湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:125分
    監督
    中野量太
    脚本
    中野量太
    キャスト
    宮沢りえ
    杉咲花
    篠原ゆき子
    駿河太郎
    伊東蒼
    松坂桃李
    オダギリジョー
    あらすじ
    死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

    「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

    一人一人の境遇は決して明るいものではないけれど、でも辛い結末じゃなかった。
    色々な伏線が敷かれていて、最後になるにつれて繋がってくる。
    最後はちょっとびっくりしちゃったけど、でもまさにタイトル通り!
    期待以上でした。
    伏線回収とかうまいなと思った。
    前半と後半で丁寧さが違う印象あったけど、まあ泣いた。
    凄い母だな。
    人は死んだら会えなくなります。

    帰ってきたお父さんがオダギリジョーなんズルい。
    宮沢りえと杉咲花の演技に目が腫れるくらい泣いたけど、毒もありで感情追いつかない感じ
    おかーちゃんの愛…

    甘やかすばかりが愛じゃないよね

    おかーちゃん、叱ってくれてありがとう。
    愛してくれてありがとう。
    ✳︎

    思ってたよりも泣きました😢
    今までの家族愛を描いたモノとは一線を画すくらいの映画だった。死にゆく母の強く儚い愛に心打たれた。
    途中まで散りばめた伏線を後半で回収していく。

    お母ちゃんを軸に、家族が結ばれていく、その描写が実に素敵だった。



    杉咲花とても良い。表情が素晴らしいと思う。
    宮沢りえの衰弱して行く様、ツラかった。死に顔は、一転して美しい。
    オダギリジョーは憎めないダメ男演じさせても凄い。松坂桃李の役は、オダギリジョーのダメ夫へのアンチテーゼでもあり、娘たちの真実への伏線でもあり、重要な役どころだったのかなと思う。それか案内人というか、それとも、ヒッチハイカーなのか。あ、ヒッチハイカーだったね。。

    予告編見た限りもうちょっとコメディタッチなのかと思ってたけど、違った。ラストも全然想像ついてなかった。むちゃだよ。ダメだよ。でも、、、
    母強い、お母ちゃんの愛が強い。

    わたしは手話のところがピークでした、「いつか役に立つから勉強しとけって母が」ってところ。あとアズミが笑顔を作ってお母ちゃんに向き合うところ。
    お母ちゃんが本当に本当に芯と愛のある人間でな。アズミとアユコも凄い良かった〜!あんまり病気絡みのものは観ないけれど観て良かった。
    そうだ、観てた。
    うつくしいひとは強くてもろくて情熱的で優しくあつい。
    テーマや設定が詰め込みされ過ぎていて、途中で集中が切れてしまう感がある。ただ、それが上手に回収され、大きなまとまりとなっていく物語は素晴らしい。またそれらのテーマにおいても、家族のあり方、人生のあり方、死への向き合い方、死に方など、社会で当たり前と思われていることに対する、これでも良いじゃないかという姿が描かれていて、観れてよかったと思う作品だった。
    >|