この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.2

あらすじ

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が…

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

4.6
数年ぶりに家族と観にいきました
戦争は悪だよ駄目なんだよ、という押し付けがましさが全くなくてよかった。日常に当たり前のように戦争があった事実がとても残酷だと思った。


(2回目 2017/9/29)
イオンシネマ シアタス調布
グランドオープン初日初回グランシアター

1回目観た時よりも深く心に突き刺さりました。すずさんが愛しくてたまらない。上映後の拍手に満たされた。
Mizuki

Mizukiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

うさぎの波の彼の不器用な優しさとか、椿の花1つ入れとくロマンチックなところとかきゅんとしたわ
主人公の語り口が心地良い。
一点気になったけど妻を性処理に差し出す旦那はあれで子供出来たら育てる気なの。
お人好し超えて馬鹿かと思ったわ。
um

umの感想・評価

4.5
平和ボケして、戦争はどこか他人事みたいな感覚だったので観て良かった。
戦時中でも幸せを感じられる日常もあって、物が無いなりの知恵や心の豊かさが素晴らしいと思った。
2018025

涙と鳥肌が止まらない、戦争の時代も今も、さほど変わらないんじゃないかとさえ思えてしまうほどの生活。それが怖い。全員抱きしめたい
ざわわ

ざわわの感想・評価

4.2
素晴らしい映画だった。

朗らかで鈍臭く、ありきたりな女の子が戦争を通して変わっていく様が丁寧に描かれている。戦争映画ではあるが雰囲気は終始可愛らしくて柔らかい。戦争映画では辛く貧しく悲しい部分ばかりが取り沙汰されるが、確かにこれが戦争の中の「日常」なのだと思う。戦時中でも、人は笑うのだ。

右腕、家族、どんな人生の選択肢を失ったって、生き抜かなければならない日常は続くし、あっけなく戦争は終わる。大切なものを失った理由を求めても、誰も答えてはくれない。身を切られるような空虚感が伝わってきた。

実写では無くアニメ映画であることを最大限利用したような、「絵」の使い方が素晴らしい。

朗らかで鈍臭く、ありきたりな私のままであることは、どうしてこんなに難しいんだろう。嘆いても絶望しても終わらない日常に、この世界の片隅で、せめて小さな笑顔を失わずに生きていく。
丁寧に描かれた町並みや景色と、素朴な人物。すず役のキャラクターとのんちゃんの声がピッタリ。
可愛らしく、おっとりしていて、戦争という時代を生き抜いていけるのかと思うほど。
戦争という暗く辛い時代にすずはたくましく生きていく。
食べる物が少なくなっても、身近な人がいなくなっても、明日は必ずやってくる。
この映画にはクスッと笑えるシーンが所々出てくる。決して絶望だけではない、その中でも人々は笑い、日々の暮らしを淡々と生きてきたのだ。
戦争映画の中でも新たな違う映画として、大勢の人達に観て欲しい。
ドラマになるので、こちらも楽しみだ。
栞

栞の感想・評価

5.0
のん の演技がとてもとても良い!事務所のしがらみなどで広く活躍し難い状況なのが本当に悔やまれます。この現状をどうにかしないと、何年か後には日本の映画界の黒歴史として扱われるだろうと思います。

まず心に残ったのは、戦時中でも人は笑う という事です。例えどんな苦しい状況でも、確かにこの人達は笑うのでした。こうした笑顔の描写は、個人的に作中よく目立ちましたし、それによって、そうだよね戦時中だからって四六時中俯いているわけないよね という、増してリアルが添えられて、私の見てきた戦争映画とは一線を画す「彩り」を与えていたように感じます。そうです、この映画は「戦争」、殊に「原爆」を扱うものでありながら、彩りが豊かなのです。健気に、強く、しかし朗らかに生きる呉の人々には、お淑やかな華がありました。

そしてもう一点、この映画で原爆の直接的な描写は結局無いのか…な?と思うか思わないかのタイミングで、彼女が現れます。ただの記号として原爆を扱うのではなく、しっかりと、それに伴う責任を果たすように、悲惨を描写していました。辛く遣る瀬無い気持ちにはなりますが、よくその話を付け足してくれた、と感銘を受けました。

すず達と同じ時代を呉に生きた人々に、この作画(原作の方だったかもしれません)を見せる映像がテレビで放送されていましたが、その 今は無い街並み の再現度に感激している様子だったことをよく覚えています。原爆で遥か遠くに失われてしまった街並みを、多くのリサーチを経て復元させたということでしょう。『この世界の片隅に』は、こうした細部まで徹底して描かれた、歴史の結晶とも思える映画です。映画では絶対に泣かないことで気取っていましたが何度も涙腺を刺激されました。もちろんですが文句無しの星5です。『この世界の片隅に』がこの先ずっと観られ続けていく映画だろうと確信しましたし、ただただそうなることを願うばかりです。
bandovi

bandoviの感想・評価

4.6
丁寧に丁寧に、すずの日常が、半生が描かれる。

だからこそ、それが崩壊していく様が胸にくる。
そういうことかと思っていたけど、戦争があろうとなかろうと、ずっと日常は続いていくのだ。

大切なものを失っても、笑って生きていい。
何もかもなくなっても、大切なものはまだ残っている。

生きていくのは大変だけれど絶望する必要はない。

また観る映画になると思う。
ぎゅっとつらくなったけど、強く生きようと思った
>|