この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.2

あらすじ

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

家族と笑っていられる時間の愛おしさに気付いて、もっと面白いことをしなければと思いました。辛い場面もあるけれど、それを乗り越えようと生きる人たちの姿は、美しく、勇気づけられる。
ほんとに、いい映画だった。これは、年に一回以上は、観返したほうがいいね。
題名の意味がわかる映画
これはホントいい作品。劇場で見られて幸せでした。

まず、原作が素晴らしい。こうの史代さんの描く戦争には、変な政治的意図を感じない。戦争を知らない、ということが負い目なんじゃなくて、ただただ知らないことを知ろうとする姿勢が心地よい。この作品を選んだことに拍手。

次に、すずさんを演じた「のん」ちゃんが素晴らしい。「あまちゃん」という当たり役を得て、そのあと何やらかんやら色々あって、もう見られないのかなぁと残念な気持ちだった。が、やはり魅力のある人は、周りが放って置かないんだな! この人を主役に据えたことに拍手。

そして、コトリンゴさんの音楽も素晴らしい。幾度となくカバーされている名曲「悲しくてやりきれない」に、まだまだこんな魅力があったとは。この作品のために作られた曲のようにさえ感じられた。このミュージシャンを選んだことに拍手。

最後に、決して恵まれた制作環境ではなかったのに、こんなに素敵な作品を生み出してくれた片渕監督に感謝です。
te

teの感想・評価

4.8
素晴らしいの一言。
Yuhei1229

Yuhei1229の感想・評価

3.9
何か分からないが、後を引く映画だった。

ストーリーは割と淡々と進むし、衝撃的な出来事があっても、それをすんなりと受け入れている部分に違和感を感じたが、この時代は死や怪我が当たり前だったからなのだろうか。

同じジャンルでは、やはり火垂るの墓の方が衝撃的で、戦争の悲惨さはより感じることができるのではないかと思う。

ただ、大変な状況の中、色々な気持ちと共に一生懸命に生きる人達の姿に、じんわり胸を締め付けられ、観ている時間を忘れる程の良い映画であった。
ちょっと眠かった 3.2スタート
独自性 +4
映像美 +5
のん +2
主題歌 +1
観客の解釈 −2
しんどくなった -1
場面展開多すぎ -2
続編嬉しすぎて泣いてます。のんちゃんの演技はもうすずそのままです。すてき。
ゆい

ゆいの感想・評価

4.2
自分に娘がいる分、胸が締め付けられる部分が多々。最後の女の子に、涙腺が崩壊。
エンディングまでも泣ける作品。

鑑賞後、丁寧に生きようと思えた。
りん

りんの感想・評価

4.0
切ない みんないい人なぶん 切ない
>|