湯を沸かすほどの熱い愛のネタバレレビュー・内容・結末 - 63ページ目

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿されたネタバレ・内容・結末

生きている間は出てくるあらゆるものが赤い。生のシンボルカラーとしての赤。血=生を連想させるからだと思う。死ぬ時は一気にいろんなものが黒くなる、夜とか喪服の下りとか。ビジュアルは赤い字なのに最後にタイトルが大きく出るときに黒い字だったのは煙として全てが放出されたから?細かな色遣いで物語が進んでいくイメージ。終始泣いていた、そう来るかっていう展開が多くて期待をこえすぎた。血じゃなくて、熱い愛で結ばれている家族のお話。
子役の子がオダギリジョーに、旅行に行く、タカアシガニ食べると言いに行くシーンが一番好きでした。
泣けました。

自分も死ぬ時は「まだ生きたい」と思うのでしょうか。

人に色々与えられる人間になりたいと思いました。
最後、タイトルとつながって、驚愕。杉咲花ちゃん、宮沢えりの演技が素晴らしい。
母と娘。それぞれがいろんな事情で母に捨てられた娘。でも血の繋がりのない母娘が愛で繋がる。
母は病気に侵されながらも強く生きる。
そして出逢っていく人たちに愛される。
最後に「おかあちゃん」は死んでしまうのだけど、哀しいだけの話をじゃない。オダギリジョーの頼りなさがまたいい味付けになっている。
ハンカチ必須です。
一番周りに愛情深く生きた双葉が一番母親の愛情を得られなかったことが癌になったことより、死んだことよりも悲しかった。あそこだけが何を伝えたかったのか分からない。
人の痛み悲しみを知っている人ほど他人に優しくなれるとはよく言われることだけど、それは傷つけた人を肯定することになるのであって。この映画のタイトルにもある愛ってゆうのは、ハートフルとかloveとかそういうのではなく、情みたいな、なんか人間臭いものだったなー。
親子の愛情は遺伝子による絶対的なもの、他人への愛情は良く言えば思いやり、悪く言えば建前。そういうものじゃないんだろうな。
涙。涙。涙。
こんなにも力強くて温かい映画は初めて。
宮沢りえの圧倒的存在感。オダギリジョーのクズさ。子役の子たちの演技力。何をとっても素敵すぎる映画。
今すぐにでも、もう一度みたい。
相手を壊してしまいそうな力強すぎる愛ってすごい!
「あの人のためになんでもしてあげたいと思うのは、自分がその人に何百倍もしてもらってる。」本当にそうだなあ、と。
観終わったあと、心がず〜っとポカポカ。

美しく力強く儚い。お母ちゃん。
最後のシーンまでロックだ。
とにかく宮沢りえがめちゃくちゃ綺麗だった〜そしてめちゃ泣いた
絵の具のシーンから泣いた笑
みんなでピラミッドやって、死にたくないよおて言ってるところが1番泣いた

でも最後がちょっとぐろい笑
お花が落ちてたから、まさかとおもってたら、炎の中に足が見えて、、煙も赤いし、、、こわかった
泣く映画=良い映画 とも限らないっていう結論になった
というのも登場人物誰もがことごとく不幸な境遇すぎる(笑)

しかし普通に最初の1分から涙出る、母と子の普通の日常だけでこんなに泣かせる家族ものはやっぱずるいな
(…どうしても母にかぶってしまって、思い出しても目の裏みたいなところが熱くなってゆらゆらする こんな風に心配したり辛かったり心を鬼にしたり弱さを隠したり、生きることに差し迫ったときもあっただろうとおもうと、本当にすごい どうしてもっといい娘でいられないのと泣いて、もしも母が実の親でなくてもわたしの母が母でよかったとおもってまた泣く)

まさしく終わりのとき、
湯を沸かすほどの熱い愛、いいタイトルだとおもった