湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

natsu

natsuの感想・評価

3.8
期待しすぎた
marrrtha

marrrthaの感想・評価

3.6
愛と優しさと強さを兼ね備えているこんな母親になりたい。心が温かくなるような、でも見終わったあと締め付けられるような切なさもあり。複雑な心境になった。
あのラストはどういう意味なのか、、
とても泣ける映画
泣かせにかかってきてやがる!
泣きたい時にオススメ。
泣かないわけないやろこれって。

馬鹿野郎なくわ馬鹿野郎って

オダジョーがイケメンクソ野郎だからな。

人は死ぬから
大不幸の大フィクション!
脚本狂ってる!!!不幸のバーゲンセール!不幸のごった煮!!心がない!!!!
気付けば他の家族もイカれ野郎達やった!狂気の映画!
でも宮沢りえが良すぎた!泣き確!!!
moooooo

mooooooの感想・評価

3.9
控えめに言って超泣ける…
よくこんなに泣けるシチュエーションばっかり集めて繋ぎ合わせてお話作ったもんだなぁと思うくらい終始泣ける
泣けないとこないからちょうしんどい
杉咲花ちゃんはとにかく表情がいいですね
宮沢りえ演じるお母ちゃんの愛がいたる所で感じられる温かくて いや 熱くて 切ない映画でした
これがアガペー
しかしラスト これをどう見るか
いや これ どういう映画でした??
ただ泣けるだけではなく 掘ったら深い意味がありそうだな ってとこも多く よきです
Mai

Maiの感想・評価

4.4

#61

「あったかいね、お姉ちゃん」
「うん、あったかいね」

エンディングの二言にこめられたこの映画に溢れる愛。

ひとつひとつの言葉にこもった愛、優しさ。人間の愛がたくさん散りばめられてて時にはそれは鋭かったりぶつかり合ったりすれ違ったり包み込んだり。形は違えど愛でいっぱいだった。

俳優陣の演技にも脱帽するけどその中でも杉咲花ちゃんはずば抜けていた。

見事な伏線とその回収に涙が止まらない。
最高にあったかい気持ちになりました。
心にグッとくるぐっとくる
ぼろクソ泣いた〜〜
お母さんみたいな人になりたい
展開としてはありきたりな映画。
でも自然と涙が出てくる。家族愛をひしひしと感じる。宮沢りえさんの演技がとにかくすごい。
>|