この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

あらすじ

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

戦時中の日常の描写がリアルに伝わってきました。
田中

田中の感想・評価

3.9
毎日ご飯が食べられる事に感謝です。
YadyK

YadyKの感想・評価

-
戦争で辛い思いをするのは、結局ふつうに生きるいる国民なんだと改めて思う
良い。
悲惨さや苦しさ、悲しみが前面に押し出された戦争映画ではなく、戦争の中で日々生きている人たちの生活が描かれています。

上手く言えないけれど、悲しいとか楽しいとか、そんな風に簡単にまとめられない生活を、まとめずそのままにしておいてくれた感じが好きです。

辛いことがあってもその中に「よかった」を見つけながら健気に生きて、それでもやっぱり遣る瀬無くなるようなことが起きたりする。
でも、凹む間も無く生きていくしかない現実がある。そんな生活の中でも、好きな人たちがいて、ここにいたいと思える場所があって、幸せや楽しい時間もある。
日々いろんなことを思いながら生きている人たちが、リアルだと思った。

すずさんの人柄と、周囲の人との関係にほっこりする。のんさんの声もすごく合ってる、いい。
今回2回目の鑑賞だったけれど、また観たいし、続編も公開されたら是非観たい!
_______________________________
1回目:2017/4/7 立川シネマツー
なかみ

なかみの感想・評価

3.8
昭和20年、広島・呉。
わたしは ここで 生きている。
ヒ

ヒの感想・評価

5.0
戦争つらいけどぬるま湯に浸かった平成のオタクから失礼すると周作さんかっこいいな?私も一目惚れされた人に突然娶られるラブコメみたいなことされてみたい。
のんが心の底から素で演技してるって感じが良かった、周作さん役の細谷さんの素朴な感じもドンピシャで素敵だったなあ。
戦争系ってみんな死ぬかな全員死んだら嫌だなって思って見てたけどあんまりグロいシーンもなくて観やすい戦争映画って感じだった。
最後の女の子のシーン辛かったなあ、どんなにボロボロでも明日が来て生きなきゃいけない感じ。毎日を大切に過ごしたいからブラックバイト辞めようと決意。
今の自分の生活を考えさせられました。
Dan

Danの感想・評価

4.5

今見て良かった
この時代を忘れずに生きていきたいな
>|