この世界の片隅にの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

上映館(1館)

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

あらすじ

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

hy

hyの感想・評価

4.0
記録
すごく良かった!

主人公すずのマイペースな感じと
優しく柔らかい雰囲気で終始ほっこりする映画でした

前半は懐かしさを感じて
後半はめっちゃ泣いた

日本の戦争映画だと火垂るの墓のイメージが強くてひたすら悲しいイメージでした

この映画でも戦争の悲惨さは描いているけど、それより辛い時代の中生きる人の強さの方が強く描かれていてすごく感動しました

このレビューはネタバレを含みます

いろいろ書きたいことはあるのだけど、長くなってしまうのでとりあえず一番心に残ったことを書く。

今まで戦争ものの作品をちゃんと見たことがなかったから、昔の生活と今の生活の違いに驚いてしまった。

ほとんど面識のない人と結婚。
1人で旦那さんの家族の元へ嫁入りにいくすず。
出戻りの義姉にちくちく苛められるお嫁さん。
すずはのんびり屋だから気づけてなかったが、どこか家族と距離があって部外者感がある毎日。
男の勤め先は軍や戦闘機の工場。
女は家を守るのが仕事で、毎日洗濯、買い物、料理、縫い物をする。
戦争に関する講座?を聞いているとき、男が部屋の前の方で女は入り口付近の寒い席に座らされる。

今の女性が社会進出や学校に行ける時代と真逆。

戦争の酷さ、虚しさ、悲しさはもちろんなのだが、今の時代の女性とはかなり違う生きざまに驚いてしまった。
私はすずと年齢も近いこともあり、生まれる時代が違うとこんな生活を送る可能性があったのか…としみじみしてしまった。
心にくる作品。
ほ

ほの感想・評価

3.8

すずの穏やかさが唯一の救い。

静かに、それでいて、強く生き抜かなければならない。
Dao

Daoの感想・評価

2.8
のんさんの声がピッタリ。すずちゃんの人柄、周りの人の優しさ、戦争の凄まじさで溢れかえっている映画。
fog

fogの感想・評価

4.5
皆が笑って暮らせればいいなと強く思わされた。
ゆっくり優しい口調のすずちゃんもその周りのみんなも楽しそうに話してて可愛かったしほっこりした。
戦争がなければと強く願った
学校で習った戦争とは反対に、戦争をしているにも関わらずこの世界の片隅にはこんなに平和な世界があったんだと。
色々辛いと思うけどみんな優しいし強いからこれから何があっても力強く幸せに生きていけると思う。
戦争映画だけど素敵だった。
なぁん

なぁんの感想・評価

5.0
これは戦争の話じゃなくて、すずさんの人生に戦争があった、が正しいです。
その時代ですずさんが何を見て、誰と暮らしたのか覗いてるかのようでした。