xi

湯を沸かすほどの熱い愛のxiのレビュー・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)
4.0

とにかく涙がただただ流れてしまう。
余命宣告を受けた母ちゃんの話と言われればそうだけれど、病気であったり死であったり、そういうものが中心とされているわけではなくて、ただ母ちゃんが母ちゃんであるためのお話です。

母は強しなんていうけれど母にだって弱さはあるし、子供との喧嘩や接し方だって正解があるわけでもなくて、あとは子供の勇気や強さに賭けるしかなくて不安や心配の中で時に嫌われ役をかわなくてはいけない。

今までさりげなくかけてきた言葉の中に母の思いが力強く込められ、散りばめられている。あぁ、母ちゃんになんてお礼を言おう。そんな気持ちに何度もなりました。
決して別れに向かっていくお話ではないし綺麗なことばかりではないし、これをお涙ちょうだいとみるかは人それぞれだと思いますが、人が人によってかえられ、そして周りのたくさんの人によって支えられている、そんなあたりまえのことがしっかり伝わる作品だと思います。
題の通り、湯を沸かすほどの熱い愛でした。