湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

3.0
母の日に観るべき邦画ランキングというのがあるとしたら圧倒的に一番なのが本作なのかも知れない。

癌のステージ4というのは実は自分の亡くなった母親と同じ状況で、ついついかつての状況を思い起こしながら鑑賞したのであるが、人間というのは医者の見立てどおりには死なない不屈の生命力を持っているのにな~ということを思い出した。(本作では映画ですのできちんと死んでしまうのですが..)

色々な観方が出来る作品だなあというのが感想で、エンディングにも賛否両論があると思いました。

①結局このタイトルとエンディング(園子温的?)ありきのシナリオ上で局面局面で邦画ファンの琴線に触れる逸話の挿入で持っていく作品

②母親、いや血のつながりには意味がないので「母性」といったほうが正確か。現代では希薄になりつつある圧倒的な母性を描きたかった純粋な作品

自分としては①に近い感想を持ちました。琴線に触れる逸話がどうも釈然としなかった、てな感じでした。

泣かせようとしているのだから素直に泣いたらいいじゃん、のような人向けの作品。泣きたい人にはおススメです。(自分はなぜか醒めて観てしまいました...)
yoshiyuki

yoshiyukiの感想・評価

4.0
ずっと泣きっぱなしの二時間…。
宮沢りえはもちろん、娘二人にバックパッカー、カニ屋の店員、そしてオダギリジョーとすべてのキャストが素晴らしい。
序盤から小さな伏線がいくつもあり、見ている間に「あ〜そういうことか」と優しい気持ちや寂しい気持ちになれる。
まにょ

まにょの感想・評価

4.1
みんなを繋ぐ圧倒的包容力、母強し。でもちょっと切なく感じちゃった…多分自分がもうすぐ死ぬってなったら、うちも今よりずーっと穏やかで善人になれる気がする。気がするだけ。
Kaho

Kahoの感想・評価

5.0
人生で最も泣けて、温かくなる映画
りぱ

りぱの感想・評価

4.1
お母さん強すぎる…号泣しました。
piapiarom

piapiaromの感想・評価

4.5
母子の愛。泣けるし心温まる。良かった!
noname

nonameの感想・評価

4.3
絶対に泣いてしまうから、一人で見ようって決めてた映画。

最初から最後まで、しゃくりあげるほど泣いてしまった。
タイトルとキャスティング秀悦。

わたしも無敵な母親になるぞ。
chakiymd

chakiymdの感想・評価

3.7
母娘の学校行きたくないシーンのところすごくうるっときた。
うまく言えないけど観た方が良い映画。
オダジョーかっこ良い。見た目。
NES

NESの感想・評価

3.8
記録
>|