湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

3.0
母の日に観るべき邦画ランキングというのがあるとしたら圧倒的に一番なのが本作なのかも知れない。

癌のステージ4というのは実は自分の亡くなった母親と同じ状況で、ついついかつての状況を思い起こしながら鑑賞したのであるが、人間というのは医者の見立てどおりには死なない不屈の生命力を持っているのにな~ということを思い出した。(本作では映画ですのできちんと死んでしまうのですが..)

色々な観方が出来る作品だなあというのが感想で、エンディングにも賛否両論があると思いました。

①結局このタイトルとエンディング(園子温的?)ありきのシナリオ上で局面局面で邦画ファンの琴線に触れる逸話の挿入で持っていく作品

②母親、いや血のつながりには意味がないので「母性」といったほうが正確か。現代では希薄になりつつある圧倒的な母性を描きたかった純粋な作品

自分としては①に近い感想を持ちました。琴線に触れる逸話がどうも釈然としなかった、てな感じでした。

泣かせようとしているのだから素直に泣いたらいいじゃん、のような人向けの作品。泣きたい人にはおススメです。(自分はなぜか醒めて観てしまいました...)
泣かしにきよるわ、ホンマ。
たくさん泣いた

生きていけそう
ひよこ

ひよこの感想・評価

4.0
ひたすらに泣いてた。
心が温かくなる映画
家族という概念を考えさせるテーマ。血縁があることが家族なのか。
この映画は双葉という一人の女性がワケありでありながらも彼女の周りを取り巻く人々を良い意味で感染力のある熱い人間愛を通じて、皆それに呼応していく。その一連の流れが上手く描かれていて、無駄なシーンが一切無い。愛に溢れた映画です。
役者さんたちの演技は申し分無く、特に杉咲花さんには感銘を受けました。
furafura

furafuraの感想・評価

4.5
おかんも娘も、だめだめなおとんも、みんな愛おしい。
しづく

しづくの感想・評価

3.9
話いいけど、
すぐ泣くのはどうにかならんか
cana

canaの感想・評価

4.8
悲しいけど幸せになる
shuu

shuuの感想・評価

4.8
この映画観た後すぐに母親に連絡した
ひっさしぶりに映画で泣いた
>|