湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

クレイジーな映画だった

すべての伏線が見事に回収されていき、
ある種のカタルシスを感じる

素晴らしい脚本と

素晴らしい演者の、演技とは思えない演技を

ぜひ堪能してほしい


泣くために作られた作品ではない

笑う為の作品


笑って、生きる為の

「湯を湧かすほどの熱い愛」
Honoka

Honokaの感想・評価

4.0
母親の強さと、子供に向けられる愛情に、胸をぐっと掴まれたようなそんな感じ。親だって1人の人間に過ぎないと気付かされた頃に見たから、1人の人間なりに親を全うしているのだなと、思わされた。強い人になりたいと心底感じた。
ひかる

ひかるの感想・評価

4.8
母は偉大。
とり

とりの感想・評価

3.0
可哀想がちょっと伝わりすぎて、あまり感情移入ができず…
でしたが、俳優の方々の演技は素晴らしいです!
ほぴの

ほぴのの感想・評価

4.9
今会いに行きますレベル
しむら

しむらの感想・評価

4.5
大切な人を大切にできるときにもっと大切にしないと
こんなに泣いた映画はない。最強母ちゃん。
Yu

Yuの感想・評価

4.5
泣ける
ヨウ

ヨウの感想・評価

4.0
余命宣告されたおかん双葉さんが、残された時間を家族再生のため奮起する熱い愛の物語。
男と女の愛でなく、家族愛の映画。
登場人物殆どが愛情に対して、トラブルを抱えていて、おかんの愛情で真っ向から向き合うことで話の節目毎に泣けるポイントがありました。
話が進むにつれて、おかんを中心に関わってきた人物が一つの家族のようになっていく変化球なし直球勝負の熱い物語かと思いきや、実は伏線が張られていて、そうだったんだ!と思う場面もある。でも最後の最後で魔球が飛んできて疑問符が浮かんだ笑
宮沢りえ演ずるおかんを強さ、美しさと儚さのみならず死にゆく過程で想像しうる人間らしさを描いていたことが良かったし、役者の演技が上手いと思った。

個人的に思うとこで、涙腺を強引に揺さぶりにくる構成、演出で実際泣けたんだけど、積み重ねた仕掛けが作用したわけでなく、その都度作り手によって泣かしにかかってきた印象が強い。
ラストとタイトルがリンクしてるんだけども見ようによって強烈すぎな場面なので、感動はしつつも疑問を抱きながら終わった。
aoi23

aoi23の感想・評価

4.8
私にはできるだろうか。そんな美しい死との向き合い方。震える。
>|