この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

あらすじ

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

やばい。鳥肌がやばい(語彙力)すずさんみたいになりたいです。
2016年
12/11 MOVIX宇都宮
2017年
3/8 ヒカリ座
mochio

mochioの感想・評価

3.7
みたの記録するの忘れるからちゃんと記録するわ
まいん

まいんの感想・評価

4.0
この時代にも、私たちと同じ、人が生きてたんだなっていうのを感じた。

人がこわれてしまうのが
すごく悲しかった

愛おしい登場人物たちばかりの映画
あっこ

あっこの感想・評価

4.7
記録したはずなのになぁ…
強く生きようと思いました。
hk

hkの感想・評価

-
もう一回みる
【あらすじ】
1944年(昭和19年)2月。絵を描くことが好きな18歳のすずは、急に縁談話が持ち上がり、あれよあれよという間に広島市から海軍の街・呉に嫁にやってくる。彼女を待っていた夫・北條周作は海軍で働く文官で、幼い頃に出会ったすずのことが忘れられずにいたという一途で優しい人だった。こうして北條家に温かく迎えられ、見知らぬ土地での生活に戸惑いつつも、健気に嫁としての仕事をこなしていくすずだったが…。
【感想】
かわいいキャラクターたちであることに加え、前半の緩やかな雰囲気からほのぼの系だと思って観ていた
しかしやはり戦争モノといったストーリーの重さ
頑張って生きよう
R

Rの感想・評価

-
優しいタッチ。優しい音楽。優しい人たち。優しい物語。だから余計に悲しいのか。でも悲しいままでは終わらない。最後にはしっかり前を向いている。雰囲気は柔らかくて温かい、穏やかな作品だけど、とても力強い物語。笑顔の入れ物、かあ……
>|