湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

Ryoko

Ryokoの感想・評価

3.8
一人一人の境遇は決して明るいものではないけれど、でも辛い結末じゃなかった。
色々な伏線が敷かれていて、最後になるにつれて繋がってくる。
最後はちょっとびっくりしちゃったけど、でもまさにタイトル通り!
いま思い出しても涙が出る
は〜〜泣いた〜〜〜〜( ; ; )
お母ちゃん、優しくて、強い。愛情に溢れてる。いつでも愛を持って生きなさい、って、前職の上司に言われたなあ。愛を持てば、どんなに嫌な人でもその人の立場に立てる。愛を持っての厳しさは受け入れられる。愛を持って生きていくとガラッと変わるよ、って。まさにそんな感じ。全く関わりないタクミくんだって一瞬で虜にさせちゃうのも、愛があるからよな。
ほんとや。そーいえば、タイトル、湯を沸かすほどの熱い愛、だったな。おみごと!グツグツ沸いたわ〜〜
銭湯に行きたくなりますね。
会社員

会社員の感想・評価

4.0
夫に逃げられ一年余り、気の弱い娘と二人暮らしをする主人公。しっかり者で毎日朝から晩まで働きづめていたある日、突然倒れ、ガンで余命数ヵ月という宣告を受ける。
一念発起した母は、夫を連れ戻し家業の銭湯を再開すると共に、娘にイジメに立ち向かう勇気を持ってもらおうと決意する。残り少ない時間を意識した母の言葉には重みが増し、娘はイジメに立ち向かい、夫の連れ子も心を開いていく。
病は確実に体を蝕んでいく中、ある日母と娘二人は旅に出る。そこで思わぬ真実が明かされる…。

湯を沸かす程の熱い愛というタイトルは見事。2時間の映像に映されていない場面でも母の愛を感じさせる。それは母から娘に対してだけではない。あらゆる人々に波及していく。広く深く注がれた愛は、周囲の人々の心を「温かく」包み込んでいく。
ストーリー自体はストレートでありながら、細かな演出が積み重なり、演技力も相まって物語に深みを持たせている。波止場のシーンが印象的。
お母ちゃんってなんでこんなにも強く逞しく愛に溢れているんだろう。

最後はびっくりしたけど、母や家族の熱い愛に涙が止まらなかった…。
IkukoSaito

IkukoSaitoの感想・評価

4.5
終始泣いてた。
これは泣ける、泣くつもりなくても、、
母ちゃものは反則だわーーー
宮沢りえすご
今までで一番泣いた映画です!見終わった今でも涙がとまりませんっ!!
親の愛や家族の愛、おかあちゃんの素晴らしさがたっぷり詰まった映画です!

手話のシーンやばいなぁ。
学校辛くていきたくないよなぁ。おかあちゃんの心もきっと痛かったけど、未来を見据えての厳しい態度が泣けるぅ。。。

心に全てが響きまくってるので、ぜひみなさん見てください
わ

わの感想・評価

3.9
宮沢りえのお母ちゃんが最高に素晴らしかったのに加え、杉咲花ちゃんが良かった!
>|