この世界の片隅にの作品情報・感想・評価

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.2

あらすじ

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が…

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

こんな時代があったのだと過去に目を向けさせてくれる作品。

その時代に生きた人たちのリアルな生活が、
何が当たり前だったのか勉強になった。
けれども戦争の大変さだけでなく、
家族や夫婦の姿でほっこりにんまりさせてくれる。

ありきたりな言葉だけど、生きる勇気を与えてくれるというか
「前を向いて明日も頑張ろう」と思わせてくれた。
yu_tsuyo

yu_tsuyoの感想・評価

4.5
心にじわじわ染みてくる1本
あの時代に生きた人々の生活がここにある
FrontRiver

FrontRiverの感想・評価

5.0
今更ながら鑑賞。日本に生まれたのならば絶対に一度は観て欲しい作品。文句のつけようが無い、最高の作品だった。

特質すべきは「のん」の存在。彼女がいなければ全く違う作品になっただろうし、その声だけで心を安らかにしてくれる。音楽がコトリンゴっていうのもずるい…。

改めて、自分たちは決して忘れてはいけない歴史の上で生きているんだと。その中で、この世界の片隅で出会えた人、場所、ものを大切にして生きていきたいと思った。
越冬

越冬の感想・評価

-
小さな古い映画館で観たが、小さな古い映画館で観て良かったなあ〜と思う。本当に片隅に行きている人々の話で、絵柄も私は好き。少し不思議な感じもあって良
nao

naoの感想・評価

3.8
絵はほんわかしてるのに、話は全くほんわかじゃない
ぼーっとした主人公をぼーっと見るつもりが知らぬ間に引き込まれる映画。
映像、ストーリー、テンポ、音楽、表現、伏線…全てが素晴らしい。

全体を通じて、主人公の視点で物事が進んでいく。
もっといえば主人公の視点で描いた絵である。
自分の周りの世界だけを表現してその世界にどっぷりと浸かる。
最初にうさぎで表現された白波の絵の如く、空襲の様子すらも1枚のキャンバスに描かれた美しい絵として映し出される。
空襲で怪我をしたあと周りの世界がぼやけてしまうのは左手で描いたからなのだろう。

大切なものを簡単にどんどん奪っていく。それが、戦争。
友人のレビューによって戦争の話だということは理解して見たけど、マッドバウンドを見た後のこの作品はまた心揺さぶられるものがあった。
映画はセットにして見ることでより深く考察できることがままある。

戦争の時代特有の、ある時には非常に敏感である時は非常に鈍感である様が見事に表現されている。
それが敏感とか鈍感とかいう表現自体が間違っているのかもしれないが、独特の力強さがそこにはある。

日常を生きる。それ自体が必死。
戦争をしているとそうなっていくのだろう。
初めは小さな出来事でも大きな流れとなって自分の身に降りかかることがある。
ただ巻き込まれたに過ぎない。
しかしそこに確かに自分で選んだ道がある。
他人のせいにして責任から逃れても結局は自分の心を締め続けていく。
まずは自分の選択を受け入れること。
そして楽しみを見出していく。
それが出来るから主人公はどこにいてもマイペースで幸せを感じられる。
お姉さんもまたそれを知っていて、その大事さを主人公に説いている。

旦那さんとの出会いに最後まで気づかなかった。
男の人は会えなくても一途に思い続けることがやはり美徳なんでしょうか。
とても素敵な話ではあるけれど、上手くいったのは戦時中の日本であったからではと思ってしまいますが。
妹のことを思うと今後も辛いことが待ってるけど、でも凄く幸せな感じで終わってよかった。純粋にそう思えた。

だけどそのあとのスタッフロールが辛い。
絵を描いてるのも最後に手を振るのも右手。
そう、右手によってリンの物語が映し出される。
心が締め付けられる。
心の声とでも言うように。
そういうのを押し殺してでも、今ある幸せにちゃんと気づいて、それを噛み締めて生きてゆけ。

幸せとはまさしく日常。
日常に感謝しなさい。

いつかまた見ます。
naonoponta

naonopontaの感想・評価

4.4
戦争についての新しい切り口。誰かに戦争を伝えるならこの映画を紹介したい。この世界の片隅に、当たり前で尊い営みがある。のんちゃんの広島弁がとても良い。
>|