この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.2

あらすじ

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が…

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

masa

masaの感想・評価

3.9
すごくほっこりする雰囲気だけど戦争の悲しい話。
平凡に平和な国に生きていることの幸せを思い知らされる。
人間って強いなぁ~って思う。
こなぴ

こなぴの感想・評価

3.4
能年玲奈ちゃんの声が辿々しさもあり、風景描写もリアルで忘れてはいけないものを再確認させられた感じ。
綾

綾の感想・評価

-
戦争映画ということは、結果がわかっているわけで。だからこそ普通に笑って暮らせるのは素晴らしいことなんだと感じられる。
近所の名画座で半年以上やってるのもうなづける。
ぞっふ

ぞっふの感想・評価

4.3
日常が時に静かに、時に激しく破壊されていく。
他人事や過去のことではないと痛感することこそをこの映画は求めていると思った。

2018年68本目
Tomi

Tomiの感想・評価

4.2
どこかで一度見たことある気がしてモヤモヤする
くろみ

くろみの感想・評価

2.8
途中で突き放された感。
あれ…全部確かに見てたのに…なんで、え、意味わかんないのかな…なんで。
ateko

atekoの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

片渕須直 監督

1944年、戦下の中で力強く生き抜く主人公すずの物語。

「この世界の片隅に」は先に漫画を読了済みだったのですが、漫画の雰囲気が見事に再現されていて、色彩や動き全てが想像した通りの素晴らしいものでした。その時代の生活、人々のその時代の常識、空襲が起こった日の時刻、細かに全てが再現してあって、監督の愛、戦争の時代というものへの敬意を感じました。色彩ひとつひとつにすらこだわりがある。
一人の女性の平凡(戦争下という時点で平凡ではないかもですが)な生活が描かれているのに、飽きることなく見られるし、その時代の生活がとても興味深い。原作の作品へのリスペクトに溢れた作品だと思います。とても良い映画です。
daiki091

daiki091の感想・評価

4.0
世界制覇願望
世界平和希望
広島弁が親近感
>|