singer

湯を沸かすほどの熱い愛のsingerのレビュー・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)
3.8
今年から、久々にコンスタントに映画を観るようになり、
その中で、Filmarksを知り、レビューを書くようになったのですが、
フォローした方や、フォローして下さった方々の評判がとても高かったので、
いつか観ようと楽しみにしつつ、ずっと温存してた作品です。

なので、かなり高い期待を込めて観たのですが、
評判通りの良作だったと思います。

個人的に一番印象に残ったのは、母と娘の描写ですね。
自分にも娘がいるので、普段目にしている光景を重ねたり、
これから娘が成長して、起こる事なんかを考えながら観ていました。
そんな中、自分でも実感する所が多いのですが、母と娘という関係には、
特別強いものを感じるし、ずっとその強い絆をお互いに感じながら、
娘には成長して行って欲しいという願いがあります。
で、自分はその成長と絆を、影ながら支えて行きたいと思う所があって、
そんな思いを、ラストシーンを観て、強く感じましたね。
とてもいいシーンだったし、見ていて、久々に涙腺が緩むくらいの大きな感動がありました。

キャストでは、日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞を受賞した、
宮沢りえは本当に素晴らしかったけど、
それ以上に印象に残ったのは、やっぱり杉咲花ですね。
こちらも、同年の日本アカデミー賞で、最優秀助演女優賞を受賞し、
各映画賞でも高い評価を受けたそうですが、それも納得の好演でした。
母役と娘役で、この年はダブル受賞だったんだなぁと。

なので、まだまだ遠い未来の希望ですが、いつか、 娘にも観て欲しいなと。
そんな風に思える、素晴らしい作品だったと思います。