の片隅に」今更ながら観たんだけど私には全然しっくりこなかった……
私達と同じ普通の人が〜って感想をよくきいていたからかも知れないけど、台詞の中にも『普通で、まともで』いて欲しいとか、よかったとかって言葉が繰り返されるんだけど、それをいわれてる主人公はいっぱいいっぱいでおかしくなりそうで自分を保つのに必死で、変わってしまった自分と向き合って嘆いてる
それなのにそんな中でも『普通で、まともで』いつづけた、ってそんな言葉で纏められてる。彼女の異常さには目をつぶって、普通の人のたまたまのバグみたいに言われてる

私は普通に学校で皆と仲良くするのが無理な子供だったから、いつも自分の異常さと向き合い続けてここまで来て、それもひっくるめて「普通でよくある事」ってのは今となっては百も承知で、でもそれは隣の青い芝を指咥えて睨みつけながら辛うじて生きてた当時の私にとってはその異常さが希望だったりしてた。だからこそ、異常さを認めずに普通でなくちゃならないと言われてるようなこの世界に、それを「ちょっと抜けている」主人公にまかせきりなこの世界に居心地の悪さを感じてしまった。
>|