湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:125分
    監督
    中野量太
    脚本
    中野量太
    キャスト
    宮沢りえ
    杉咲花
    篠原ゆき子
    駿河太郎
    伊東蒼
    松坂桃李
    オダギリジョー
    あらすじ
    死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

    「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・レビュー

    タナカノゾミ™
    タナカノゾミ™の感想・レビュー
    2016/11/06
    -
    完璧なタイトルの出方
    #Filmarks2016
    MinamiIshii
    MinamiIshiiの感想・レビュー
    1分
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    歳を重ねて、末期ガンとか、両親の年齢とか、リアルになってきている時期だからこそ余計に自分ごとのように感じられ、涙が止まらなかった。

    いじめに遭っている娘へのお母さんの態度がとても賛同できた。子は子なりに、勝負の日を決めて、クラスの子に立ち向かい、申し立てを受理してもらい制服を取り返し、本当に逞しかった。
    nami
    namiの感想・レビュー
    2分
    3.8
    私の両親はもっと不器用で子どもみたいだけど、考え方とかが似てて…私も高校生の時、制服がなくなって「学校辞める」って言った時に休ませてももらえなくて、なんか似てた。自分と重ねて観てしまった。宮沢リエの「死にたくない」って演技、うるうるきた。お母ちゃんは最後までお母ちゃんだった。
    たけ
    たけの感想・レビュー
    25分
    5.0
    記録
    sawa
    sawaの感想・レビュー
    43分
    5.0
    映画みて声出して泣いたの初めてかも。こんなに泣きっぱなしだったの初めてかも。みんな強いな、すごいな。人並みだけど元気出た。
    kkkkkju
    kkkkkjuの感想・レビュー
    48分
    3.8
    好きなバンドの一つ、きのこ帝国が主題歌を歌っていたこともあって公開当初から気になっていた作品。
    高速バスの時間潰しに、と気軽な気持ちで見始めたのだがこれがとても面白かった。

    個人的にがん患者と深く関わる機会が多い時期だったので非常にホットなテーマでした。
    それぞれが様々な背景を抱えて生きている。一人一人のがんの患者が残された時間をどのように過ごしていくのか、これから機会があるのであればそういったことを考えてあげてサポートできる存在でありたい、そんな風に感じました。


    お母ちゃんのキャラクターには初めは苦手意識を持って観ていましたが段々と惹き込まれていった。
    逃げちゃだめ!しっかりと向き合いなさい!
    響きました。

    オダギリジョーのクズ人間っぷりもハマリ役。

    観終わった後は心がなんだか優しくなる作品。
    にわか1109
    にわか1109の感想・レビュー
    51分
    4.0
    泣ける。とにかく泣ける。
    宮沢りえ素敵すぎ。不幸、不運な境遇に立ち向かう話はいいですね!自分も頑張ろうと思える!
    hf
    hfの感想・レビュー
    53分
    -
    よかった!
    kkopp
    kkoppの感想・レビュー
    1時間
    4.5
    かなり涙腺崩壊だった。最初は、あずみと母の境遇を自分と勝手に重ねて涙だったけど、終盤は命と愛をまざまざと見せつけられてさらに涙。。
    母(宮沢りえ)の言葉は重くて尊い。命がかかってるから?あの厳しい状況の中でも娘や家族、周囲の人に溢れんばかりの愛。自分ならできるのか‥。家族たちからのピラミッドやお葬式も宮沢りえに返ってきた愛で、愛のループは見てて本当に素敵だった。
    病院で宮沢りえが言ってた「生きたい、死にたくない‥」は心にズシンと響いた。生きてないと愛を与えられないし、受け取ることもできないのだから。
    Joh
    Johの感想・レビュー
    1時間
    4.0
    よかった。母の愛の偉大さ、強さ、温かさをとてもうまく表現されているなぁと感じました。ラストシーンも映画だから、これもありか!と言いたくなりました。
    >|