この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.2

あらすじ

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が…

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

松浦

松浦の感想・評価

4.3
あーなんだろ。不思議な映画でこの不思議な感覚。すごい悲しんだけど心温まる。あー本当になんだろかこの感覚は。

ただの戦争映画じゃない。悔しんだけど前を向いて歩いていく温かさは多分忘れてはいけない。久々に良い映画観た。

てか旦那さんもそのお姉さんもめちゃ良い人で泣ける。
81歳の伯母さんの家で今日、ドラマ「この世界の片隅に」の最終話をまた観たの

先週一緒に観たんだよ

でも毎週待ってたドラマ、終わってしまって

土曜日いつも観てたのにねって

「なんかわかんないとこあった気がするから確認しよ」って、また並んで観たの

ドラマ!良かったよね

実はね、映画も最高に良いんだよ!

あぁ!伝えたい!

そういえば前に映画版を薦めたときは「アニメは苦手だからね」ってやんわり断られたのよね

今ならハードル低くなってるかな?

ダメもと!言ってみよ!

もごもご


そしたらね…返事は上々~!!

よーし!借りてくるね!!

一緒に観よ!!
umeko

umekoの感想・評価

4.7
本当に良い作品だった。色々な思いが湧き上がってくるけれど、言葉にすればするほど陳腐なものになってしまう気がする。悲しいのに暖かくてやさしい気持ちになれる、ずっと残ってほしい映画。
ふじ汰

ふじ汰の感想・評価

4.5
やっと見た。
涼しい夜にしんみりと観たい映画。
戦争に染まってゆく日常と、人の生きる強さに、なんとも言えない感情が湧いてきた。
いくつもWW2に関する映画はあるけれど、この映画はほのぼのした絵柄とは裏腹に、ある程度忠実に当時の様子を表せているのではないかと思った。その絵柄と内容の描き方のギャップに驚いた。だけど、そこが観ている人たちに強い印象を与えると思って良いと思った。
YUKINA

YUKINAの感想・評価

4.2
小学生の時に原作を読んで感動したのを覚えている。

大正当時の生活が細かく描かれている。16歳で知らぬ土地に嫁ぎ生活の知恵を絞っていく。

周作さんはいつもすずのことを見つけて守ってくれる。

この世界の片隅に私を見つけてくれてありがとうって、最後の女の子にも言えることなんじゃないかな〜って気づいて泣いた。

全員素敵な人

後世に残していきたい作品。
なごみ

なごみの感想・評価

3.5
ほのぼののんびり系かと思ってた…。ほのぼののんびり進んでくのにじわじわといつのまにかウツ展開に…。上手い。悲しいような虚しいような何とも言えない気分になる映画。
>|