湯を沸かすほどの熱い愛のネタバレレビュー・内容・結末 - 4ページ目

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿されたネタバレ・内容・結末

何度か泣いた。杉咲花ちゃんの演技に泣かされた。あの虐めてた女たちに何かバチが当たればいいのに。お母さんが下着くれたときにまだ良いよって言ってたから中学生かと思って見てたら高校生だったのでちょっとびっくりした。虐め方とかも中学生みたいだったし。
途中で進学したんだっけ?
明るいお母さんが「死にたくない」って泣いたところは辛かった。
気になったところは
左手がたまに思うように動かないというのに車の長時間運転を許す父親(銭湯休みにしてでもついていけよ)
松坂桃李が小学生の子どもにラブホの話してるのにみんな楽しく聞いてる
お漏らししてしまったあとの床を拭かずに汚れたパンツもドアノブに引っ掛けていくシーン(住んでる人が通る廊下だよね?)
宮沢りえが母親に会おうとする前に探偵が「そんな娘はいないって言われた」って正直に話す(もっとオブラートに包んであげても良いような)
まさか焼いたのか?と疑問に思ってレビュー見るとやっぱ焼いたっぽい
人が気持ちよくお風呂に入れる温度で人間を焼き切れるのか…?生焼けになりそうな…

全体的には楽しめた。
愛に溢れてたし娘は優しい良い子だし手話で実の母と話すシーン、いつか役に立つからってところは泣いてしまった。
最初の蟹と手紙の時点で母親違うんだろうなと思ってて途中の手話理解してそうな時点でん?って思って蟹のお店の女の人が耳聞こえないところであーってなった
これからお父さんに家族任せるとかちょっとやばそう…
娘捨てた実母はちょくちょく家来てるみたいだけど母親としてこの先一緒に暮らすとかいう風になるんだろうか
晩御飯のときにみんなに協力してほしいって父親が言い出したとき、まさか病院で人間ピラミッドするんじゃないよねと思ったらドンピシャで笑ってしまった
2017年 80本目

友達に勧められて鑑賞

結論から言うと、トンデモサイコパスホラー映画。

いろいろあって四人で過ごすことになって、収入はボロい銭湯で稼いだお金だけで、どうやって暮らしてるんだろうっていう疑問。

松坂桃李演じるバックパッカーは、小学生の女の子を前にラブホテルの話をしだして、なぜか誰も止めずにみんなで大爆笑。

宮沢りえは癌でいつ倒れてもおかしくない状態なのに、オダギリジョーは付き添いもせずに旅行のお留守番。多額の保険金でもかけて事故死でも願ってるんじゃないかと思うほど酷い。

杉咲花ちゃんの本当のお母さんには、いきなりビンタをお見舞いし、自分を捨てて小さい子供と遊んでるお母さんには物を投げてガラスを割る愚行

それ以外にも、一つ一つの話が薄いし、イジメや本当の母親の話など、さも解決したように見せる始末(杉咲花のヌードも意味不明)

極め付けには、宮沢りえを銭湯で燃やしていることを示唆するようなシーンは心底趣味が悪いなと感じた。

気持ち悪い映画。
純粋にいいお話だった。
お母ちゃんの芯の通った真っ直ぐな人間性に惹かれる。
ちゃんと伏線回収されてるし、
すぐに二回目見たけど、一回目では気づかなかった部分を発見したり、深いな〜って思った。
杉咲花ちゃんに感情移入して見てたからお母ちゃんと言い合いのシーン泣けたし、いじめのシーン辛すぎた。
でも、自分だったらもう学校行かないし、いきなり来た義理妹にあんな優しくできないし、お母ちゃんが弱ってく姿直視できないし、実母にもあんな真っ直ぐに接しれないから、血は繋がってないけどお母ちゃんの教育の賜物だなって感じた。
他人にここまでやる人なんている⁉
現実にはいないでしょうね。
しかし、双葉お母ちゃんの本当のお母さんひどくない?
なに!あれも愛情からくる行動なの?最初の子供捨てたくせに、今の幸せな生活壊すなって事⁉
何か事情があるなら仕方ないけど、そういう細かい事がわからないからただただ腹立った!
双葉お母ちゃんの無理矢理やらせようとする感じも私的には頂けないかな。
全部愛情からくる行動なのはわかるんだけど……
まぁ泣いたけどな。笑
映画館には行かなかったが、かなり期待していた映画だったのでレンタル開始してすぐに借りたのだが…
期待しすぎもあったと思うが、正直なところ評価しづらい映画だった
個人的に、中盤まではイジメに立ち向かう娘や母親の愛に泣き所はあり、後半病状悪化しながら本当の母親のところへ連れて行ったり、全体的には良い話なのだが…
それらの感動がチャラになってしまう程、最後の宮沢りえが怖すぎて観たことを後悔さえした
この作品、世間一般では評価も高く、それに対して否定もしないが、僕はビビリだから感動よりも精神的ショックやダメージが大きすぎた
見てよかった。

でも実の母が普通に家族の一員になってて違和感。みんな男前か。
宮沢りえの愛の熱さに終始涙が溢れました。
死ぬ間際の宮沢りえの顔、知り合いがガンで亡くなった顔と同じで辛かった。ガンは悪魔であり天使でもある。それが詰まった作品でした。
杉咲花が本当の母親に会って、手話で会話するところが印象的。この日のために手話を教えていた、お母ちゃんの長くて切ない計画を知って少し沁みた。杉咲花ちゃんはこれからどんな作品に出るんだろう、と楽しみになりました。
きのこ帝国が主題歌歌ってたことから観た作品。最後ちょっとお母さんの遺骨をえーっ!?って実際にやったらどうなのって思ったけど出てくるキャラクター全員それぞれが抱えるストーリーがあって面白かった。
みんな凄い泣くっていうからちょっと心構えし過ぎたのか、ティッシュ一枚も必要なかった。むしろオダギリジョーの色気にフッと笑っちゃうぐらいだった。
映画の中の人が常に交代で泣いてたからかなぁ。みんな泣いてるし、まぁ私泣かなくていっか、みたいな。

私はこんなに強い母にはなれないなぁって単純に思った。きっと私だったら学校行っても行かなくてもいいよって言っちゃう。

あと最近手作り感のある結婚式はよく見るけど、あんなに手作り感のある葬式は初めてみた。映像常に写真みたいで綺麗だったな〜。

あと、人が吐いた時に「牛乳です!」っていうとっさの報告はないやろ!なんでそんな秒でわかった!?
っていうちゃちゃを入れたくて入れたくてしょうがなくなった辺りからむずむずした。
ボロ泣きしました。余命を宣告され、自分のやるべきことを全うする双葉。強く生きる双葉に影響された安澄や鮎子などの周囲の変化。母を安心させるために皆でピラミッドを作るシーンに心を打たれた。時間は有限。大切に1日1日を過ごしていきたい。また改めて親族を大事にしようと思えるステキな映画でした。