この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.2

あらすじ

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が…

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

南国

南国の感想・評価

4.1
前評判が良かったので見てみましたが、期待通りの作品でした。

戦争映画(アニメ)は重苦しいものというイメージがあり、辛い気持ちになることが多くありましたが、この映画はわりと明るい雰囲気でした。ただ、明るいのは雰囲気だけで、戦争の悲惨さ、何もかもを奪ってしまう感じ、戦時中の庶民の暮らしはしっかりと描いていました。

自分を含め、戦争を歴史の教科書でしか知らない若者たちは一度見ておいた方が良いと思います。

どんなことがあっても、強く生きよう。そう思える作品でした。

このレビューはネタバレを含みます

のんとすずの雰囲気の合致、のんびりした主人公からこそ展開できる、普通の家族の普通の生活における戦争。

「この世界の片隅で、わたしを見つけて下すってありがとうございます。。」とにかく周平さんかっこいいな、、

はるみちゃんが亡くなってしまったのは偶然、すずは悪くない、、
お姉さんは、今まで自分の人生を自分で決めてきたはずなのに、結果としては不可抗力で全部うまく行かなかった。
逆にすずは全部言いなりのまま生きてきたように見えるけれど、それはそれですずらしく楽しんで生きている。
私はどちらかと言えばお姉さんの生き方に近い(うまくいく、いかないは度外視して)。その点、すごく考えさせられた。

ただの戦争映画ではなく、古き良き時代の片鱗が垣間見える作品で、ロマンを感じました。そこがとても好き。

アニメ映画には付き物であるごはんシーン、特に作っているシーンはワクワクしたな~

良作だという多くの意見を見つつも、今ひとつこれ見ようと乗り気にならずにここまできた作品。。松本穂香さんに惹かれ、実写化テレビ放映をちらと見て、思い切ってこちらも鑑賞。

心に残る作品、という印象。
まな

まなの感想・評価

4.1
ドラマの1.2話を見て気になって見てみたら涙が止まらなかった。
中盤の展開が見てて辛かった。戦争が終わった時のスズを見ると心がギュッとなった。戦争の中で辛いことも沢山あるけど笑顔を忘れず明るく強く生きようとしている姿が綺麗に描かれていた。この映画を見て小さな事などにも感謝を忘れずに生きようと思いました。
Kenta

Kentaの感想・評価

4.5
爆心地から離れた話は被爆者の方からの話を聞いたことがあっただけで、映像化されたものは見たことなかった。
後悔があっても、負けても、前に進まないといけない。
ジブリかなおもて見たらジブリちゃうかったみたい。でもうるっときた
能年玲奈が声やってるとこも良かった
コトリンゴのエンディングの曲良かった
原作読んでた
優しい世界
そして辛い世界
つらい日常
Shogo

Shogoの感想・評価

4.4
戦時中の話だけど、ひたすら暗く辛い生活を描いてるのではなく、どの時代にもある普通の日常を描いていて、笑えるところもある。戦争に翻弄されながらも力強く普通の暮らしのために生きている。戦争時中だから普通の暮らしの素晴らしさがより輝いてる。画も素晴らしく、表現方法もなかなか新鮮。美しい秀作。
an

anの感想・評価

4.5
最後は凄く心が温かい気持ちになりました。

久しぶりに映画を観て泣いた。
かすみ

かすみの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

平成も終わりかけ、戦争を体験した人は身近にはいない。当たり前に訪れる人の死すら今の子どもにとってはもう、未知のものになってしまってるんだろうねと、『夏の庭』を読んだ後、先生と話した。今にも腐ってしまいそうな脳みそでぼんやりとふけって、そんなに遠くない会話をふと思い出した。戦争ものがどう描かれれば、戦争体験者の批判を買わず、「戦争って【やっぱり】良くない」という感情にならず、きちんと人の心に残り続けるのか。その答えを今日見てしまった気がした。全体的に牧歌的に描かれている作品世界の中に刻一刻と迫って来る、視聴者だけが知っている末路。場面ごとに表示される日付がまだあの年の8月じゃないことに何度胸をなでおろしたか。一枚一枚の絵に散りばめられた細やかな仕掛け全てに気付くまで、私は何回もこの映画を見続けるだろう。人の人生に侵食してくる戦争をただ描くことだけ、と言っていた先生の言葉の意味が何となくわかった気になってしまっているのは、暑さで脳みそがもう腐ってしまったからなんだと思う。
有美子

有美子の感想・評価

5.0
みんなが笑って暮らせたらそれだけで良い
>|