湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:125分
    監督
    中野量太
    脚本
    中野量太
    キャスト
    宮沢りえ
    杉咲花
    篠原ゆき子
    駿河太郎
    伊東蒼
    松坂桃李
    オダギリジョー
    あらすじ
    死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

    「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

    完璧なタイトルの出方
    #Filmarks2016

    このレビューはネタバレを含みます

    GEOアプリがパースデークーポンなるものを配布してくれた。嬉し。

    去年は、注目の日本映画が目白押しだったので、現在観たい新作邦画はそこそこあります。
    だからこそ、何をレンタルしようかと大いに迷ったのです。

    そんな中選んだ一本ですから、自ずと期待値はうなぎ登りだったのですが…


    以下、感想。
    幸野双葉が自分の死を目前にして、残される家族の問題を解決していく訳ですが、とにかく各セクションの内容が薄い。例えば、安澄のいじめ問題も、あれで解決なのかという腑に落ちなさ。その後シーンの1つも出てこないのがね。根深いよ、あの問題は。
    様々なテーマに手を出さずに、どれかに絞って丁寧に描写して欲しかった。

    他にも、基本的にこの作品のセンスと合わなかった。
    嘔吐物報告班の彼は何なの?牛乳ですっ!って何?と、軽く冷めるシーンが多数。

    そして、大事なラスト。
    いや、気持ちは分からなくないですけど、それは頭を過る程度でやろうとは思わない。故人の肉体を焼却し、その熱源で沸いた湯に浸かって気持ちいいなんて、無理でした。


    こうなると、永い言い訳 借りとけば良かったなんて思ってしまいます。後悔先に立たずですね。オダギリジョーのダメ男っぷりは良かったですけど。
    あー、横道世之介観よう。
    やっと見れた
    泣かしにくるやつだとは
    知ってたけど
    こんなに泣けるとは
    スケールの小さいオダジョーの
    ピラミッドは嗚咽した
    みんな それ以上をもらってるから
    そこまでできる
    そんな不思議な魅力を持った強い女性
    宮沢りえ 素敵や
    序盤はたしかにとばしてるような気がしないでもないけど、描きたいそこを描いたんだろう
    ツコッミどころをはあるけど
    そこじゃない
    そこは想像や ベタに泣けるよ
    ❥❥❥鑑賞日:2017/6/29

    涙が止まらなかった。
    切なくて、辛くて、苦しいけど温かい映画。

    お母ちゃん、安澄、鮎子の3人の過去や背景が見れたのが良かった。
    お母ちゃんが安澄に伝えたかったこと、伝えなきゃいけないことのシーンで号泣。

    ラストは賛否両論あると思うけど、私は良かったと思うし好きです。
    ラストはちょっと現実離れな感じだけど、かなり泣きました。
    母に拒絶される子供、迎えに来るからと、期待をもたせて置き去りにされた子供。
    リアルにたくさんいます。
    受け止めてくれた「お母ちゃん」の存在が偉大で、切なかった。
    宮沢りえさんの演技力に圧倒されました
    脚本が秀逸。
    ツッコミどころは多々あれど、特に気にならず観ていた。
    杉咲花がとてもよかった。
    時間が合わず映画館で見られなかったためDVD鑑賞。ラストは分からなかったですが、家族がこういう事では?と言い、まさかねぇ と盛り上がってしまいました(笑) 母が子に最後に伝えなければならなかった事に涙が止まりませんでした。二人の女優さんの演技は見応えあります。オダギリジョーさんも飄々としていて、うん、すごく良い作品でした。
    90本目

    みなさんのレビューとタイトルから推測してもしかしてラストは…と思ってましたが本当にそうなるとは衝撃的です。
    個人的には無しですあのラストは笑
    サイコすら感じる。
    途中でも色々いいのか、おいっていうシーンありましたし。
    ストーリー的には良かったですよ。
    感動します。
    このシーンいる?ってところもありましが…
    宮沢りえ演じる双葉は人間的にも素敵な人でした。ラストの方の病室で言ったセリフには泣きそうになりました。
    杉咲花の演技には満点をあげたいくらい素晴らしかったです。

    このレビューはネタバレを含みます

    二度観ました。一度目は試写にて。一度目は違和感を感じる役者さんやシーンなどあり、落涙はしませんでしたが、二度目はポロポロと、落涙。宮沢りえさんは、とても良い役者さんになっていたのに驚かされました。
    >|