湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

3.9
飛行機の中で観たけど中盤から泣きっぱなしだった。キャスティングが素晴らしいなあ。杉咲花ちゃんの、悔しさや悲しみから絞り出す笑顔が本当に苦しい…凄い映画でした。
chi

chiの感想・評価

4.4
受け入れるだけが愛じゃない
家族愛の物語
ピラミッドのシーン、泣いていいのか笑っていいのか。普通に考えて迷惑行為だろ。
感動するなぁって思ってたらラストで引っ掛かった。
愛を"注ぐ"story
とても良かったです。
れんげ

れんげの感想・評価

3.8
もっと感動すると思ってた。ちょっと肩透かしを食らってしまったけど、演者の熱い想いは伝わって来た。
ぽ

ぽの感想・評価

3.1
意外にぶっ飛んだ話だった。
いい話ではあったけど盛り込みすぎでは?この人たちどんだけ訳あり家族なのだ
あずみちゃんへのいじめのくだりはすごくリアルだった。登校拒否に対するお母さんの対処が素晴らしい。
物語だからと言えばそれまでなんだけど、勝負下着とかヒッチハイクのくだりとかピラミッドのくだりとかわざとらしく感じてしまった…

子役がよくて、特に杉咲花ちゃんの演技が良かった。宮沢りえさんの演技はすこし、嘘くさい…
lily

lilyの感想・評価

4.0


「お母ちゃんの遺伝子ちょっとだけあった」
と、あずみが涙をこらえるシーン、
母の思いにあずみが応えて、受け継がれていくのを感じました。

お母ちゃん自身にも、
娘たちにも、たくみにも、
いろいろな背景があったけど
とにかく愛と強さで包んでくれてお母ちゃんの圧倒的な母性。あの境遇で。


そして対照的なお父ちゃん。
また娘たちが逞しくて余計に、、
でもそんなお父ちゃんも人間味があって愛おしくて、、、

ラストは衝撃的でしたが素敵な映画でした。
面白かった。手話が使える理由が明かされるシーンとピラミッドのシーンはグッとくるものがあった。
全くタイトル通りで母親の持つ愛の深さに感動した。そしてステレオタイプなアレだけどやっぱり「母は強し」なんだなあって
ただ人物関係の複雑さ、登場人物の突拍子のない行動で感情移入がやや困難だった。
RinaKomada

RinaKomadaの感想・評価

4.5
100.こんなにもきのこ帝国の「愛のゆくえ」がはまる映画が他にあるんだろうか。
>|