湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

4.2
飛行機の中で観たけど中盤から泣きっぱなしだった。キャスティングが素晴らしいなあ。杉咲花ちゃんの、悔しさや悲しみから絞り出す笑顔が本当に苦しい…凄い映画でした。
新山啓

新山啓の感想・評価

3.7
伏線が絶妙なおかげで、複雑な家庭環境が無理なく入ってくる。ヒューマンドラマとして素晴らしいことは言うまでもないが、作品としても巧妙。
かずき

かずきの感想・評価

5.0
噂には聞いてたけど、涙ぽろぽろ出てくる映画だった。

宮沢りえをはじめ、キャストの演技が本当に、ぐっと胸にくる。

私は余命2.3ヶ月と言われたら、誰のために何をするでしょう。

あんな強くて、熱くて、大きな愛のある人になりたいものです。
P

Pの感想・評価

4.6
熱い愛
深いじゃない、強いじゃない、熱い
真っ赤にのぼる煙
カニとしゃぶしゃぶが食べたいな。
冒頭、何色が好きなので早くもお母ちゃんに惚れた。強いなと。
余命映画?は色々あれど、中でもこれは熱いな。これは。赤い。
9歳ってあんなに大人やったかな。
強い強い人を描くセリフが良かった。
なによりも杉咲花ちゃんの圧倒的な演技。あんな表情できるのか。その調子でどんどんお願いしたい。素晴らしい女優。
宮沢りえさんは言わずもがな。
オダギリジョーもね。恨めない。なんやあのクズ。
そしてわたくしにはまだ少し早かったのかなと。思う。
家族間を超えた愛の深い映画。
宮沢えり演じる母親の強さが感じられ、とても感動した!
Rei

Reiの感想・評価

5.0
いじめと、父親の蒸発、複雑な家族関係、余命短い母親
可哀想設定を母の深い愛で乗り越えていくありがちな感動物語かと思いきや、そんなわけないじゃんとばかりに、のらりくらりと淡々と、強い信念と激しい熱を感じるパンクな母親を描いた物語でした。
宮沢りえの、末期で表情が無くなる病人の恐ろしい目、穏やかに見送ろうと努めるも思わず目を反らせてしまう杉崎花の演技
印象的でした。

ラストなんてミュージシャンがギター叩き割るような気持ち良さ!
炎の中にタイトル、そして私の頭の中にハードコア流れてました。
最高!!
杉崎花の演技が良かった
銭湯が舞台というのが良かった、タイトルと冒頭の貼り紙の掛詞もいい

いい話なんだけど、宮沢りえ演じるお母ちゃんが本当に人間がよくできてて、出来すぎてるせいか感情移入できず泣けなかった

探偵とヒッチハイカーの話は蛇足な感じ

しかし、初体験の時のために下着を用意してあげるってどうなんだ
godfield

godfieldの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

・ラスト手前で探偵さんがいう「あの人のためならなんでもしてあげたくなるのは、その何倍もしてもらっていると感じるから」ってなセリフが象徴的で、宮沢りえが感じる双葉という主人公の愛と強さが胸を打つ作品。
・双葉が入院したあと、亜澄、一浩、君枝、拓海、鮎子が幸野家に集まったのが個人的には印象深い。彼らの間にはそれぞれ複雑な関係性があったけれども、それらを調停し、食卓すら囲ませてしまうのが双葉という女性なのだ。「人と人をつなぐ仕事ができるやつは貴重だ」と人に教えてもらったことがあるけど、まさに彼女のような人を指すと思う。
・当然、その後のピラミッドのシーンはめちゃめちゃ泣いた。拓海の変遷もわかりやすくそうだが、双葉の魅力は人に実行を促す。これもまた魅力的な人間にみられる性質だ。
・結末は賛否分かれそうだが、ぼくはすばらしいと思う。善悪超越した情熱的な判断と損得抜きの他者への愛という彼女の性質がよく現れた最後ではないか。これでこそ、この映画が、双葉という人間が完結すると思う。
・エンディングにロックが流れるのは基本的にチープだけど、本作ではイントロが流れた瞬間から鳥肌が立った。双葉の愛と強さは、きのこ帝国の楽曲と通ずるものがあるように思う。ナイスな選曲だ。
エンディングの曲が流れた瞬間萎えた
>|