この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

4.2

あらすじ

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が…

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

南国

南国の感想・評価

4.1
前評判が良かったので見てみましたが、期待通りの作品でした。

戦争映画(アニメ)は重苦しいものというイメージがあり、辛い気持ちになることが多くありましたが、この映画はわりと明るい雰囲気でした。ただ、明るいのは雰囲気だけで、戦争の悲惨さ、何もかもを奪ってしまう感じ、戦時中の庶民の暮らしはしっかりと描いていました。

自分を含め、戦争を歴史の教科書でしか知らない若者たちは一度見ておいた方が良いと思います。

どんなことがあっても、強く生きよう。そう思える作品でした。
班長

班長の感想・評価

4.0
能年玲奈の声合う〜
heroth

herothの感想・評価

4.2
やっぱり戦争をテーマにした物語を観るのは体力を使う。。
でも観るべき。ベタなコメントだけど観るべきです。
ぢん

ぢんの感想・評価

-
全国民に観ていただきたい
去年のベスト1
JUN

JUNの感想・評価

4.5
いつか戦争を経験した人が日本からいなくなり、広島や長崎で起こった事実が忘れ去られないよう、この作品のように後世に語り継いでいかなくてはならないと感じた。
原作にある設定が一部削られていて、ただの新婚夫婦と書かれているのがちょっと…そのほかは素晴らしい。あの衝撃的な出来事をどうするのかと思ったら、なるほど〜と思いました。
たけ

たけの感想・評価

4.0
原作にある遊郭の女と夫に関するエピソードが描かれていない。尺の都合だとは思うが、主人公が葛藤する大事な場面なので残念。
他は、忠実に描かれているので良かった。
クラウドファンディングで出資していると、エンドクレジットで名前出るので、出資していればよかった。
意味わかんないくらいないたな〜
最近見たアニメ映画で1位だ。
ほのぼの感でさえ戦争の禍々しい現実を柔和できないんだす
まめ

まめの感想・評価

3.5
人間味があふれてた
>|