けい

湯を沸かすほどの熱い愛のけいのレビュー・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)
4.2
中野量太監督作品を観てみようと、そんなノリで見つけた今作。
名作やんけ。

意外性のあるストーリーもあるが、そんなことよりも、なんだろう。
生きるって、すごいことだなと実感した。

そして家族のカタチにぼくらはこだわりすぎて、大事なことをなんだか見過ごしているんだなって。そうも気づく。

よく、死期が近いと考えたときに、何をするかと言われるが、それを真剣に考えてみたくなる。

インディーズ感のあるメジャー作品かな。細かな必然性や設定、描き方への違和感は無視して、好きな作品。