ミスター・ダイナマイト ファンクの帝王ジェームス・ブラウンの作品情報・感想・評価

ミスター・ダイナマイト ファンクの帝王ジェームス・ブラウン2014年製作の映画)

Mr. Dynamite: The Rise of James Brown

上映日:2016年06月18日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

「ミスター・ダイナマイト ファンクの帝王ジェームス・ブラウン」に投稿された感想・評価

箱蛙

箱蛙の感想・評価

4.3
2016/06/30(立川シネマシティ2)

SOUL POWER!!
そして、SOUL と POWER。

ライヴ映像はもうただただサイコー。ミュージシャンたちの証言もいちいち面白くて興味深い。後世に最高のグルーヴと言われるビートを叩いた本人が「あんなの最低だ」と言う顔の楽しそうなことといったら、ね。当時、面と向かって(いなくても)絶対言えなかっただろうし。

SOULはともかく、生きるためにはPOWERを欲していた、欲せざるをえなかった、ということなのか。ニクソンはないだろ、ニクソンは。と、思うけれども、らしいといえば、らしい。

そこまでをつぶさに追っていたので、亡くなるまで全部見せてくれると勝手に思ってしまい、ラストは突然終わっちゃった感。しかしまぁ、ありがとうね、ミック・ジャガー。

追記:爆音上映で観たけど、特に爆音でもありませんでした。
RIN

RINの感想・評価

-
Above average white band に
おれたちの曲がパクられた、ちくしょーっつって
作ったAbove average black band
て名義のpick up the pieces one by oneて曲が
Funkジャンル超えてめちゃくちゃカッコいい

歌も踊りも、歌というかシャウト、踊りというか、ヴァイブス、ヤヴァイス

不可能という言葉が、ソウルをつよくする、

兵士にダンスを披露して、小銭を稼ぐ

日当25セントなんてザラだった

けど歌しかなかった

歌はソウルだ

Soul Surviver

昔ラジオ局の前で靴磨きをしていた

3セントから始まって6セントまで上がった

今じゃその局のオーナーだ

これはなんだ?

That’s black power
ジェームスブラウンの劇映画のイントロダクションの様に作られたドキュメントだけど、それだけでは終わらない面白さがある映画でした
ボビーバード、パーカー兄弟やジャボ、ピーウィー、フレッド、クライド等から出てくるミュージシャンやショーマン、そして人間としてJBの姿が浮き彫りになる話は本当に百聞は一見にしかずですね
幼い頃の出自のせいで人間としてはかなり問題のあったJBだったんでしょうが、結局その類い稀なる才能の前には、愛さずにはいられない存在だったんでしょう
愛憎混じりつつも結局は愛が伝わってくる証言者の話に顔が緩むドキュメンタリーです
太郎

太郎の感想・評価

-
2018/08/04 Netflix ¥49
ミスターダイナマイトを知っているか?
FilHisa

FilHisaの感想・評価

3.7
JBの生い立ちから周りの人間関係、生涯の生き様が小気味いい安定したグルーブの上に描かれている。サビがあるわけではなくあくまでもファンクのような仕上がり。あまり音楽について深掘りしているシーンはなかった。
kentarks

kentarksの感想・評価

3.8
FUNK MUSICが好きな人は見るべき映画。

FUNK黎明期にどういう差別・迫害があったのか。その中で戦ったJBはどういうソウルを持って何を訴えたのか。

がわかります。
さと

さとの感想・評価

3.4
1968年のライブでファンがステージに上がってきたのをJBが一人でなだめたって話は前も何かで見て感動したのを覚えてる。
いろんな意味でカリスマ性がすごい人だと改めて思った。

これだけ有名な人でもう亡くなってる人だから新しい話はそんなにないのかも知れないけど、この人の音楽やダンスの発想はどこから来てたのかもっと具体的に知りたかった
昨年、JBの映画を観てたこともあって本人のパフォーマンスをたっぷり観られて楽しめた!

やっぱり、圧倒的なパフォーマンスは唯一無二だなと改めて感じた!

こっちだけだと、彼に起きたドラマが薄いので、セットで観るのをオススメします!
>|