湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

Ryoko

Ryokoの感想・評価

3.8
一人一人の境遇は決して明るいものではないけれど、でも辛い結末じゃなかった。
色々な伏線が敷かれていて、最後になるにつれて繋がってくる。
最後はちょっとびっくりしちゃったけど、でもまさにタイトル通り!
今日のニュースで世界最高例のばあさん116才が亡くなったとの記事。。
人生って、限られていることは自明で意識していなくてもどこかで覚悟している。
うちの子はわかっているのだろうか?いっつもだらだらと、休みの日は座ったら動かない。

6人の母親と娘の話。父親の影はまったく薄い。
病気だけど気丈に家族を立て直そうとする母、亡くなった母、子を捨てた母3人
息子は母の顔を知らない。母は無くとも子は育つ。
父親はだめだめだったり、女に弱かったり。
父親がんばれ。それほど影響力無いのかなー

限られた限りある時間で、ばらばらな家族のパズルを、足らないピースを外から集めて完成させる。
一時期であれ、安定的に動き出すことができるのだろう。

作品はお母さんが娘のパンツとブラジャーを干すところから始まる。
前半は娘の下着という切り口で娘の成長を見せてくれる。
お父さんは気にすることができない世界。
この切り口、もうちょっと突っ込んでくれても良かったかな。

お母さんの「覚悟」、娘の「覚悟」
煙突、お風呂、そしてタイトル。
nekochan

nekochanの感想・評価

4.4
開始10分で号泣。
愛しかない。
愛が美しく描かれてて最後まで裏切りなくてほんと心があったまる。安心。
娘としても母目線でも泣ける。
アスミちゃんがどんどん大人になっていく過程が泣ける。
若いのにちゃんと受け止めてえらい。
登場人物全員人間臭くていいひと。
心があったまる。
あと美男美女揃えすぎで画がとってもきれい。宮沢りえきれいすぎる。
この人にしてもらったから、なんでもしたくなっちゃうんです
ほんとそれ。
松坂桃李最初なんやねんって思ったけどいい味出してた。なによりイケメン。
エヌ

エヌの感想・評価

3.5
泣いた!宮沢りえと杉咲花の演技力やばし!
このストーリーには、いなくてもいい人が全くいなくて、全員がいて成り立つ。みんながみんな、本当にいい味を出してる。

ただ、複雑な問題が多すぎて見てて辛かったし、個人的には共感とかはそんなにできなかったかなぁ…
あきら

あきらの感想・評価

4.0
オダギリさん
kohaku

kohakuの感想・評価

4.0
節々に泣ける映画

人を深く愛し周りを巻き込む力
その時は気づくことのできない
感情を観る側に見せている映画
自分には全く合わない映画でした。
母としても娘としても他人としても、これはちょっと見てられない…。
凄く重たい内容が入りすぎなぐらい入ってるのに、それ以上に、家族皆のそれぞれの愛情がじんわりくる映画だった
泣いたけどね。
7KO

7KOの感想・評価

4.1
大泣き
>|