湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:125分
    監督
    中野量太
    脚本
    中野量太
    キャスト
    宮沢りえ
    杉咲花
    篠原ゆき子
    駿河太郎
    伊東蒼
    松坂桃李
    オダギリジョー
    あらすじ
    死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

    「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

    ちよめ
    3.9
    飛行機の中で観たけど中盤から泣きっぱなしだった。キャスティングが素晴らしいなあ。杉咲花ちゃんの、悔しさや悲しみから絞り出す笑顔が本当に苦しい…凄い映画でした。
    yagi
    4.3
    最後の葬儀のシーンがシュール
    あと死んでしまうところの周りがあまり悲しんでない
    sakotsu
    4.4
    ズルくない?
    画面上で母娘泣いてたら、こっちも泣くに決まってるやん。
    家庭事情が深刻な、はじめてのおつかいみたいやん。

    そんなの効率よく泣いてからそんで最後ちょっと前向きになれるやつやん。(褒め言葉)
    DIAVAL
    3.5
    彼女が最後にやりとげたかったこと、、、
    そのひとつひとつに
    救われていく人たちの物語。
    涙が出た。
    見ればきっと、その熱い愛で自分も強くなれる。
    そんな作品だった。
    母親は、神様。
    27rinaa
    4.4
    泣けた、ポロポロ泣けた。
    宮沢りえと杉咲花の演技力も高くて本当の母娘みたいで。いちいち宮沢りえを自分に置き換えちゃって、母の立場からすると強い女性だなーと。。心も広いし、優しさもあって。
    手話ができる理由、ピラミッドでオダギリジョーがふたばーって叫んだとこはもう号泣。
    そして様々な家族の形があるなーと。松坂桃李のハグにやっぱりキュン♡(笑)
    ラストシーン、タイトルの持っていき方に鳥肌が立った。
    物語に必要のない会話がいくつもあるおかげで生活に自然と入り込むことができた。
    「牛乳です!」の遊び心に心躍った。
    毅
    3.8
    記録
    yuya
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    怖かった
    maro
    -
    さすが、主演女優賞を獲るだけある宮沢りえの役作りに圧巻された。杉咲花ちゃんの涙にはつられるし、オダジョーの演技はやはり良いね。観終わってから、銭湯の番台の求人を探していました。
    >|