湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

Ryoko

Ryokoの感想・評価

3.8
一人一人の境遇は決して明るいものではないけれど、でも辛い結末じゃなかった。
色々な伏線が敷かれていて、最後になるにつれて繋がってくる。
最後はちょっとびっくりしちゃったけど、でもまさにタイトル通り!
全体的に凄く面白かったですが、話を盛り込みすぎているのが残念でした。広げたせいで少し大味になった事が惜しまれます。
カットの繋がりも少し疑問。
宮沢りえ・杉咲花・伊東蒼の演技と演出で充分突き抜けられるとおもうのですが・・・。
杉咲花さんと伊東蒼さんの好演は今後の成長に期待が持てます。

おそらく温めていた原作だったのでは。
長編作品の3作品目位に作った方が構成も良く傑作映画に仕上がったと思う事が残念ですが、ストリーの断片的な描写は素晴らしく、今後の中野量太監督の作品に注目したいです。

・2016年 邦画 作品:第8位
ysukewada

ysukewadaの感想・評価

4.4
日本の強く、人一倍思いやりのあるお母さん。
その母の愛情を受けて育った娘、関わり、影響された人たち。
一つ一つのセリフや人間関係、その背景に散りばめられた一人一人の想いにとてつもなく感動した。終始泣きそうになる、本当にハートフルで良い映画。
登場する俳優全員に泣かされます。
くるみ

くるみの感想・評価

4.8
これぞ愛よ!!!
これは…
あかーーーん!!!
あかんヤツでした。

宮沢さんはともかく、子ども達の演技が〜うまいうまい!!!
オダジョーのクズさも素敵♪
湯気のように〜の張り紙が笑えた♪

ブラジャー会議、なんかいいね〜
あの下着は一生の宝だね。

そして、めっちゃしゃぶしゃぶ食いたくなる。

泣けるしちょいちょい笑えるし、良作でした☆☆☆

しっかしあのくっそばばぁぁぁぁーーーには腹が立った(-_-)


終わり方・・・
マジか・・・
タイトル通りだね・・・
寝る前に観てはいけなかった!

母になるってこういうことなんかな。
双葉だからこそかもしれないけど
タイトル通りの愛情で
家族のみならず周りの人とかかわっていく。

役者さんがどの人も素晴らしい演技力。
そしてセリフがない間の部分が心に響く映画だった。
R

Rの感想・評価

4.0
おいーーーー杉咲花さんーーーーー

あなたの演技には脱帽です

あなたの芝居で
この泣かせよう泣かせようとするストーリーに本当の感動の涙を流させられました。

鮎子役の子も素晴らしすぎ!

宮沢りえさんはもちろんなんだけど
オダギリジョーもいい。
松坂桃李もトラック運転手の人とのエピソード話してる時がめちゃ自然でいい。

最後とか映画っぽくていいよねえ
映画はやっぱ現実にできない美しいことをしてほしいから、この作品はまさにそんな感じ。
Kism

Kismの感想・評価

4.5
泣くやつとはしっとったのに、知っとったら泣くのが減るはずなのに、途中から勝手に涙が出てくるー
泣くのは見たくなかったけどやっぱり見てしまった。でもホント見て良かった
>|