湯を沸かすほどの熱い愛のネタバレレビュー・内容・結末 - 4ページ目

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿されたネタバレ・内容・結末

すごく良かった。
良かったのだけど、、
主人公たちの環境が不遇過ぎた、、



特に宮沢りえ こんなに強く優しい、母の鏡のような人は報われず、彼女を捨てた母親は、新たな家庭で平穏に暮らしている。

この残酷さは現実的には真理かもしれない、死は待ってはくれない。

ただ、宮沢りえ演じる母には、もっと家族との平和な日々を過ごさせてあげたかった。。

だからといってこの映画は、悲劇に対して主人公たちがどう生きていくかが魅力でもあるので、そこは難しいところだと感じました。。

良い映画であることは間違いないのです。
手話を教えておいたこと、
組体操を見てもっといきたい!と言ったとこで号泣
邦画の中では上位の作品。
全体的には良かったし、色んなところで泣きまくったけど、ちょいちょい気になるところがあった。

安澄がいじめられて学校に行きたくないと懇願するところは、お母ちゃん厳しすぎやしませんかと思った。
あれだけいじめられても毎日ちゃんと学校に行って、それをお母ちゃんに見せない安澄がそもそも強いし、迎えに行って様子を見た最初の言葉が『好きな色は何?』って、えーってなるだろうに、素直に答える安澄。
クラス全員の前で体操着を脱ぎ訴えるなんてこと、そうとうメンタルが強くないとできない。
さらに、ウキウキで行った旅行中に突然生みの親が違うと言われ、今からその人と話してこい、夕方迎えに来るはかなり酷。
ちょっと母の愛が強引だったよなあと。
でも手話と体得させるように教育していたところは泣かせる。

鮎子を迎えに行った時も良いお母ちゃんだなあと思ったけど、その前にそこに住んでる人はあんなところでうずくまってる子いても誰も通報しなかったんかいとか、ぱんつをドアノブに引っ掛けるとか、それはどうなん。とか😅

犬の置物をぶん投げてガラス割っちゃうとか。😅
それならもう強引に行けば良かったやん!って。
でもなあ、そこは双葉もこどもっぽくなっちゃったのかなあ。

でも何にせよ、血が繋がってなくてもここまで愛することができるのだろうかと思わされた。
タクミくんを抱きしめた時は優しい人だなあと思った。

オダギリジョーと宮沢りえの夫婦役はあんまりしっくりこなかったけど、どうしようもないけど憎めない父親役は合っていた。

でも何よりラストシーンは、えーーーー!ってなった。
タイトルって本当の意味でそういうことだったの、みたいな...
軽くホラーだった...

杉咲花ちゃん、クックドゥーのcmのイメージしかなかったけど、本作で演技力の高さに驚いた。
鮎子と安澄の姉妹の感じはとても良かった。
今後に期待したい女優さんでした!
末期ガンを言い渡され、宮沢りえ演じる双葉はやり残したことを実行へと移していく。
「逃げちゃダメ」と立ち向かうことの大切さを伝えながら、大きく優しい心で周りの人たちを包み込む、愛で溢れた強くて優しい双葉。
そんな双葉が「死にたくない。」と泣き崩れながら言うシーンには胸を締め付けられるとともに、リアルな"死への恐怖"を感じて、涙が止まりませんでした。
宮沢りえさんの演技にも心を掴まれますが、娘役の杉咲花さんの泣くのをこらえながらも語る演技等々には、物語に釘付けにさせられます。
家族関係が複雑だったり、余命宣告されたり、ありがちな内容で、最後も上手く解決して、特に驚きのある展開があるわけではなかったけど、落ちるとこに落ちて納得して見終わることが出来ました。
普段あまり見ない邦画でしたが、個人的にはすごく当たり映画!
久しぶりに映画でしゃっくり上げて泣きました。
ラストは「マジで?」と声が出てしまったけど。
泣けるけど、見終わった後にすがすがしい気分になれる不思議な映画。
幼い頃実の母に捨てられた双葉は、余命数ヶ月と宣告されるも直接血の繋がりのないあずみとあゆこを母親として大きな愛情で育ててゆく。それは自分が手にできなかった、受け取れなかった愛情を探す旅のようでもあり、女性という生き物に秘められた母性というパワーがなせる技のようにも見える。
「逃げちゃダメだよ、立ち向かわないと!」という双葉の言葉は、自分自身へのメッセージでもあったんだなぁ。
ラストの展開がまた独特で良い。
え?これこんなに高評価?まじで?って感じ。

いじめられてる我が子を無理矢理学校に行かせようとしたり
生みの親に無理矢理会わせようとしたり力ずくで訴えるのは胸糞悪いなあ。
結局親のエゴの押し付けじゃないかと…

夫も避妊も出来ず先も見通せないようなクズだし、そんな男が今更妻に報いようとしてもねぇ…

もう新しい家庭が成立してるのに生みの親も当たり前のように子供に会いに来るのも厚顔無恥すぎるし
最後葬式の受付してるのも謎。

双葉の母に会いに行くシーンも必要だったのか良く分からない…

そして最後は母で炊いたお風呂に皆で入る!?もうサイコパス展開でついていけなかった…
これをハートフルストーリーだと飲み込むのはとても無理。ただただ不愉快だった。最早意味不明すぎて笑った。
期待が高まってしまっていたせいか、★★★です。それぞれの演技はすごく心にぐっときました。家出した鮎子が無事に帰ってきた後家族でしゃぶしゃぶするシーン、あずみが母親と手話で話すシーンが好きです。ラストは苦手かな...。
序盤 なんでこの子は手話が分かるんだろう
ああ、そういうことかってわかった時にあまりの母の愛の深さにつらくて苦しくて泣いてました
なんだかこの家族を自分だったならば、と考えてたらあまりにも幸せでつらくて悲しいものだなあと。胸がじんわりしました
「何かしてあげたいと思うのは、その何倍もしてもらったように思うから」
凄く凄くいい映画だった
久々に感動した
おいおい泣いた
特に生みの母親に会って、手話を仕込んでいたとこに泣いた
これはたまらん
オダギリジョーがろくでもないけれど愛のある人でいい
杉咲花がとてもいい!とてもいい女優さん
「鮎子ここにあり」
がよかった

湯を沸かした