この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.2

あらすじ

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

南国

南国の感想・評価

4.1
前評判が良かったので見てみましたが、期待通りの作品でした。

戦争映画(アニメ)は重苦しいものというイメージがあり、辛い気持ちになることが多くありましたが、この映画はわりと明るい雰囲気でした。ただ、明るいのは雰囲気だけで、戦争の悲惨さ、何もかもを奪ってしまう感じ、戦時中の庶民の暮らしはしっかりと描いていました。

自分を含め、戦争を歴史の教科書でしか知らない若者たちは一度見ておいた方が良いと思います。

どんなことがあっても、強く生きよう。そう思える作品でした。
かとう

かとうの感想・評価

5.0
映画館で大事な人と二回観た、個人的ベストオブ映画。映画ファンとして、そして広島で生まれ育った身として、この作品は未来永劫語り継いでいきたい。
公開延期になった新作も楽しみ。
最後の最後 思わず手を振ってしまった
のんさんが本当に素晴らしい
い

いの感想・評価

4.3
何でも使って使い続けるのが戦いっていうのが印象的だった
cana

canaの感想・評価

3.8
見る前は少しバカにしてたけど見たら感動。お勧めできる映画。
Rina

Rinaの感想・評価

2.6
生きることの大切さ。
ぴ

ぴの感想・評価

3.3
記録
比較作品で挙げられる「火垂るの墓」同様、戦争で振り回される日本国民たちの話でした。

絵柄は優しいのですが、内容はリアル。
ヒロインのすずさんもおっとり温厚なのですが、そんな女性だからこそ、戦争に振り回され心に傷をつけられる様が哀しかった。


とてもじゃないけど目を覆いたくなるシーンもあった。
それでもこの作品に救いがあったように、また温かいものに感じるのは、すずさんっていうヒロインの存在が大きいのかな。

すずさんの周囲の人たちと一緒に、すずさんに癒され、すずさんのおっとりドジっぷりにくすっと笑わされるんです。


いつもすずさんのように、日常に小さな幸せや楽しみを見つけられたら、誰しもが心穏やかに豊かに生きていけるのかも。

自分もそうだけど、
ちょっとしたことですぐ後ろ向きに捉えてもうダメだーって立ち止まったり、
上を見すぎて背伸びし過ぎて辛くなって、身近にあるほんのちょっとした幸せや人の思いを忘れがちな現代人。

こういった現代社会に疲れてる人たちに観て欲しい作品でした。

戦争もの、というよりも、
戦争を生き抜いた人たちの強さに着目して鑑賞しました。



ちなみに、
リンさんファンとしては、あの話が無かったことが一瞬気になりましたが、
それも盛り込んでいてはこの映画の軸がズレてしまっていたかもしれないので、
映画版「この世界の片隅に」はこれで完成されているなと思いました。

しかし続編でリンさんとの話があるそうで!
とても楽しみです。
>|