湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

4.2
飛行機の中で観たけど中盤から泣きっぱなしだった。キャスティングが素晴らしいなあ。杉咲花ちゃんの、悔しさや悲しみから絞り出す笑顔が本当に苦しい…凄い映画でした。
Nia

Niaの感想・評価

5.0
宮沢りえと杉咲花の抜群の役どころ
何年後かにまた見たいその時何を思うか
樹里

樹里の感想・評価

-
「おかあちゃん」が可愛い
きのこ帝国
bluepoets

bluepoetsの感想・評価

5.0
最高でした

このレビューはネタバレを含みます

暗い。いじめ不倫離婚闘病とたたかう話。スッキリはしない
0

0の感想・評価

4.2
初っ端からずどーん、ティッシュ何枚使ったかな。

レビューとして、なにか言葉にしたい思いはあるけど、そう簡単にはうまくまとまらない。
愛を語る、演じるってとてつもなく難しい。
愛とは、、、一生のテーマ。
mami

mamiの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

末期ガンを言い渡され、宮沢りえ演じる双葉はやり残したことを実行へと移していく。
「逃げちゃダメ」と立ち向かうことの大切さを伝えながら、大きく優しい心で周りの人たちを包み込む、愛で溢れた強くて優しい双葉。
そんな双葉が「死にたくない。」と泣き崩れながら言うシーンには胸を締め付けられるとともに、リアルな"死への恐怖"を感じて、涙が止まりませんでした。
宮沢りえさんの演技にも心を掴まれますが、娘役の杉咲花さんの泣くのをこらえながらも語る演技等々には、物語に釘付けにさせられます。
家族関係が複雑だったり、余命宣告されたり、ありがちな内容で、最後も上手く解決して、特に驚きのある展開があるわけではなかったけど、落ちるとこに落ちて納得して見終わることが出来ました。
普段あまり見ない邦画でしたが、個人的にはすごく当たり映画!
小倉昭和館にて。
yuka

yukaの感想・評価

3.8
よかった。愛情と強さにあふれてる。
Yric

Yricの感想・評価

3.0
みんなの号泣しましたコメントは謎やけど、杉咲花の演技力ほんと凄い
>|