湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

クレイジーな映画だった

すべての伏線が見事に回収されていき、
ある種のカタルシスを感じる

素晴らしい脚本と

素晴らしい演者の、演技とは思えない演技を

ぜひ堪能してほしい


泣くために作られた作品ではない

笑う為の作品


笑って、生きる為の

「湯を湧かすほどの熱い愛」
asa

asaの感想・評価

3.9

色んな伏線を終盤見事に回収していき、
気持ちが良い。

最後のシーンのタイトルと繋がる感じ、これまでの涙々からストンと心にハマる感じが好きでした。

双葉は母親からの愛情を貰えなかったから、自身の考える愛情を周囲の人へ注いでいたのかな。
涙涙。
お風呂の湯のように周囲の人を惹きつけ、安らぎを与え、あたためてくれる女性。
すごーく魅力的で、強くて、でも完璧じゃないところがまた良い。オダギリジョーのダメ男だけどいい奴感もまた良し。
杉崎はなちゃんと妹役の子の演技もすごくて引き込まれる。
テレビ鑑賞。キャスティング凄い…
オダギリジョーカッコ良い
涙が止まらない
すべての役者が自然な姿で輝いています
日常の雰囲気がよい
ムダなシーンもありません
心に届きました
湯を沸かすほどの熱い愛
素晴らしい作品ですが
ひとつだけ引っかかるシーンがあります
不登校の娘が愛する母に
お母ちゃんわかってないよと
SOS発信してるのに
学校行かせる笑
現実じゃなく映画だからいいけど
ちあき

ちあきの感想・評価

4.0
久しぶりに大粒の涙ぽろっぽろ出た
キャスティング神作品
Ayaka

Ayakaの感想・評価

5.0
とても良い映画だった、こんなにも人の愛に触れること(気づけていたこと)最近無かったなぁ、と。出演者の演技が絶妙でした。自分自身が母になった時、こんな風に愛を持って、相手にぶつかれたら、と思います。
とっても好きな映画。 同い年とは思えない杉咲花ちゃんに圧倒される
愛り

愛りの感想・評価

5.0
泣かせにきてるような
わざとらしい演出はなく、
本当に心から涙が出た。
ぽたぽた止まらなくて、でも悲しい涙というより、浄化されるような涙。
悲しい物語なのに、
鑑賞後の虚無感は一切なくて、
ただ、生きている日々に感謝をしようと
身近な人たちを愛そうと、
前向きな気持ちになれた。
宮沢りえの演技はもちろん、
子供達もほかの脇役も
これといった特徴はないのに
強い強い存在感を放っていて
主役という概念が感じられなかった。
みんながみんな主役だった。
この人生は自分自身で作るものだと
そう言われているようだった。
>|