この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.2

あらすじ

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が…

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

masa

masaの感想・評価

3.9
すごくほっこりする雰囲気だけど戦争の悲しい話。
平凡に平和な国に生きていることの幸せを思い知らされる。
人間って強いなぁ~って思う。
たつし

たつしの感想・評価

4.0
戦争こっっっっっっっっっっわ
やっぱ原爆落としたのアメ公が悪いわ

能年玲奈は声優やめとけって開始10分くらい思ってたけど、最適でした
戦争みたいな場面と似合わない声だからこそ、いつ戦争が起こるかわからなくて余計怖かった
みさと

みさとの感想・評価

4.6
記録🖋
はる

はるの感想・評価

5.0
戦争が日常で、日常の中に垣間見える戦争。どんどんと戦争の影が濃くなっていく。どこか実感のない人びとの死。呉に嫁いできたすずが、そこに居場所があると感じられて良かった。
sumire

sumireの感想・評価

4.2
何でも使うて暮らし続けるのがうちらの戦いです

それぞれの戦いなんだ、生きるってことは。
優しい映像で、本当に本当に可愛らしいすず。たくさん出てくる目を細めて猫背になるシーンが愛しくて!「ありゃ〜。」
いつ自分も被災するかわからないような今の日本で、強く、しかしすずのように柔らかな感性も持っていたい。
隣で見ていたかたが異様に絶賛するので少し引いてしまったが雰囲気は好き
能年玲奈だった。
被せ気味のテンポが飽きさせないのか、すずさんのテンポが飽きさせないのか。
強さと弱さの本音が交錯してて思考が止まりかける、ロングヒットしたのも納得の誰しもが観た方が良い映画だった。
すずが左手でこの先も絵を描けるといいなと思った
自分の息子の焼死体とは気付かず噂話をしていたお母さんに胸が締め付けられた
>|