湯を沸かすほどの熱い愛のネタバレレビュー・内容・結末 - 63ページ目

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿されたネタバレ・内容・結末

泣いたー。何度も。

丁寧に伏線をひいて、それを回収していくのが気持ちいい。タイトルまで伏線だとは。

ひねくれた見方をすると、大人のエゴだったり気持ちの押し付けだったりすることが受け取り手が素直なことで結果オーライになってるんだよな、とは思うけど お話だからいいのかと。

観たあと元気がみなぎってきました。
死にゆくひとりの女性が愛する人たちに「家族」という遺産を残していく話。
杉咲花は「夜行観覧車」の時から先輩女優にも負けない演技力を持ってる子だなと思ってたけど、今回も凄かった。
家族の話であり、ひとりの女性の生き様であり、親子の話でもある。
この話の主軸はやっぱり双葉と安澄の親子愛の話なんだよな。
双葉は自分と生い立ちが似た安澄のために「家族」を残そうとしていて、安澄の最後の「ありがとう、もう大丈夫だよ」に双葉が言ってたやらなければいけないことが詰まってた感じがした。
血が繋がってなくても確実に安澄には双葉のDNAが流れてて、その見えない繋がりの表現に長けてた。
素晴らしい作品でした。特に娘2人の演技は本当によかった。ラストはこれやりたかったんでしょうね。わたしは好きな終わりだった。
最初から最後まで、ずっと泣ける。宮沢りえさん演じる双葉さんが、優しくて強くて温かくて美しい。最後に探偵が言った「この人(双葉)の為なら、なんでもしてあげたい。そう思えるのは、この人からたくさん与えられてる気がするから(ニュアンス)」という言葉が、凄く印象に残ってる。そういう人ばかりの綺麗な世の中ならいいにな。。。。。
母親の体調不良が、まさか大きな病気の兆候とは… いじめを受けてる娘には、強い母親を見せているが、自分の病気の深刻さがどんなものなのか分かっていない。倒れるまでは。
そこからの、母と娘。そして、関わってくる人達。これが、家族。これが人としての関わり。
もっと、バラエティ色があるかと思ってたんですが、いやいや。ええですやん。これも。
最後が、銭湯の薪を使って、お湯を沸かしてるところで、棺桶を燃やしたとは…
ああ、そうか、そやから、湯を沸かすほど熱い愛なんか。名作です。
ちなみに監督さんの出身大学は、僕と同じです。
本当の母親を知らず、本当の母親にもなれなかったからこそ子供たちに注げる熱い愛。
子供と彼らの本当の母親との関係を汲むあたり、母親を越えた愛だと思う。
子供たちのために孤独になることも背負う双葉の想いが切ない。
宮沢りえのまわりに色々起きすぎて、、なんだかな〜
でも、カニめっちゃ食べたくなる
あの赤い煙!
特別温かいお風呂?家族の笑顔は~(^-^)
お母ちゃん自身の温もりは~駄目よ!
映画は許されるの?
確信的シーンはなくても!
法にふれる!(絶対にしてはいけない法律で決まっていること!)
ラストはついて行けなかった!

産みの母から捨てられたにもかかわらず、健気に生きる子供たちに涙、涙!
まさか長女までも違ってたなんて~

フラフラしてる父親役~ぴったりオダギリさん!
何かそういうの、はまり役で、似合っちゃって~

りえちゃん、みんな一気に引き受けて!
からだ大丈夫かな~と
演技だけじゃなく、心配になるほど痩せて~
でも、凛々しいりえママ、良かったよ!

あと、自分を捨てた母に会いたい気持ちは分かるけど
それぞれの家庭が~そこまでの思いやりも、
難しいけど、母親だから考えてほしかったし、
大人げない行動はちょっと!ダメでしたね!
辛口だけど、たとえ、どんな理由があっても、
~を投げては!
ここも引いてしまった!

涙、涙で見入って、感動シーン多々あったけど、
母親としての愛が~私的には特別でもなかった!
子供を思う気持ちは私と同じなんだけど。
あとからお世話することになった妹分に対しての
配慮も遅い!お誕生日にいなくなってやっと気付く!
長女の苛めによる登校拒否も、りえお母ちゃんの厳しさは、結果良かったけど、疑問も感じながら~

私は杉咲花ちゃんが、大好き!
やっぱ、演技ピカ一!
可愛かったよ!
花ちゃんの成長、見守りたいな~(^-^)
愛とはきっと、ハリウッド映画のエンディングで有名な俳優が言う情熱的なセリフのようなものでもなければ、困っている人に手を差し伸べて助けてあげる博愛とか、そんな大きいことではなくて、むしろ、

一緒に食卓を囲む細やかな幸せであり、超待った末でも「ゆっくり気をつけて帰って来てね」と言えてしまう思いやりであり、何が何だか分からなくなってしまった時にも抱擁してくれる信頼と温もりであり、もっと辛い選択肢が待っていたとしても正しい道へと背中を押してくれる勇気だ。

そして何より、愛とはきっとそれらの全てを、どんな状況下においても無償で半永久的に捧げようという覚悟なのだと思った。

私が周囲に今与えている愛情や思いやりが表面的ではないか、すべての人を手段ではなく目的として捉えられているか、改めて考え直すきっかけになった。

経済学者や技術者は、AIに代替されない人間の価値はクリエイティビティだというけれど、たぶん一番代替できないものは、湯を沸かすほどの愛なのだ。
1ヶ月くらい待たされました。。ようやく。
私は不治の病を題材にした話はお涙頂戴だと分かりきっているので絶対に観ないと決めているんですけど、本作品はただの”不治の病もの”ではないです!母の原動力は癌であるとはいえ、その病気が見え隠れする場面は終盤になるまで少ないような気がした。

というのも、わたしは物語の前半部分に強く強く心打たれたんです。宮沢りえにお尻を叩かれて道を正していく周りの登場人物たちのエピソードがあまりにも力強くて、それは「癌」というワードなど忘れてしまうほど。
物語の最後の最後まで、母がくれたものは湯を沸かすほどの熱い愛だった。

節々に伏線が散りばめられているのも面白かったな。杉咲花素晴らしすぎた。。今年はオーバーフェンスといい、オダギリジョーがヤバいです。感想がめちゃくちゃ。
愛と犠牲は似て非なる。
生理的に無理な映画だった。
見終えて数日たつ今も沸々と怒りがこみあげてくる。今年ワーストワン。

余命宣告された宮沢りえが人生の清算をしていく話なんだが、その人生がワケありのワケありのミルフィーユすぎて、その割に全てがあっさり収まっていくという。

それは彼女の湯を沸かすほどの熱い愛ある行動と、それに支えられてきた人たちがしっかりと葬(おく)りたい気持ちゆえそうなったのか。

複雑な割に綺麗すぎで力技すぎでズレれてる。あざとすぎ。
ブラジャーパンイチこそ明日から学校行かれへんがな、無理やなー。

キャラクター全員がサイボーグに見えたよ。

娘はなぜすんなりとカニの女を受け入れられたのか。
余命ゆえか。

てか、いつ母の死を受け入れたんだよ。


鶴瓶の息子よ。便乗してんじゃないわよ。

世田谷に住む女は唯一納得できたよ。


すごく冷めてるんだわ。私の心は。
というか、どこに誰に焦点を当てていのか掴めなかった。
余命ってのはそんな力があるのか。私には全くわからなかった。
オチはヒィーだわ。


こんなに冷めてるのは、隣のおじさんがお酒飲んでイカ系のおつまみ食べてた匂いがきつかったゆえか。

ハンカチ片手に涙ではなく、鼻を抑えることになろうとは。

すすり泣く声はチラホラ聞こえてきたんだけどな。





この度鑑賞に至ったのは、きたる11/5、スーパーレジェンドアクター織田裕二が久々に主演をつとめる「ボクの妻と結婚してください。」が公開されるのだが、同じ余命系をブッ込んできた本作に、「これはUZ様に対する挑発行為。そんなに凄いんですか?サンタフェさん?この目で確認してあげましょうか?」と思ったからだ。


よし。UZ様の命は大丈夫。(なはず)