この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.2

あらすじ

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

masa

masaの感想・評価

3.9
すごくほっこりする雰囲気だけど戦争の悲しい話。
平凡に平和な国に生きていることの幸せを思い知らされる。
人間って強いなぁ~って思う。
Walter

Walterの感想・評価

4.5
アニメ絵の雰囲気とは違って悲惨で残酷なシーンも多く戦時中の困難な状況を現実的に描いていて印象に残る場面も事も多い。優しいタッチの背景、声優も作品にマッチしていて純粋な主人公と家族たちの生活は人の温かさが伝わって来る素晴らしい作品
Masumi

Masumiの感想・評価

4.2
登場人物が皆素敵な人ばかり。なので、余計に切ない涙
ほんわかした優しい絵なのにすごく現実味があり人間味があって痛々しい描写も実に見事。一人一人が懸命に生きる姿、時代に押しつぶされず自分達は生きる事で戦争に勝つんだ。と命を投げ出さない姿にグッときました。


すずさん。あんた偉いよ。他人に敷かれたレールを生きる事も早々出来ないよ。

すずさんと周作さん二人とも童顔なのに急に男と女になる瞬間がたまらなく愛おしかった。防空壕でのキス。ありゃ照れますわ見てるこっちがw

所々アイデアが絵のタッチと合っていてすごく魅入ってしまいました。すずさん視点で見る空は私とは全然違っていて、絵を描くことが好きでたまらなく好きで、だからこそ後半は胸が痛かった。

変に発狂しないで「最近晴美さんと繋いだ右手...1年前リンさんに絵を描いた右手...周作さんの寝顔を描いた右手...」とじわじわ押し寄せてくる怒りや哀しみの描写がホントに見てられなかった。

今更になって鑑賞しましたが戦争というテーマはいつまでも色褪せてはいけないと思うし、いつ見たってこの映画で言うところのすずさんに感情移入してしまえば戦争が無ければもっともっと違う人生だったろうにと憤りがこみ上げてくること必至です。前半の家族についての物語から後半の戦争に無理やり巻き込まれていく家族という流れが戦争の迷惑極まりないくだらなさを痛感します。

火垂るの墓もそうですが。戦争映画で1番要らないのって戦争なんですよね。
natsumiya

natsumiyaの感想・評価

4.0
日常の中に非日常のイベントが少しずつ少しずつ増えていって、気づいた時にはものすごく大変な事になっていたという感じかしら
次に何かあるときもこんな感じかしら
蓮喰

蓮喰の感想・評価

4.6
もう本当に泣いた どうせ感動の押し売りやろとか思ってすんませんでした 本当にしんどかった 良い作品です
さや

さやの感想・評価

3.5
ドラマ見てから見たから
サーーーって展開が流れる感じがなあ、、って思った
汗汗ってときの顔が全員おんなじでわらった
戦争で嘆き悲しむのではなく、どうやって明るく生きていくか。を題材とした映画。
途中で現実を叩きつけられるシーンは多々あるけど、どんな状況でも明るくいる事がどれだけ大切かを、教えてくれる。
>|