この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.2

あらすじ

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が…

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

こんな時代があったのだと過去に目を向けさせてくれる作品。

その時代に生きた人たちのリアルな生活が、
何が当たり前だったのか勉強になった。
けれども戦争の大変さだけでなく、
家族や夫婦の姿でほっこりにんまりさせてくれる。

ありきたりな言葉だけど、生きる勇気を与えてくれるというか
「前を向いて明日も頑張ろう」と思わせてくれた。
さくら

さくらの感想・評価

4.8
これはいい。
ドラマはみないほうがいい。
泣ける。
Eri

Eriの感想・評価

5.0
途中からほんまにえぐい。
滝涙。。。。。
なる

なるの感想・評価

4.5
笑ったり怒ったり恋したりご飯作ったり戦争中ってだけで、辛いシーンもあったけど、普通でいいなと思った。すずだけの特別な話じゃなくて、例えば自分のひいおばあちゃんもこういう風に生きてきたのかなぁとか、色々な世代の人に見てほしいなぁって思う。最後ほんわか気分で終わった。人さらいのバケモンで出会ってラストシーンも出てきて、不思議な存在感良い。じわ〜って色々考えてみたり、色々ググりたくなっちゃう。方言が難しくて字幕つけて見た。
civic

civicの感想・評価

5.0
生涯最高クラス。しばらく人に勧めまくっていた
Yusaku

Yusakuの感想・評価

3.7
戦争中の話なのに、なぜかほっこりするとてもいい映画だった。かわいい。
TandK

TandKの感想・評価

3.5
ドラマやっているので興味をもち鑑賞。この映画を面白いと言うとアレですが、大変悲しくも暖かくなるお話でした。
rinarii

rinariiの感想・評価

-
戦争ものを避けてしまう傾向にあるけど、見てみた。

辛い
暖かい
悲しい
暖かい
ken1m

ken1mの感想・評価

3.8
戦後が次の戦前にならぬよう願うばかり.
おにわ

おにわの感想・評価

4.3
3回くらい泣いた。普通の戦争を題材にした映画と違うのは、戦争で可哀想だったり悲しいから泣けるわけじゃないこと。本当に見て良かったおすすめ映画。
>|