湯を沸かすほどの熱い愛のネタバレレビュー・内容・結末 - 4ページ目

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿されたネタバレ・内容・結末

記録
ラストが素晴らしい!映画館で見たとき、どうしようかと思った。1つの映画なのにたくさんのジャンルの感情が呼び起こされるような感じ!
これで杉咲花さんの大ファンになった。
色々となんかそれは…ってのを繰り返す映画。ただラストのきのこ帝国の挿入歌は最高。

だって!知らん男を!信頼して!!!!女しかいない車に乗せるのはやばく無い?!とかまた終始そんな感じです。
この映画は脚本も登場人物も全員PUNKS。
ぶっとんでる。
シド・ヴィシャスどころではない。

テレビで放送された後色々な場面で話題に出たから、めっちゃ泣いたわ!とか名作だわ!とか周りに合わせて言っておいたけども、実際のところ一滴も涙は流れなかった。

酷いいじめを受けた娘への対処
いじめに真っ向勝負した娘の行動
親父
親父のなんかよくわからない娘
いつ死んでもおかしくないのに娘二人乗せてドライブ
松坂桃李
鶴瓶の息子
ラストのアレ

アナーキーインザ銭湯過ぎた。
めちゃくちゃすきです

ずっと気になってて、コメディ系なのかと思いこんでいたので、びっくりしました

つよくて、やさしくて、全部に真剣で、前向きで、笑顔がまぶしくて、でもほんとうは弱くて、
愛がつよくして、つよくさせている

最初から最後まですんごく苦しいけど、しあわせだからくるしい、愛が大きすぎてくるしい、、

そしてこの愛は作りものじゃなくて、たしかに私も与えてもらってきたもので、今ももらってて、すーーーんごくしあわせものだなあと😢

どんなことがあっても、訳もなく寂しくて涙が出る日もあるけど、ひとりになんてならない、がんばれる、笑ってよー!って思いました
同時に周りのだいすきなみんなに笑っててほしいなー!とも思いました

この間母に出した手紙届いたかなあ
これ観た後だったらもっといい言葉で書けたかなあ

きっと元気づけられるので、ぜひみてほひいです
語彙力がなくて悔しい、、
なんだこの映画めちゃくちゃ良いじゃねえか。初めの安澄と鮎子のストーリーからラストの展開まで感動的過ぎる。
全体の展開も分かりやすいけど単純で飽きる事は無くでも安澄が手話を理解している事が実母の事情に繋がり伏線もしっかり出来ている。
最後の死の迎え方も自分もあんな死の迎え方が出来たら良いなと思う理想的な死。
洋画で言うならマディソン郡の橋のような。
最高にホットな映画。
2時間ずっと泣いてたし、いわゆる『感動のラスト!』ではなく冒頭5分で泣き始めてるからリアルにずっと泣いてた。
あと映画終わってお母さんに連絡した。

まずなにより、宮沢りえさんと杉咲花ちゃんがすごく良い。二人のシーンはずっと泣いてた。

もちろん言いたいことがゼロなわけではない!絵の具だらけの娘に突然それ!?、いじめられている娘を学校に行かせていいのかな、教室で下着姿になって大丈夫!?等々。ここミニシアターだったかな?と錯覚するような独特のやり取りと流れ(ちなみに細部までこだわっていて、おそらく見逃した繋がりとかもまだありそうだけど、2回目観てもどうせ泣くからしばらくムリ)。

でもそんなこと本当にどうでも良いくらい素敵で、血が繋がっている云々なんて関係ないほどの家族感。登場人物みんなが家族だった。娘を学校に行かせたシーンだって、そりゃあお母さんだって心配だよなあ、行かせたくないよなあ、でも心を鬼にして逃げちゃ駄目だって教えるんだなあ、ってまた泣いた。変わらないよ、お母ちゃんもってそういうことだと思う。

事前にがっつり予習してから映画見ちゃう人生損するタイプだから、ラストのこともだいたい察しついてた。まあ良い悪い色々なんとも言えないけど、そこでガツッとタイトル『湯を沸かすほどの熱い愛』って厳つい文字が出るのは最高にかっこいい(+音楽も)。本当にその通り、湯を沸かすほどの熱い愛だったんだなあ、月並みな言葉だけどお母ちゃんがみんなを家族にしたんだなあってまた泣いた。

重厚感と軽やかさ、一見相反する2つが詰まった作品。【病気】【家族】ってまるでお涙頂戴ハンカチ準備!みたいなキーワード揃ってるけど、こんな厳ついタイトルでこんな爽やかなパッケージで、つまりそういう作品でした!とっても良かった。


今年入ってから強い母の映画これで3本目だなあ
お母ちゃんの熱い愛に感動しました。

病院でピラミッドになってるところは笑えたしちょっと泣けた。

きのこ帝国の主題歌もあってました。
家族ってどこか難しい部分とか家族の中でもどこか距離感があるって事を見て感じられました。
でも、こういう家族って良いなって思える作品でした✨

ほんまに血の繋がりなんて実際関係なくて、親子として、人として、どう接していくか、どう向き合っていくかとかが大切やと改めて感じました。

また、やっぱり母は強しと思えた。
宮沢りえ(双葉)のように、あれだけ人に刺激や影響を与えられる人ってとても素晴らしいと思えたし、そういう人になりたいと思えます。
心の中に熱いもの持ってるし、家族や他人にも全力で接してるからこそ惹かれるものがあるんやろなって感じました。

…しかし、そんな人でも弱くなる時があって、それを見た時に本当に心が締め付けられました( ; ; )

とても心温まったし、生きてるって当たり前じゃない事を再認識させてくれる作品でした。また、自分は他人の心を動かせる事が出来るのかって事も考えさせられました。

めちゃくちゃ号泣しましたが、観終わった後は爽やかな気分になれる映画でした✨

これ書いてる内に色々思う事が出てきて纏まってませんがお許しください笑
感動しました!ありがとう✨

今までで1番泣いた映画。

映画でよく泣くタイプの人間ではあるけど、後半半分全部泣いてたのではないかってくらい涙したのはこの映画が初めてやったと思う。

愛しかなかった、素晴らしかった、熱すぎた。

こんなにも失いたくないと強く想われる人間ってこういう人なんだなと。
私もこんなに惜しまれて死にたいと思ったけど、無理だ敵わなさすぎる。

血の繋がりだとかどうでもいいし、最後に愛は勝つ的な曲があったけど、ほんまにそれが全てやなと思わされる映画やった。

宮沢りえさんの強くて弱くて強い母はもちろん、杉咲花ちゃんにしか演じられないあの表情と、オダギリジョーさんの涙演技にはやられすぎた。
オダギリジョーさんってほんまにずるいと思っている、ずっと好きあの人の演技。

そして最後の映画タイトルがあのBGMと同時にどんっとくるところ、ほんまにしびれた。
心を鷲掴みにされた。うわぁこういうことか!やられた!素晴らしすぎる!って。
あのシーンを作ったひと天才だと思った。

泣ける映画は何ですかって聞かれるとこれを勧めると決めている。実践している。
お母ちゃんの愛ってすごい。
自分の病気が分かったときに、体調が優れないなか娘の為に動き続ける姿に胸を打たれた。

話が進んでいくうちに、娘と血が繋がっていないことが分かったときには驚いた。