湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

クレイジーな映画だった

すべての伏線が見事に回収されていき、
ある種のカタルシスを感じる

素晴らしい脚本と

素晴らしい演者の、演技とは思えない演技を

ぜひ堪能してほしい


泣くために作られた作品ではない

笑う為の作品


笑って、生きる為の

「湯を湧かすほどの熱い愛」
my

myの感想・評価

3.0
記録
自分の中での特別な映画。気持ちが入りきってる。
Kei1205

Kei1205の感想・評価

4.5
家出中の旦那と学校でいじめを受ける娘を持つ双葉は病院で末期ガンを宣告される。余命僅かであることを知った彼女は家族のために動き出し…。中々機会がなかったが、やっと機内で鑑賞。少ない台詞で想いを浮かび上がらせ伏線を盛り込んだ情景を丁寧に積み重ねる、その中野監督のセンスと優しさの目線、そして「家族像」へのアプローチが非常に秀逸。2時間という尺にドラマ1クール分を凝縮したような濃厚さで、ありきたりな題材でありながら決してお涙頂戴的な類の枠には収まらない。本当に何回泣いたか、素晴らしい傑作!
もっとシンプルにできたらどうだろう。
Shika

Shikaの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

すげー良かった…きのこ帝国好きだけど個人的には主題歌のイメージが違った
いい映画だった、愛情たっぷりの
あったかい映画だった。
宮沢りえの力もでかいでしょうが
他の脇しっかりと固める家族役もそうだし
取り囲む方々みんな巻き込んでお母ちゃん
に尽くし尽くされていくのが凄い
パワフルでエネルギッシュだった。
銭湯の使い用もうまく、最後にあんな
ことされたら〜〜うわー
家族映画としても恋愛映画としても
とりあえず愛のつく要素がたっぷり
沸騰してあっつく作られてる作品なので
愛を喰らいたい人向け【ナニコレ】
2時間しかないのに各エピソードが
それぞれ濃厚で中盤少し疲れるくらい
いい意味でよ?
実家に帰りたくなった、いい意味でよ?
そんな映画。
fumiko

fumikoの感想・評価

4.2
これは、とても大きく暖かい愛を持った幸野双葉さんという人の物語です。母の愛は唯一無二で偉大だよな。血の繋がりなんて関係ない、って口では言えてもここまで体現できる人はいないよなあ。

衝撃のラストは賛否両論あるのは否めない。でも私は素敵だなと思った。中盤からほぼ泣きっぱなしだったので保冷剤で目を冷やしてきます。。
全員もれなく観るべき。
>|