この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.2

あらすじ

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が…

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

家族と笑っていられる時間の愛おしさに気付いて、もっと面白いことをしなければと思いました。辛い場面もあるけれど、それを乗り越えようと生きる人たちの姿は、美しく、勇気づけられる。
ほんとに、いい映画だった。これは、年に一回以上は、観返したほうがいいね。
ちゃそ

ちゃその感想・評価

4.4
「この世界」を、丁寧に生きていく。それを、丁寧に描いている。
「この世界」の嫌な部分を、あるような、ないような。その小さな齟齬に気付いているような、いないような。
そうだよね。わたしたちも、そうだから。
大貫

大貫の感想・評価

4.2
戦時中の日常モノ。
直接原爆が落ちた場所ではないけど確実に生活のすぐそばに戦争がある日常。

やっぱり戦争モノは辛い。
PIPIPI

PIPIPIの感想・評価

3.5
広島帰りたくなる
ysk

yskの感想・評価

4.2
記録
ともち

ともちの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

ドラマ見て続きが気になりすぎて、DVD見ちゃいました!

これはいい。話が面白いとかじゃないんだけど、考えさせられるよね。五体満足の体、今の溢れすぎてる世界とか…ね。
家に水が引いてあるって本当にすごいこと。普通に生きてるってことがどんだけ幸せなことか…でも今の世界は世界でものすごいスピードで経済とか需要とか移り変わって仕事をすることは大変だし、結婚したいけど出来ない、少子高齢化とか保育所不足とか、どの時代も生きるのは大変だと思った。

すずちゃんってほのぼのするんだけど、
すずちゃんがボーって生きたかったな
みたいなことを言ってるシーンは…よくわかった。
水原くんのすずはずーっと変わらないでいてくれ
よな。みたいなセリフにもぐっときた。
すずちゃんが水原くんの代わりに描いた絵かめっちゃよかった!

すずちゃんも罪悪感にさいなまれるシーン、攻められるシーン、お姉さんが泣いてるシーン…苦しくて見るに見れなかったよ(;_;)
戦争前、戦争中、戦争後の日々を中心に物語は進んで行きます。
こんなにいい映画だとは思いませんでした。

どんなに普通の人でも戦争で変わってしまうのは悲しい。

この世界の片隅にというタイトルを最後理解することが出来ます。

終戦記念日に放送するべき映画です。
mas

masの感想・評価

5.0
今のところ今まで見た中でベストムービー。原作漫画を読んだのと、マイマイ新子の片渕監督とのことで正月に観に行った。衝撃。漫画で展開がわかっていても涙が止まらない過呼吸になりそうなほど泣いてしまった。
爆音上映にも行って分かったが、音の情報量もすごい。さらに街並みなどスクリーンのすみずみまで色んな要素がてんこ盛りだそうな、何度も見てその度発見したい。
戦争の映画はたくさんあるが、主婦目線でただ淡々と戦時中の生活を描いて、それをみて何を感じ取るか。戦争を後世に伝えていく可能性が急に広がったように感じた。本当に衝撃だった。
コトリンゴさんの音楽も最高。サントラずっと聴いている。悲しくてやりきれないをオープニングに持ってくるのにもやられた。
見終わったあとはすずさんと生きている感覚になる。心の片隅に常にすずさんがいる。広島弁で喋りかけてくる。
出会った人にとにかくすすめまくっている。1人でも多くの人に見てほしい。
白米

白米の感想・評価

5.0
すずさんの強さに自分がどんだけクズか思い知らされる 沢山の人にみてほしい映画
>|