ミスター・ダイナマイト ファンクの帝王ジェームス・ブラウンの作品情報・感想・評価 - 14ページ目

ミスター・ダイナマイト ファンクの帝王ジェームス・ブラウン2014年製作の映画)

Mr. Dynamite: The Rise of James Brown

上映日:2016年06月18日

製作国:

上映時間:115分

3.8

あらすじ

「ミスター・ダイナマイト ファンクの帝王ジェームス・ブラウン」に投稿された感想・評価

Misae

Misaeの感想・評価

3.8
恥ずかしながらJBについては断片的にしか知らなかったので歴史的な背景と彼の人となりと音楽を新鮮に楽しめた。
ステージの古い映像は、画だけ早めてないよね?って思うようなテンポのダンスがすごい!全身を使ってバンドを操っているからそんな訳ないのに。


黒人の尊厳、公民権運動も今からさして遠くない時代。乗り越えたと思っても、またこの現代でも貧富の差が問題になっている。JBのことばは決して古びてない。
uc

ucの感想・評価

-
JBがどれだけ凄い人なのか思い知らせました、、もちろん世代じゃないから知らないことたくさんあったけど。若い頃から名声をつかむまでの努力、歌とダンスへ必死に魂を注ぐ姿、あと当時の社会問題への取り組みだったり、多くのセレブリティに与えた影響。すべてが組み込まれていて本当に凄い人なんだと実感。JBの音楽、もっと聞きたくなりました(*^_^*)
JBの生い立ちと言うよりは関係者の証言ドキュメンタリー。
なかなか中身が濃くて良かった。
Perfume 映画以来の評価外としておきます(幕張楽しかったな〜(^^))

ともかく、コレはチャドウィック ボーズマン主演の伝記ドラマ映画の方とと併せて1つ、と捉えた方が良いと思います。
コッチの凄いパフォーマンス観てワオッ!となり、アッチの再現ぷりに感心すること請け合い。
どちらもミック ジャガーがプロデュース。

つーか、改めてミック ジャガーのJB愛ってすげーな!と思うでしょう。
タミー ショウのエピソードを自ら語り、JBステップをそのショウで魅せた件にはキュンキュンきます。

メルビン パーカーがモノマネいりで語る銃で抵抗事件、愚痴たらたらなフレッド ウェズリー、スタブルフィールドさんのそりゃねーよ発言という面白エピソードもありつつ、ブーツィが語る飛行機移動中の微妙な機微も当時のJBについての貴重な証言。
いやいやキャットフィッシュの方が俺より彼のお気に入りだったんだよね、なんて兄をたてるブーツィも小憎らしい。

一方で、孤独な殿様な部分や、JBと当時の大統領ニクソンの関係性なんていうシリアスなところにも言及してくれるきめ細やかさにも唸らされる。

とはいえ全編で絶好調な時代のJBのパフォーマンスをこれでもかという程観せ、それによっていかにJBが極めて特異なパフォーマーだったかという印象もバッチリ与えてくれている。

とにかく、JBって何者?という素朴な疑問に応えつつ、マニアにも納得感を十分に与えてくれる内容だし、個人的には、THE ONEについてこれだけ証言を収録してくれたというだけで百点満点な出来だと思います。

それとともに、ギブニー監督の構成力恐るべし!です。
SHIMA

SHIMAの感想・評価

3.8
2016.06.20 角川シネマ新宿で鑑賞。
ミック社長プロデュースのJBドキュメンタリーも無事劇場公開。ストーンズを食うつもりだったというタミーショーの圧巻のステージなどライブシーンには興奮。そして公民権運動、ブラックパワーからニクソンを支持することになるJBと政治の関わりにもかなりの時間を使い興味深く見れた。「ジェームス・ブラウン〜最高の魂(ソウル)を持つ男〜」がボビー・バード側からの視点だったのに対し、他のメンバーからの証言もバランスよく収められているのも良かった。
さく

さくの感想・評価

4.0
ほとんどJBに関する前提知識ないままに鑑賞。

テレビ番組の共演者「(黒人差別に関して)データでは…」
JB「データじゃなくて現実を見ろ!」
共演者「私の話に耳を傾けて…」
JB「てめえは耳の前に目を開け!」

かっこ良すぎる。
その後、バンドメンバーに対するギャラ不支払いとか、
有りがちな畜生エピソードがあるのはご愛嬌としても、
JB本人が言う通り「ただのミュージシャン」ではなくて
歴史上の人物として把握しました。
mikaramu

mikaramuの感想・評価

4.2
立川の爆音で堪能 ストーンズ前座で食うステージでのあのステップ!!
ReoOgusu

ReoOgusuの感想・評価

4.5
吉祥寺にて演説する安倍晋三を尻目に迷わず映画館へ。
Funkの生みの親James Brownのドキュメンタリー。痺れるぜ。カッコよすぎるぜ。

#ゲロッパ
渋谷アップリンクで鑑賞


僕のライブステージングに大きく影響を与えてくれたJB。ほんとにしびれました。

ものすごくあのパワフルでソウルフルな印象からは想像もつかないほど気難しく繊細な一面もみれます。

メイシオ、気に入られてたイメージだけどやっぱ色々と鬱憤たまってたのね…笑
katoharu

katoharuの感想・評価

4.0
なんとなくしか知らなかったジェームスブラウン。
天才は自己中心的でとことん思うままやり尽くし、そして、孤独なのだろう。
セックスマシーンのライブシーン、鳥肌ものだった。音楽でぞわぞわする時、生きてるって感じる。
ちょっと流れが中途半端なところもあるし、マニアにはたまらないであろうインタビューシーンはまあまあ長かったし、ジェームスブラウンのコンプレックスの描写も多かったが、MJとプリンスをはじめとする天才達に影響を与えたジェームスブラウンに非常に興味が湧いた。
ゲロッパ ゲローレ…をYouTubeでずっと観てしまう。

似ている作品