この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

4.2

あらすじ

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が…

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

masa

masaの感想・評価

3.9
すごくほっこりする雰囲気だけど戦争の悲しい話。
平凡に平和な国に生きていることの幸せを思い知らされる。
人間って強いなぁ~って思う。
他人を理解しようとする心。
ミキ

ミキの感想・評価

4.0
なんとも言えず涙が出て仕方なかった。

コトリンゴの音楽も良かった…

戦時中でも日常ってのはあって生活はずっと続いてる、当たり前だけどそれがとてもリアルでした。
オリー

オリーの感想・評価

4.1
当時の人々がどう戦争と一緒に生きていたか追体験しているような映画だった。

生活の中に戦争があって死があって、家族団欒や食事があって…

むしろ戦争中ってこんなにのほほんとした空気が流れていたりしたの?

もっともっとすずたちのそれからを見ていたかったなぁ
あお

あおの感想・評価

-
主人公の声をのんがやってて、どうしてもその顔が思い出されてあれだった
見る人が見れば性格が表される声だなってなるのかもだけど、わたしはもう少し声優さんって感じの人にやってほしかったかな
内容は戦争の題材の映画として考えさせられる部分もありの、悪くなかったと思うたしか
くるり

くるりの感想・評価

4.7
ハウルがキムタクでなければ、堀越二郎が庵野秀明でなければいけないように、すずさんは能年玲奈以外が演じてはならなかったように思います
コトリンゴの「悲しくてやりきれない」が好きです
uco

ucoの感想・評価

4.0
地味にしんどい。泣いた
AoiYata

AoiYataの感想・評価

3.9
キャラクターがすごい好き
のほほーんとしたあの性格が本当にかわいい

けど身近に死を経験したことで自分を攻め
今までのキャラクターが崩れしまうところ

悪いのはすべて戦争なのに

懸命に生きる姿に涙してしまった
セロリ

セロリの感想・評価

4.8
自分でも説明のつかない涙が止まらなかった。とてもいい作品。出会えて本当に良かった。
>|