アキラナウェイ

湯を沸かすほどの熱い愛のアキラナウェイのレビュー・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)
4.9
言わずもがな演技が素晴らしい。

もちろん宮沢りえの演技力に一番ぐっ!とくるけれど、杉咲花にもおっ!とくるけれど、オダギリ ジョーの蒸発してるくせに浮気してるくせに飄々として悪びれず、かつ憎めない絶妙のキャラを演じていることも又凄い。

ぶつかり合いつつも共に暮らしていく家族をそれぞれが見事に演じていた。

宮沢りえ演じる双葉が聖人、聖母と言えるかと言うとそうでもなく。娘を突き放してばかりだし、キレると物を投げて、人の家のガラスを割る様な直情型だったのも共感出来るポイントとなった。

いくつも張られた伏線がテンポ良く回収されていき、双葉の人間力の圧と熱に虜になっていき、怒濤のクライマックスへ流れ込む。

恐らく評価が分かれるのは、ラスト。

「あれは、あり得ない」と少しでも湯冷めしてしまうと置いてけぼりになり、この映画の評価が下がる。

「映画だから、あり得る!」と熱を高め続けてラストまで漕ぎ着けば、感動は沸点に達し、タイトル「ドーン!」の衝撃を迎えられる。

僕は後者だったのでうまく映画の熱量と合わせれたのだと思う。