湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

3.0
母の日に観るべき邦画ランキングというのがあるとしたら圧倒的に一番なのが本作なのかも知れない。

癌のステージ4というのは実は自分の亡くなった母親と同じ状況で、ついついかつての状況を思い起こしながら鑑賞したのであるが、人間というのは医者の見立てどおりには死なない不屈の生命力を持っているのにな~ということを思い出した。(本作では映画ですのできちんと死んでしまうのですが..)

色々な観方が出来る作品だなあというのが感想で、エンディングにも賛否両論があると思いました。

①結局このタイトルとエンディング(園子温的?)ありきのシナリオ上で局面局面で邦画ファンの琴線に触れる逸話の挿入で持っていく作品

②母親、いや血のつながりには意味がないので「母性」といったほうが正確か。現代では希薄になりつつある圧倒的な母性を描きたかった純粋な作品

自分としては①に近い感想を持ちました。琴線に触れる逸話がどうも釈然としなかった、てな感じでした。

泣かせようとしているのだから素直に泣いたらいいじゃん、のような人向けの作品。泣きたい人にはおススメです。(自分はなぜか醒めて観てしまいました...)
ebimai

ebimaiの感想・評価

4.0
大号泣
majojuri

majojuriの感想・評価

4.5
実際の女性はここまで受け入れることができるだろうか。
多くの女性には難しいだろうと思う。
好きな人の好きな人を好きになりたかっただけ的な葛藤が生まれて感情的になりそうなのに、そこをきちんと受け入れていて、とても素敵でした。
sumino

suminoの感想・評価

4.5
きっかけはきのこ帝国が主題歌を歌っているからだった。
「邦画はつまらない」という声があるが、大きな予算で広告している作品の一部が、そう感じられているだけだ。
物語を追いながら、じんわりと沁みてくるような作品。
愛が奪われても、周りに愛を与え続けるその様に熱くなった。
ガリガリに痩せこけ、言葉を発しない演技をする宮沢りえに、怖い程つきつけられた。
yuka

yukaの感想・評価

4.0
やっと見れたけどこんなん泣く!
わたしもっと仕事頑張ろうと思ったし、患者さん退屈な時間多いだろうからもっと会いに行こうと思った…!😭
残りの時間の過ごし方なぁ

あとモカちゃんがいなくなってから一年くらい経つけどそのことも思い出して寂しくなった😭

本当に母は強い。
親が亡くなるとか全く想像できないなぁ
あと温泉行きたい。
YAMAsan

YAMAsanの感想・評価

-
途中から監督の過去作品を見返したくなった。
案の定、変態要素があった…
内容はいいんだけどちょいちょい生理的に受け付けないシーンもあってこの監督好きになれないや…セクハラ満載…?
saki

sakiの感想・評価

4.3



念願の、「湯を沸かすほどの熱い愛」
のぼせるほど熱かった
杉咲花がすごい


おかあちゃんの持たせてくれた牛乳は魔法の牛乳だった
おかあちゃん偉大すぎる


涙無しには見れない作品
aoi

aoiの感想・評価

3.3
開始3分で泣いた。その後もずっと泣いた。病気問題、イジメ問題、そして親子問題。そりゃ泣ける要素が渋滞してるわけだ。この映画観て泣くのは自然なことだし、つまり何が言いたいかって泣けることと良い映画かってことは別問題なんじゃないのかなぁ、ということ。松坂桃李のシーン丸ごと要らなかったようにも思うし、さっきも言ったように要素が多すぎて混雑気味な印象もある。松坂桃李を抱きしめたり、駿河太郎のネクタイを直すシーンには若干あざとさを感じて、この仕草必要?って思った。脚本・監督が男性ということもあり、男が思う理想の女性像なんでしょうね、、と少し距離を置いて観ていた。ともあれ杉咲花ちゃんは素晴らしかった。
ずっと泣く
>|