ミスター・ダイナマイト ファンクの帝王ジェームス・ブラウンの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ミスター・ダイナマイト ファンクの帝王ジェームス・ブラウン2014年製作の映画)

Mr. Dynamite: The Rise of James Brown

上映日:2016年06月18日

製作国:

上映時間:115分

3.8

あらすじ

「ミスター・ダイナマイト ファンクの帝王ジェームス・ブラウン」に投稿された感想・評価

RIN

RINの感想・評価

-
Above average white band に
おれたちの曲がパクられた、ちくしょーっつって
作ったAbove average black band
て名義のpick up the pieces one by oneて曲が
Funkジャンル超えてめちゃくちゃカッコいい

歌も踊りも、歌というかシャウト、踊りというか、ヴァイブス、ヤヴァイス

不可能という言葉が、ソウルをつよくする、

兵士にダンスを披露して、小銭を稼ぐ

日当25セントなんてザラだった

けど歌しかなかった

歌はソウルだ

Soul Surviver

昔ラジオ局の前で靴磨きをしていた

3セントから始まって6セントまで上がった

今じゃその局のオーナーだ

これはなんだ?

That’s black power
ジェームスブラウンの劇映画のイントロダクションの様に作られたドキュメントだけど、それだけでは終わらない面白さがある映画でした
ボビーバード、パーカー兄弟やジャボ、ピーウィー、フレッド、クライド等から出てくるミュージシャンやショーマン、そして人間としてJBの姿が浮き彫りになる話は本当に百聞は一見にしかずですね
幼い頃の出自のせいで人間としてはかなり問題のあったJBだったんでしょうが、結局その類い稀なる才能の前には、愛さずにはいられない存在だったんでしょう
愛憎混じりつつも結局は愛が伝わってくる証言者の話に顔が緩むドキュメンタリーです
FilHisa

FilHisaの感想・評価

3.7
JBの生い立ちから周りの人間関係、生涯の生き様が小気味いい安定したグルーブの上に描かれている。サビがあるわけではなくあくまでもファンクのような仕上がり。あまり音楽について深掘りしているシーンはなかった。
kentarks

kentarksの感想・評価

3.8
FUNK MUSICが好きな人は見るべき映画。

FUNK黎明期にどういう差別・迫害があったのか。その中で戦ったJBはどういうソウルを持って何を訴えたのか。

がわかります。
さと

さとの感想・評価

3.4
1968年のライブでファンがステージに上がってきたのをJBが一人でなだめたって話は前も何かで見て感動したのを覚えてる。
いろんな意味でカリスマ性がすごい人だと改めて思った。

これだけ有名な人でもう亡くなってる人だから新しい話はそんなにないのかも知れないけど、この人の音楽やダンスの発想はどこから来てたのかもっと具体的に知りたかった
昨年、JBの映画を観てたこともあって本人のパフォーマンスをたっぷり観られて楽しめた!

やっぱり、圧倒的なパフォーマンスは唯一無二だなと改めて感じた!

こっちだけだと、彼に起きたドラマが薄いので、セットで観るのをオススメします!
ブラックパワーがスーパーみなぎってとまらねーし まじで がちで
kaomatsu

kaomatsuの感想・評価

4.0
ファンクの帝王、ジェームズ・ブラウンの生涯を追った、怒濤のドキュメンタリー映画。

過去、バンドでギターを弾いていた私は、今や前人未到の領域をゆく孤高のギタリスト、ジェフ・ベックを勝手に師と仰ぎ、その職人気質の技やセンスを盗もうなどという、実に無謀なことにチャレンジしていた。そのジェフ・ベックがリスペクトするアーティストとして、雑誌のインタビューで何度か名を挙げていたアーティストの一人がジェームズ・ブラウンで、師がリスペクトするその男とは如何に…と、聴き始めたのがきっかけだった。ブルースやソウルをルーツに持ちながらも、圧倒的なグルーヴとエネルギーを放つその歌とパフォーマンスに、ほぼ瞬殺状態だった。それ以来、ジェームズ・ブラウンを中心にソウルやファンクを聴き始めてから長い。

1950年代にソウル・シンガーとしてデビューしながらも、北のモータウンやフィラデルフィア・ソウルよりは攻撃的で、かといってサザン・ソウルの田舎臭さは微塵もない、エキセントリックなシャウトと唯一無二のダンスでメキメキと頭角を現し、60年代にはファンクと呼ばれる16ビートのストイックなダンス・ビートを生み出すことになる。スーツにネクタイ、革靴でビシッと決めた初期のファッションは、白人中心のショービズ界でやっていくための、自身のプライドの証だったという。常にバンドの絶対君主として君臨し、メンバーにはリズムの強化を図るため、演奏のミスに対しては罰金制にしたり、大勢をクビにしたりと、パットン将軍顔負けの暴君ぶり。そのせいで、メンバーからストライキを喰らう羽目となり、バンド内で労使闘争にまで発展したというのがすごい。また70年代、当時の大統領ニクソンと親密になることで、黒人の権利や自身のミュージシャンとしてのステイタスを上げようとした挙げ句、逆にニクソンに政治利用されたりと、輝かしい栄光だけでなく、失敗や挫折、自身のコンプレックスなどについても詳しく触れていて、けっこう成金オヤジ的な側面も覗かせて興味深い。

この映画をプロデュースし、いかにジェームズ・ブラウンに影響されたかを嬉しそうに語るミック・ジャガーが印象的。ミックをはじめ、マイケル・ジャクソンやプリンス、レニー・クラビッツらが活躍できる土壌を作った、その功績はあまりにも偉大だが、その事実を再確認して余りある、珠玉の音楽ドキュメントだ。
JB好きになる。パワーがものすんごい。同胞のブラックコメディアンに真似される過去のレジェントって程度の印象だったけど、ライブ・パフォーマンスが、こんなにすごい人だったとは、驚き。真似されるのもよく理解できる。
永ちゃんのライブドキュメントを観たとき以来の衝撃。なんでも、食わず嫌いはダメよねと、教えられる。
tommy

tommyの感想・評価

4.0
ジェームスブラウン、めちゃくちゃかっこいいな。
煽りからのイントロに入る部分がヤバすぎる。めちゃくちゃロックじゃないか。
生で聴いたらぶっ倒れるわこれ。

人種問題の場面も、白人に対して一歩も引かないところとか、ほんと感動するわ。
マルコムXを思い出した。
あと、いろんな意味で永ちゃんにも似ているなと思った。
不遇な少年時代とか、ビジネスでも負けないところとか。

これだけカリスマ性があって我が強いと、身近なバンドメンバーなどからはやはり不満が出たりするんだね。

似ている作品