ミスター・ダイナマイト ファンクの帝王ジェームス・ブラウンの作品情報・感想・評価

ミスター・ダイナマイト ファンクの帝王ジェームス・ブラウン2014年製作の映画)

Mr. Dynamite: The Rise of James Brown

上映日:2016年06月18日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

「ミスター・ダイナマイト ファンクの帝王ジェームス・ブラウン」に投稿された感想・評価

箱蛙

箱蛙の感想・評価

4.3
2016/06/30(立川シネマシティ2)

SOUL POWER!!
そして、SOUL と POWER。

ライヴ映像はもうただただサイコー。ミュージシャンたちの証言もいちいち面白くて興味深い。後世に最高のグルーヴと言われるビートを叩いた本人が「あんなの最低だ」と言う顔の楽しそうなことといったら、ね。当時、面と向かって(いなくても)絶対言えなかっただろうし。

SOULはともかく、生きるためにはPOWERを欲していた、欲せざるをえなかった、ということなのか。ニクソンはないだろ、ニクソンは。と、思うけれども、らしいといえば、らしい。

そこまでをつぶさに追っていたので、亡くなるまで全部見せてくれると勝手に思ってしまい、ラストは突然終わっちゃった感。しかしまぁ、ありがとうね、ミック・ジャガー。

追記:爆音上映で観たけど、特に爆音でもありませんでした。
EBi

EBiの感想・評価

4.0
ミックジャガーが制作に深く関与したJBの伝記、"Mr.dynamite"をやっと観た。JBの未発表のライヴ映像やインタビューも凄かったが、その背景にあった自由を抑圧しようとする権力に対して、いち個人として どう対処したらいいかっていう一つの やり方を、JBは何より遺したかったんじゃないかな。
なつこ

なつこの感想・評価

3.7
お手本みたいなドキュメンタリー みたいな
prisky

priskyの感想・評価

3.3
ミュージシャンとしてのJBの才能が稀有であることが、当時のバンドメンバーの言葉を通じて、しっかりと伝わる作品だった。楽譜よめない、親友いない、悪口を言ったメンバーに銃を向けたり、演奏中に気にくわない演奏をしたメンバーのギャラをその場で下げたり、、、そんなヤツがなんで大スターになったんや、、、なんて疑問が吹っ飛ぶほどの才能。キング氏銃殺事件後のライブでの、暴動寸前のステージで「一緒にショーをやろう」と観客に呼びかける彼は、まさに王者の風格だった。

つぎは、彼の内面が見える作品が見たい。「最高の魂をもつ男」か?
紺碧

紺碧の感想・評価

3.6
クリスマスだし見たくなっちゃいます。昔のJBかっちょよい。
いや~ほんとにJB最高だわ!!
音楽はもちろんだけど、
昔自伝を読んで破天荒エピソードの数々に痺れた記憶がある。
なんかすごい強烈なキャラで
近くにいたらかなりめんどくさいんだけど。

実はネイティブアメリカンの血が流れてるから日本びいきで
「ミソッパ!!」とか歌っちゃうし。
この映画では彼の波乱万丈な生い立ちとかはさらっと流す程度で
彼がいかに当時の黒人の公民権運動に影響力があったかを
真面目にやっておりました。

でもひとつのステージにドラマー5人とか編成ヤバすぎでしょ(笑)
あとこの映画のプロデューサーでもあるM・ジャガーが
当時のJBとのエピソードをニッコニコの超笑顔で語ってて
60年代はいい時代だったんだねぇとちょっと嬉しくなった。
RIN

RINの感想・評価

-
Above average white band に
おれたちの曲がパクられた、ちくしょーっつって
作ったAbove average black band
て名義のpick up the pieces one by oneて曲が
Funkジャンル超えてめちゃくちゃカッコいい

歌も踊りも、歌というかシャウト、踊りというか、ヴァイブス、ヤヴァイス

不可能という言葉が、ソウルをつよくする、

兵士にダンスを披露して、小銭を稼ぐ

日当25セントなんてザラだった

けど歌しかなかった

歌はソウルだ

Soul Surviver

昔ラジオ局の前で靴磨きをしていた

3セントから始まって6セントまで上がった

今じゃその局のオーナーだ

これはなんだ?

That’s black power
ジェームスブラウンの劇映画のイントロダクションの様に作られたドキュメントだけど、それだけでは終わらない面白さがある映画でした
ボビーバード、パーカー兄弟やジャボ、ピーウィー、フレッド、クライド等から出てくるミュージシャンやショーマン、そして人間としてJBの姿が浮き彫りになる話は本当に百聞は一見にしかずですね
幼い頃の出自のせいで人間としてはかなり問題のあったJBだったんでしょうが、結局その類い稀なる才能の前には、愛さずにはいられない存在だったんでしょう
愛憎混じりつつも結局は愛が伝わってくる証言者の話に顔が緩むドキュメンタリーです
太郎

太郎の感想・評価

-
2018/08/04 Netflix ¥49
ミスターダイナマイトを知っているか?
>|