湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

完璧なタイトルの出方
#Filmarks2016
人間の人間に対する愛のゆくえを見せつけられます。

物語はリアルでありながら、時折見せる非現実。そのため1つ1つが印象に残る。

双葉が命をかけて再生した家族。しかし、彼女は報われない。

もしかしたら、家族愛、いや生きるということは自己犠牲そのものなのかもしれない。
泣くシーン多すぎ。母かっこよすぎ。

子供にしてあげれる
沢山の愛をあげようと思った
内容も俳優さんも素晴らしくて。
愛情深さがたまらなく、周りの人にありがとうを言いたくなるような。

どこで泣いたって聞かれても困るくらい涙が止まらなかった。
最後のピラミッドはずるいよ。


宮沢りえもオダギリジョーも杉咲花ちゃんも今回出てる俳優さんたちをまた更に好きになった。
Reina

Reinaの感想・評価

5.0
飛行機の中でボロボロ泣いた
家族愛。母は強い、女は強い
いだね

いだねの感想・評価

4.0
母は強し。
ただ、愛があるから強いだけで、中身はただの人間だなーと思う

ずっと観たかった作品。

期待しすぎて、自分の中でストーリーを作りすぎてしまったw

とりあえず、かあちゃんの圧力が凄まじい映画。一歩間違えたら娘さんの精神壊しますよ、と思いながら鑑賞。

脚本、演出ともによく練られていた作品で
演者も良い感じではまっていました!

個人的にはもっと暑苦しいものを期待してました。
たん実

たん実の感想・評価

4.5
母の強さ

いつ来るかわからない死に怯えてる自分が情けなく感じる


残りの人生に全てをかけて自分の家族を守ろうとする姿に涙

こんな母親になりたい
桃李くん目当てでみたはずが
ひさびさ映画に来て寝ないで最後までじっーーっと入り込んで見た 泣ける映画
宮沢りえがまずいい!
母の強さ、優しさ素敵だった
杉咲花の演技もいいねー

色んな母と子の関係 泣かせてくれたわ

最後のオチはすごすぎた
「湯を沸かすほどの熱い愛」←
すごい秘密隠れてたわ

しかしながら一緒に行った友達は、その最期のオチにドン引きって( -᷄◞ω◟-᷅ )w
感想は人それぞれです。
でも、賞を獲った❗️やっぱりいい作品だと私も思う。

このレビューはネタバレを含みます

たったの一度でも、人間関係がうまくいかなくて
学校に行きたくない、と思ったことがある人は
安澄の気持ちがよくわかると思う。

髪の毛にいっぱい絵の具のついた亜澄をみたお母ちゃん。
「何色が一番好き?」
「水色」
「お母ちゃんは断然、情熱の赤が好き」「お母ちゃんぽい」
この映画が好きだなあ、と思った。

彼氏とかいないの?ここぞというときに使いなさい、とお母ちゃんからもらった水色の下着。まさに勝負下着。
お母ちゃんの遺伝子ちょっとはあったよ。

思い出すだけで泣きそうになる。宮沢りえ、杉咲花を始め、役者が素晴らしい映画。脚本も素晴らしい映画。ぎゅっと、熱く、抱きしめられた気持ち。
>|