湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

クレイジーな映画だった

すべての伏線が見事に回収されていき、
ある種のカタルシスを感じる

素晴らしい脚本と

素晴らしい演者の、演技とは思えない演技を

ぜひ堪能してほしい


泣くために作られた作品ではない

笑う為の作品


笑って、生きる為の

「湯を湧かすほどの熱い愛」
rain

rainの感想・評価

-
ええけども、180分使ってもよかった()
よかったからこそ、シーンを増やせばいいってもんじゃないが、最後すこし急ぎ足だったように思われた、これぞ邦画()
消化不良…個々のストーリーはとりあえず解決した風になってぬるっと終わってしまう、日本的な取り繕いなのか()
いくつもサブストーリーを描いておきながらどれも出口なく途中で道が途絶えて最後ではい終わり!どうよ!?という…
母、彼女は子供を1人も生んでいないが、その英雄譚かな、それほどに彼女の愛は熱い、タイトルどおり。

このレビューはネタバレを含みます

湯を沸かすほどの熱い愛=主人公の遺骨で銭湯のお湯を沸かして赤い煙が出る。杉咲花ちゃんが泣きながら手話するシーンが好きだった。現実の宮沢りえさんは、これから幸せになってね。
わで

わでの感想・評価

3.7
もっとど直球にお涙ちょーだいでいいのに!
母つよし!
泣いた
toshi

toshiの感想・評価

4.5
昨年CSで録画して約1年が過ぎ、今作本日やっと鑑賞出来ました。
今作鑑賞にここまで時間を要したのは、あらすじだけでとても辛い作品だという事が分かったからです。そして今作鑑賞して・・・。想像以上に辛かったです。辛くて辛くて泣きっぱなしでした。

私の場合、作品自体のスコアというよりは宮沢りえさんの素晴らしい演技によりここまで辛くなってしまった事、そして杉咲さんはじめ子供達の演技も素晴らしかった事へのスコアとなります。
双葉母が辛すぎる・・・。こんなの二度と観たくないと思う位辛すぎました。とんでもなく立派な母なのに自分の母親は・・・。あんなシーンは観たくなかったです。
そして気丈な娘安澄。双葉母に育てられただけあって本来はしっかり者の姿を見せられたと思いましたが、本当はやっぱり気弱で優しい子なのかなと思いました。

とても辛い気持ちになった今作。ラストはとんでもないものとなっていてえっ?!と驚きましたが、日本を騒がせたあの作品に続き、またまたピラミッド(組体操)でも泣かされるとは思いませんでした。

【余談】
杉咲さん、口元とかやっぱりちょっとレッズのシャケに似てるなぁと、辛くて泣きながらも今作観ていてそう思いました。
KaiChun

KaiChunの感想・評価

4.5
「あの人の為ならなんでもしてあげようと思うんです。たぶん自分がそれ以上にしてもらってると思うから。」

そんな人間になりたい。

不幸な人たちが、それに負けずに頑張ってる。みたいな、ただの御涙頂戴の映画ではなく、

「愛」というもののカタチには人それぞれあって、その強さや深さ、熱さを感じる、素敵な作品。
おむ

おむの感想・評価

-
最後?え?
R

Rの感想・評価

-
my record
>|