この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.2

あらすじ

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が…

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

chineri

chineriの感想・評価

4.3
内容は重い。戦争の辛いところだけでなく、リアルな生活が描かれている。ドラマ化しましたねー!どうなることやら
当たり前だけどいつの時代もみんな人間を生きてたんだなあと…
amount

amountの感想・評価

4.3
ほのぼのと進む話の中に、
強いメッセージがたくさんあるように感じた。
のんびりなすず。
だけど、とても強く、たくましくなっていく。
大切な人との出会いと悲しい別れも重ねながら。。。
乗り越えきれないような葛藤を抱えながら。
今ほどたくさんのことは選べなかったであろう時代に、幸せを見つけながら、覚悟を決めながら、生きていく姿は、勇気を与えてくれる気がした。
いつの時代も自分の人生を生きるって、きっと変わらないんだと思う。
火星人

火星人の感想・評価

3.4
んーー。おもい
RUDEboy

RUDEboyの感想・評価

5.0

http://kai-you.net/article/49066
この戸田真琴さんのブログを読んでからずっと見たかった作品

終始泣いてました。日本アニーション最高峰の映画です
じゅん

じゅんの感想・評価

4.5
すごく良かったです…
温かな当たり前の家庭にある日突然やってくる戦争
決して戦争は無慈悲なものであるこいう事だけじゃなくて、『戦争』がどれほど当たり前を一瞬にして崩していくかその悲惨さが描かれていた。
映画として作ってくれて本当に良かった作品。製作者方さん。支援をしてくださった方。ありがとうございます。
>|