湯を沸かすほどの熱い愛のネタバレレビュー・内容・結末 - 4ページ目

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿されたネタバレ・内容・結末

娘役を演じた二人の演技は素晴らしかったものの、ドアノブパンツとか子供の前でいきなりラブホの話をする松坂桃李とか、そこをスルーする脚本とか、絶賛レビューだらけで申し訳ないけど、全体的に変態的で気持ち悪い踏み絵映画だと思いました。
というか、がん患者と聴覚障害者を利用して安易に涙を誘おうとする、これこそロードラマ、つまりは感動ポルノなんじゃねーの?

まあボロカス書いたけど、横で観ていた母親はめっちゃ泣いてましたw
歳をとったら涙もろくなるそうです。
感動した。ところどころ泣ける場面もあるしストーリーも素敵だった。ラストの赤い湯けむりが愛とお母ちゃんがいつまでも続くようなものに思えた。
★4.0越えしなかったのはたぶんこういうストーリーがウケないという受けて側の私に問題があった。
中盤で感動して一番泣きました。
病気が進行して、家族にも心の準備ができていたということなのか、最期に湿っぽい別れのシーンはなく、家族のカタチがまとまってハッピーエンド。

終盤でもうちょっと泣かせてくるかと思っていたので、物足りなさは少しありましたが、とても良い作品でした。
めっちゃ泣く映画って聞いてたけど、ほんまにずっと涙止まらない。
色々書きたいことあるけど、ありすぎて書けない。とりあえずほんっとに素晴らしい作品やった。
オチが衝撃な上に、最後にバンって題名が出てきて、もう全て納得した。
良かった。ジーンときましたね。
いやー、宮沢りえも杉咲花も凄い女優さんだ。途中なんでだろうって思うことも、伏線で全て繋がっていた。
いいシーンは沢山あったけと、ピラミッドのシーンは印象的。
ラストはまさか💦
お母ちゃんは、情熱的な赤が好き。
ほんまに湯を沸かすほどの熱い愛やった
あんな強いお母さんが泣いたところで一緒にめっちゃ泣いた
ラストもよかった
終始じわじわ涙が止まらなかった
タイトルの意味なんだろうなにが湯を沸かすほどなんだろうって思ってたけど、最後の最後にやられた、そうか銭湯じゃん。
全てが巧妙…素晴らしかった
ふたばさんのようになれたら、と思う。

関わる人みんなに愛情を注ぐ。
幸せになる方向を向いている。

それはとてもパワーのいることで、
普通に出来ることではない。

彼女の生い立ちや環境は普通ではない。
けれどそれは言い訳にならない。
評判がものすごく高かったので、めちゃくちゃ期待して見てしまった。
子役も含めて俳優さんみんな味出まくりで良かったです。
仲良しの母娘と思っていたのが、実は血が繋がっていないという事実が発覚し、最終的に絆で結ばれた家族全員で双葉を見送るという展開におやおやと思いつつ見ていたら、遺体を風呂屋で燃やしてみんなでそのお風呂に入るって題名回帰のオチだったとは。

全体に面白くはあったんだけど、娘の安澄はクラスで恒常的にいじめられていたのに、教師や学校は何もしていないようだったのが腑に落ちない。
あと、あんなに具合が悪いのに双葉一人で長旅運転なんて・・・。
そういうヤツなんだろうけど、旦那がどんどん弱っていく双葉を見舞いにいかなった事と、小・中学生の娘たちだけに死にゆく母親の付き添いをさせたってところが嫌だった。
いくら夜中に組体操でピラミッド作ってみせて「俺にまかせろ」と叫んでもなぁ。
でも、私の心に響かなくても、双葉の心に響いたのならそれでいいけど。
オダギリジョーは、こういうどうしようもない男(だけど憎めない)を演じさせたら天下一品だと思うわ。

・・・・・お骨、拾ったんだろうか。
何度も泣かされました。鑑賞中に最低でも4回は泣きました。ずるいくらいに泣かせてきます。
評価べらぼうに高くないのは、人の捉え方次第のところ強くって、ラストが、、、ってなってしまったから。

豪華俳優陣の演技がすごい。

宮沢りえ:この作品は脚本から惚れ込んでいたとのこと。病弱していく様はもちろんのこと、本当に熱い演技です。いじめに遭っている娘が学校に行きたくないと言っているところ、無理矢理にでも行かせようとするシーンは本当の親子だと感じる程。あたたかくて、世話焼きで出会った人を幸せにするような人でした。

オダギリジョー:家族残して蒸発するダメ夫役。いい加減でダメ夫。ですが、なんか許せてしまうような雰囲気を作り、実際こんな人いるなーと思ってしまいます。飄々として適当でいて、でもどこか人間臭い。このバランス感覚を持って演じきれるのはオダギリジョーしかいないなって感じました。

杉咲花:完全に宮沢りえ食った存在感。彼女じゃなきゃ今作成り立たない。手話のシーンや病室で涙目堪えるシーン。1つ1つが、これから死を迎える母の意思を継いでいくかのように感じました。


と、まあ俳優陣の演技とかだけでとても長くなってしまうほどの良い映画。
書ききれないのであとは観て感じてください。

しかし、冷静に観て納得出来ないところも多々あります。
1.末期癌の双葉(宮沢りえ)が子ども2人乗せて車で遠方に行く時
なぜドライバー役をたてなかったのか?オダギリジョーまさかの保険金目当て?危なすぎる。

2.安澄(杉咲花)の教室内で下着になるシーン
いじめられてることを打ち明けるのかと思いきや、まさかの脱ぐ。そして吐く。

3.ラストシーン。
まさか本当に銭湯で薪と一緒に燃やしたの?その湯で銭湯入っちゃってるの?けど法的にダメって言っちゃってるやん。えーーー。

以上3点がどうしても、腑に落ちない。監督が結構変態性ある人なのもわかります。ですが、ラストでどうしても糞サイコパス一家に成り下がった感がある。

ですが、とても良い作品です。笑