湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

3.9
飛行機の中で観たけど中盤から泣きっぱなしだった。キャスティングが素晴らしいなあ。杉咲花ちゃんの、悔しさや悲しみから絞り出す笑顔が本当に苦しい…凄い映画でした。
manami

manamiの感想・評価

-
感動と悲しみと驚きと温かさと、とにかくいろんなものが心の中に沸かされる。
序盤はしみじみじんわり系かと思っていたら、途中から次々と真実が明らかになる。「あのシーンは、あのセリフは、あの表情は、そういう意味だったのか!」こんなにも優しく騙されたのは初めて。
全て理解した上でもう一度観たくなるけど、2回目の方がさらに泣けるだろうな。
登場人物も言葉も(セリフだけでなく貼り紙やメールも)背景も、なに一つ無駄なものがない。
しゃぶしゃぶ言いながらしゃぶしゃぶ食べたい。
tokko

tokkoの感想・評価

4.0
良い映画❣️
愛って、強くて、優しい
とにかく何度もグッときた。宮沢りえさんの圧巻の演技。杉咲花ちゃんも素晴らしい。複雑な家族関係の難しい役どころを、ぽんと跳び越えてくるような力があった。オダギリジョーのダメ男っぷりもこれまた秀逸。ラストは予想の斜め上をいっていたけれど、とても「らしい」最期であったのではないかと…。期限を切られた人生の締めくくり。自分にとっての「生きる」を考えさせられた。
ふくた

ふくたの感想・評価

4.5
胸がいっぱい
想像よりも&噂以上にずっとよかった!

あらすじから、というか「余命宣告」の文字からアッ泣かせにかかってる邦画シリーズ…(あまり好きじゃない…)と警戒してたんですけど、なんというか全くあざとくなかったです。

あざとくないからスッと入ってきて、胸を鷲掴まれる。
すごく泣いても泣かされた!と思わない。

伏線の張り方も話のテンポも全体的な陰と陽のバランスもすべて巧みで、飽きることなくずっと入り込めて楽しめる(?)素晴らしい映画ですが、特に最高なのが人物描写です。

主人公の肝っ玉母ちゃんと娘ちゃんは勿論、私は夫(オダギリジョー)が印象的でした。

本当にいい加減でコイツが元凶じゃん!と思うような役のはず、なのに憎めない、絶対に居てほしい人。
この人なんなんだ…

勇気もなく、だらしなく、でも情に深く絶妙なお人好し。
許されるギリギリの人。
本当になんなんだ…

お母ちゃんから家族を支えるよう宿題を与えられますが、最後にお母ちゃんに答えを見せるシーンは、あまりにも素敵な愛の形。

色々意表を突かれるけど、ラストです。
銭湯ならではの快心の最後。
最近読んだ本でも感じたけれど、強くて深い想いは、オカルトになりうるのでしょう。

湯を沸かすほど熱々のお母ちゃんの愛!
に、富士山みたいにでっかい愛を返す家族!
のはなし!!!!!

愛のフルボッコだぜ〜
私は無償の愛を返せてるかしら
Sayo

Sayoの感想・評価

4.3
記録用
顎

顎の感想・評価

-
良かった。
厳しさと優しさは相反してるように見えて同じなのかもしれない
母は偉大だなーーー
ナグ

ナグの感想・評価

4.1
前半は泣きっぱなしだったけど、後半は濃い演出で若干シラけてしまった。でも自分の事よりも残った人の事を心配してしてしまう、そんな母ちゃんの愛が溢れた作品でした!
>|