湯を沸かすほどの熱い愛のネタバレレビュー・内容・結末 - 63ページ目

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ストーリーも、役者の演技も完璧だった😢
杉咲花ちゃんの喋り方がすごく可愛かった😊
観ながら自分はこんな強く生きれないなと思った。
手話のシーンとピラミッドのシーンで号泣した💧
ピラミッドでのオダギリジョーのセリフが本当に泣ける😭
やっぱり母親ってカッコいいな✨
最初から最後まで泣いていた
宮沢りえがとにかくいい
オダギリジョーもヘタレ具合がちょうどいい
本当の自分の子供がいないからこそみんなの母親になれるのかもしれない
力強く生きる姿は本当にかっこいい
女性だったらあんな母親になりたいと思うはず。。。素敵すぎます
ラストは結構衝撃かも
個人的に好きな宮沢りえと杉咲花が出演しているとゆうこともありとても見たかった映画。さりげなく家族構成が複雑で、え!って突っ込みたくなる部分もあったが、それ以上にお母ちゃんの想いと人柄が温かくて涙なしでは見れない作品。お母ちゃんがあずみに、現実とちゃんと向き合うことを伝えるシーンが度々あったが、本当に感情移入してしまうほど。あずみの年齢と近い分、逃げ出したくなるような気持ちもわかるし、また自分が遠くない未来に母になった時、自分の子どもとどう向き合うのだろうか、お母ちゃんのように熱く立ち向かえるのかな、自分の親はどうゆう風にしてたかななど色々考えてしまった。少し前までは完全にあずみサイドで、母の気持ちになって考えるなんて困難だったが、少しずつ年を重ねるごとに親に感謝しなければて改めて思った。とても平凡だけれど大事なことを考えさせてくれる温かい作品。
サッパリしたエンディングではなく、ちょっと「?!」てなるとこもそれで面白い
湯を沸かすほどの熱い愛 鑑賞。
.
泣ける!泣ける!!泣いた!!!……けど…クドい。そこが勿体無いと感じた。(そんな事考えるの自分くらいだと思いますが(^▽^;))
普段映画を観ない方や、映画観て泣きたい方には非常にオススメですが、
表現の面白さに対して、奥深さや追求する方(映画ヲタクや映画に隠れている意図を見つけるのが好きな人など)にとっては、まぁつまらん。と思います。
.
なぜかというと、
「分かりやすい感動」と
「展開の結果を全て説明してくれる丁寧さ」が、
お客さんに「奥深さ」を考える余地を与えない作品となっているように感じ、
「見えない美しさ」、
「見せない美しさ」の存在を皆無としていると思いました。
.
10分に1回ぐらいの割合で泣かしにくる。しかも俳優さんの泣き顔が毎回映る。
泣かしにくるのは別に構わないが、そればっかりなのだ。
「さあ、泣けるシーンだ!演者さんの渾身の泣き顔だ!泣けよ、ほらほら。」と言わんばかりの演出が余りにも多く感じた。
.
演者の涙を見せて、観客を泣かす方法は、安い感動でしかないと思ってますし、誰だって思いつく方法。
.
そういう意味では、
俳優の演技を観る為の作品だと思います。
僕はむしろストーリーに泣かされたというより俳優の演技に打ち負かされ、泣かされました。
久しぶりに俳優の名演技を堪能出来るます。
故に、そこが万人の方にオススメ出来る要素だと思います。
(映画料金分の価値は充分にあります。)
.
特に杉咲花さんや宮沢りえさんの演技は、観客全員が飲み込まれる力を持ってました。
(数々の賞の中で、女優賞を殆ど持っていった事には納得出来ます。)


以下、ネタバレ感想。









1番好きだったシーン:
末期ガンで告げられた後の真っ暗な風呂屋で、娘からの電話により、差し込む携帯電話の光だ。
絶望していた幸野双葉の真っ暗な世界に娘から発せられる光は、
幸野双葉の心の中に一筋の光が差し込んだ様な演出表現は、実に印象的であり、アニメ的な手法だな。と面白かった。
(個人的には、電話が終わった後で幸野双葉の顔が映るシーンがあるが、あれは映さない方が良かったし、
代わりに携帯を閉じても、光が絶えない(携帯電話の一時的なバックライト)演出を観せた方がさらにグッとくると思いました。) 後は、カーテンの合間から光が漏れる感じをワザワザ画面全体で映したのも、印象的だった。

1番泣かされた所:
幸野双葉と幸野安澄がベットで喧嘩するシーン。
お互いに思うところがあるけど、互いに真実を口に出せないやるせないケンカ。
安澄が「何にも分かってない!分かってないよ!お母ちゃん…」と言う所が、1番の泣き所ピークだった。
(その後、「学校行くんかい!」って思わず思ってしまったが、その後のイジメに対する対抗手段が凄く良かった。)

悪い点:
よくあるストーリー。他にもよく似た作品ならあると思し、俳優さんの演技力が高過ぎて、監督の力量が見えなかった。

幸野双葉が入院した後や死んだ後でも、顔を画面に出し、お客さんを無理矢理泣かせにくる手法に、ちゃちさを感じた。
敢えて見えない、見せない、からこそのお客さんが幸野双葉というキャラクターを考え、どの様な容姿になってしまったのか、という恐怖や悲しみを想像させる演出出来ていたのに、
全部画面に表示しているのが、勿体無く感じた。

感動演出のワンパターンが顕著であった。125分もあるのだから、もっと色々な感動をお届けできたのでは?とも思いました。

数学の先生の台詞が良くなかった。というか少し滑稽に描いている様に見えた。
体操服で幸野安澄が教室に入ってくるシーンで、同じクラスの生徒が笑うのは分かるが、それに対して、
数学の先生から発せられるであろう
「お前ら静かにしろ。」的な台詞がなかったのが悔やまれる。
幸野安澄がイジメられていることは、絵の具事件で判明している。
そのことを担任の教師は、先生同士で情報共有しているべきだと思ったが、そんな描写がなかったので、
単に情報共有されていないのか。
それとも数学の先生の性格自体に問題があるのか。
それとも演出意図で教師を馬鹿者キャラにしたのか。
いずれにしても、教師という職業の描写が少し可哀想でもあった。

エンディングでタイトルが出るのは構わなかったが、それと便乗して激しいエンディング曲が流れるのが、なんか違う…感が否めなかった。
その後、銭湯の煙突から赤い煙が出てくるんだけど……演出意図は分かる!凄く分かるけど!分かるんだけど……実際に起きたら近所迷惑だよね…って最後の締めの演出が浅はかな感じがした。
#中野量太
#オダギリジョー
#伊東蒼
#松坂桃李
#篠原ゆき子
#駿河太郎
3回くらい泣いた。

その中でも、いつか役に立つからって手話勉強させたっていうところ。

ラストはタイトルの通りでちょっとびっくり。笑
家族に会いたくなる。
娘が学校でいじめられ、結婚相手が蒸発し、自分も病気になる、など苦境のオンパレードでも大きな愛で家族を包み込む宮沢りえの演技が素晴らしい
母親の強さが前面に出ていた映画。
物語に感情移入して訳のわからんくらい泣いてしまった。

オダギリジョーのダメ男役はハマる。
オダギリジョーじゃない人がオダギリジョーになろうとしても絶対にオダギリジョーにはなれないと確信した。

双葉のこれまでの生い立ちがとても闇で、複雑すぎる。よくここまで挫折せずに生きてこれたなと。ましてや3ヶ月の余命宣告を受けたのに夫を連れ戻して銭湯を再開するというのは狂気の沙汰。

単なる家族の物語ではなくて、どんどん周りの人を前向きに矯正させていく双葉。
拓海くんが言っていたように本当に不思議な人。

自分もある事情で学校に行きたくない時期があって、その時に母親から「逃げてもいいけど、ここで逃げたら一生立ち向かえなくなるぞ」と言われて、泣く泣く立ち向かった覚えがある。
今の自分はその時と比べて随分と開けた人間になれたし、あの時逃げなくて良かったなと思う。
あの時、逃げるなって言ってくれたのは母親だけだったから。
双葉が"阿澄なら、絶対にこの現状に立ち向かえる"と信じていたからこその行為。
いじめの対処に正解なんてないけれど、あの親子にはこのやり方が一番良いんだなと感じた。

まぁそれを除いてもツッコミどころが多い映画ではあったし(火葬で湯を沸かすのはどうかと思った)、窓ガラスを割るシーンとかかなりアレだけどあそこまで人生が追い込まれている双葉にまともな判断を求めるのはナンセンスなのかな。でも物語の本筋は良かったし、役者の演技も素晴らしかった。

あと主題歌が完璧。おかえりって感じ。
またも宮沢りえに圧倒された。
誰の母でもないのに、一番愛が溢れてる。

「ほんの少しの延命のために、生きる意味を見失うのは絶対に嫌」
「私にはやらなきゃいけないことが、まだまだたくさんある」
演技と台詞がタイプじゃなくて。
でも手話のくだりには泣きました。
「お母ちゃん」には、最初から最後まで本当の意味で血の繋がった家族がいない。
でも、彼女の愛は、たくさんの家族を作っていく。確かに血は繋がっていないけれど、一人じゃなかった。現代日本の家庭は、湯船を核家族で占有する。だけど、「お母ちゃん」が愛を注いで、みんなを温めた銭湯は、むしろ血が繋がっていない人たちが同じ湯船を共有するものなんだよね。

キャスト全員すごかったけど、中でも杉咲花ちゃんが本当に素晴らしかった。自分の経験と重なるなあ。