この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.2

あらすじ

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が…

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

家族と笑っていられる時間の愛おしさに気付いて、もっと面白いことをしなければと思いました。辛い場面もあるけれど、それを乗り越えようと生きる人たちの姿は、美しく、勇気づけられる。
ほんとに、いい映画だった。これは、年に一回以上は、観返したほうがいいね。
自分の居場所がない人なんていない。ありのままで、いたい所にいたらいい。

すずの内面、すごくすきになった。
droj

drojの感想・評価

4.5
日常に寄り添って戦時下を描くストーリーで少し早めなテンポも見やすく、いかに戦争が一般市民に影響を与えていくのかじわじわと感じられたのが良かった。
全体的に朝ドラを彷彿とさせる雰囲気で、すずさん含めた登場人物が皆愛らしくて好きです。
好みは別れると思います。
かいの

かいのの感想・評価

4.0
もう見たくない
ゆさこ

ゆさこの感想・評価

5.0
こころに刻まれる。
当たり前の生活。当たり前の毎日。
その大切さ。いのちの儚さとその強さ。
opop

opopの感想・評価

4.3
やっと鑑賞できました。
当時の日常生活、家族の風景が丁寧に描かれていてどんどん引き込まれていきました。戦争映画とは思えない優しく、ステキな映画。後世に残したい映画。
見終わって、戦後70年以上経ち、当時を知るひとが少なくなってきている今、過去の歴史を日本人として知らないとだな強く思った。特に、映画でも出てくる戦艦大和、当時乗っていた人、それを作っていた人など。映画にもなっているのでそちらも鑑賞してみたい。
Water

Waterの感想・評価

3.8
一度は見た方が良い戦争映画。日常をたんたんと描きながら戦争によって起こる悲しいどうしようもない現実、悲痛さを描いてます。

途中までは流し見してしまうほど、本当にほのぼのと描いているけれども半ば後半から一気に色がグレーになる感じ。どんどん引き込まれてゆきます。
日常を描いているからこその、戦争の暗さが引き立ちます。

悲しくなるけど、一回は見た方が良い!あー、悲しかった。
pfeq

pfeqの感想・評価

3.2
戦争の時のただの国民がどうのように戦争に関わっているのか分かる作品
家族の食卓に登る品目が少なくなっていったり
家の中の家財が何にもなくなっていったり
いつの間にか住む人が増えていったり
日常から戦争はどのように関わっていったのかなんとなく分かるような気がした作品
火垂るの墓もいいけどこれもみんなみたほうがいい
ラストは明るく終わったけど明らかにこの後妹は被爆して長くもたないんだろうなとかが分かってその先を考えると悲しくなる
前半部分説明がたりなさすぎて全然話についていけなかった
鬼とお兄ちゃんを掛けてるとか全然それも分からなかった…
やっぱり戦争はよくない
こんなアニメが日本で生まれる事を待っていたなと思いました。
映像、脚本、音楽、声優その他諸々全てにおいて素敵で感動しました。
映画館で観ましたが、ほんとうに観れてよかった
>|