この世界の片隅にの作品情報・感想・評価・動画配信

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.2

あらすじ

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

kik

kikの感想・評価

4.3
能年玲奈ちゃんの声が
可愛らしくて
優しくて
聴き心地がとてもよかった!

戦争が終わった日、
お母さんがお米を食べましょう
と言う

でも全部食べてしまってはだめよ
明日も明後日もあるのだから

笑顔で描かれているシーンだけど
当たり前のことが
1番大変で大切なことだと
感じさせられた
趣味でも仕事でも、絵を描いている人が見ると辛いと思います。
凄い作品です。
はやし

はやしの感想・評価

4.0
悲しい気持ちになるけど、好き
藻

藻の感想・評価

4.5
何も言葉が出ない。
【ぼーっとしたまま、何も考えないまま死にたかった】

爆泣してしんどい、前半と後半のすずの表情がもう、戦争は人を物理的にも精神的にも殺していく

戦時中の主人公すずの人生をまさに絵画みたいにゆったりと描いていく中で、いろんな事を考えた

大好きな家族の死に目を見れなかったり、目の前にいる死体が自分の大切な人だと気付けなかったり、隣にいる人の命が一瞬で奪い取られていったり、自分の一部を失ったり、こういうのが脚色うんぬんでなくリアルで起きていた時代だったんだよね

自分の住む街に爆弾が落ちていくのを見て「ああ今ここに絵の具があれば、この光景を描き留められるのに」と思うくらいには非日常が目の前に広がってる、その中で生き延びてきた人って色んなものを失っていろんなものを学んでいろんなものを得てきたんだよなって思って、最後涙出た

すずは自分の大切なものをたくさん失って、見たくないものをたくさん見て、信じたくないようなことに直面して、でも自分の守りたいものをちゃんと見つけて、自分を守ってくれる人に出会えたから前向いて笑ってた。私もそういう生き方しなきゃだめだな。今ある普通に感謝して生活したいな。優しくしぶとく生きていきたい

周作さん、男前すぎてずっとドキドキしてた。素敵な人だなぁ
あー

あーの感想・評価

4.8
この世界の片隅にいたすずさんを
クラウドファンディングで映像化
させた心意気。ありがとう。

おかげさまで、すずさんに会えました。

触りを漫画で。後半は映像で。
と中途半端に観ていたので、
改めてちゃんと観ました。

漫画の中でゆったり流れていた時間は、
映像になってもそのままで。

心地良く、優しく。
すずさんが描いてた美しい絵のように
すずさん自身も周りの人達も色づいていた。

上手く表現出来ないが、
このゆったりした時間間隔を
自然に出せる。
って日本ならではでないかと思う。
見えない空気まで感じられるような
ゆったりした流れ。

すずさん自体のたおやかさも、
とても魅力的。

わたしの祖母は長崎でしたが、
戦争の話は直接聞いた事がありません。
小学校低学年の頃、帰省した時に、
せっかく来たなら。と親戚達と
原爆資料館に行きました。

入り口から観た写真やら何やらが
怖くてずっと下を向いて歩いてました。
今、思い返しても記憶にあるのは
焼け焦げたレンガと、どなたかの
お手紙だけ。なのですが、子供心に
戦争=恐怖と位置づけられて、
お恥ずかしながら子供の頃に観た
戦争映画は1つもありません。

観終わって凄く思ったのが、
この映画を子供の頃に観てたら、
もっと戦争に対しての見方や興味も
変わったかもしれないな。という事。

ただ恐怖や怖さを伝えるだけでなく、
すずさんの日常を観ながら、あの時代
あんなに穏やかに暮らしていた日々が、
戦争によって奪われ、それでも。
どんな時でも懸命に生きようと、
大切な居場所を見つけ、見つけてもらい。
周りの人達と共に歩もうと前を向こうと
勇気づけられる映画。

怖いから戦争駄目。
悲惨だから戦争駄目。

ではなく、日常の人々の健気な暮らし。
は簡単に奪っていいものではないんだよ。
じゃあどうしていこうか。

なんて聞いたら、きっと凄いアイデアが
柔軟な子供達からいっぱい出てくるかもね。

今年の夏で戦後75年目。
大人が観る為の戦争映画。だけで、
未来の平和は足りるのだろうか。
『はだしのゲン』や『黒い雨』が戦争との出逢いだった者からすると、色んなものが知らない間に変わってしまったことに、少し怖さを感じている。すずさんたちの小さな生活が、なんだか知らない間に変わってしまったみたいに。
えだ

えだの感想・評価

-
静かな幸せが綺麗だった。
高橋

高橋の感想・評価

4.0
ぼーっとしたまま、何も考えないまま死にたかった、という主人公の言葉が刺さった。
どんなに辛い事があっても頑張って行こう!!
>|