サンタムール

湯を沸かすほどの熱い愛のサンタムールのレビュー・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)
5.0
新人の中野量太監督の泣ける映画。
"死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語"っていうフレコミです。
もうねー。フレコミ通り❗泣けたのなんのって。

宮沢りえの母性的な魅力と、演技力は間違いないところですが、今回は杉咲花が可愛い過ぎるのが良かったですね。
あの、可愛い声で"お母ちゃん"って言うのにキューン💓ってなった男性は多いと思います❗
えげつないクラスメイトからのいじめに決着をつけるため、体操服を脱いだシーンがあったけど、あれ、脱ぐ必要なかったけど、中野監督が杉咲花を脱がしたかったのかな?😅
いや、脱いで正解とは思ったけどね。
よー頑張った。

お涙頂戴ばかりでなく、笑いをおこしてくれた、ダメ夫のオダギリジョー。
愛すべき、ダメ夫っぷりがgood!
迷える子羊のようなダメな若者の松坂桃李もイイネ!単なるイケメンよりもこうゆうのにソソられます(汗)
宮沢りえが演じる素敵な母親は監督の御母様がモデルなのかしら?
なんかの記事で、監督は母子家庭に育ったとのことでしたが。
色んな泣きの要素がつまった作品で、ハンカチを片手に何度も涙してしまった。
宮沢りえがホスピスで、"まだ生きていたい"とひとり病室で嘆くシーンもよかったし。
自分を捨てた母親の家に石を投げるシーンも良かったな。
あの母親役はリリィさんでしたね。
味のある女優さんでした。御冥福をお祈りします。
驚きのラストと赤い煙にはのけぞってしまいましたが(^^;
すっかり泣きはらして、瞼が腫れてしまい、ちょっとガチャピン顔でその日の夜のチーズパーティーに挑んだのでした。(^^;